IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社会人2年目の悩みと心得|社会人2年目の年収と上手な貯金方法

マネジメント

社会人2年目だと悩みは尽きないですよね。1年目が終わり、部下ができたらその指導や、上司へのお伺いなどどんどんやることは増えてきますよね。また、社会人2年目になり、年収は上がっていくのでしょうか?また、社会人2年目での結婚は早いのでしょうか?

更新日時:

社会人2年目の悩み

会社の人間関係について理解し始める時期

社会人2年目になると、様々な悩みが発生しますが、中でも人間関係について様々な悩みを抱えることがあります。もちろん、それは人によって変わってきますが、社会人1年目での人間関係と社会人2年目での人間関係は大きく変わっていることでしょう。社会人2年目に突入すると、少なくとも社員と交流をしているはずですし、それなりのポジションにも就いていることです。会社で重要なポジションについているのであれば、責任感という意味でも人間関係が大きく変動してしまうでしょう。 周りからの信頼をよくしようと思って、変に対応を変えてしまえば、悪い目で見られてしまいます。とはいえ、急に態度を変えるわけにもいかないので、個人に合わせた対応をすることになります。反ってそれが、ストレスになってしまう可能性もありますし、悩みの種になってしまうのは仕方のないことといえます。

仕事と自分の意向でミスマッチが発生することも

社会人2年目になれば、入社した会社の仕事を少なからず理解し始めることになるでしょう。理解し始めれば、社会人1年目で入社した時の理想とのギャップに気づいてしまうのです。ここで、あまりにも理想が違いすぎてしまうと、転職を考えるという人も増えてきます。確かに、自分の意向と会社の意向のミスマッチが発生してしまうと、仕事が継続できなくなるのは当然です。とは言え、社会人2年目で転職するとなると、専門職ではない限り簡単に転職できるというわけではありません。そういう、理想とのギャップと転職してやっていけるかという悩みが社会人2年目になると発生します。 ここで、問題を解決するためには、いかにその理想とのギャップを埋めていくかということが重要であり、自分自身が成長するしかないのです。このように、シフトチェンジができるのであれば問題はありません。問題なのは、理想とかけ離れているからと言って、すぐに転職をしようとする姿勢です。自分の意向と違ったとしても、一度自分が選んだ会社なので辛抱強く働くことも重要です。

社会人2年目の心得

1年次とは違う目標を立てる

社会人2年目として働いていく上で、様々な意識や心得を持っていないと自分を保つことができません。そのため、社会人1年目での目標と社会人2年目での目標を比べてみて、新たな目標を立てるということが重要になってきます。 社会人2年目になれば、後輩もできてきますし、ビジネスマンとしての責任をより感じるようになるでしょう。そういう後輩に、ダメな姿を極力見せないためにも、自分自身で成長し努力することが必要なのです。クヨクヨしていたり、仕事に対して前向きな姿勢を見せないまま、後輩を作ってしまうとその後輩も社会人2年目になったときに自分と同じようになってしまうのです。 そうなれば、それは上司後輩間の問題ではなく、会社にとっても不利益になってしまうので注意しなければなりません。社会人2年目としての意識を保ちたいと思っているなら、自分でも達成できないような目標を一度立ててみると良いでしょう。目標がたてば、その目標に向かって努力することができますし、前進することも可能です。

仕事に対しての意欲を保つ

社会人2年目では、周りとの差が開き始める時期ともいえます。有能な同僚は出世街道を渡っており、自分が取り残されてしまうということもあるのです。そういった状況に陥ってしまったときに、仕事に対しての意欲が欠けてしまうという人も存在します。その場限りなら良いですが、その感情がしばらく続くようであれば、仕事に対して向き合えなくなってしまいます。 そういう状況に陥った時こそ、自分自身を冷静に判断して、仕事に対しての意欲を保つように努力することが必要なのです。人によって変わってくるとは思いますが、仕事の意欲が欠けてしまった時点で、出世はないと思ったほうが良いでしょう。 出世する人は、どれだけ失敗しても、挫折したとしてもそれをバネにして努力しようとします。社会人2年目では特にそういう心理が表れ始める時期なので、少しでも継続して意欲を保つように努力してみると良いでしょう。

2年目の年収・上手な貯金方法

昇給し始める時期でもある

社会人2年目は、会社にとっても一つの分岐点といっても良いでしょう。年収に関しても、優秀な人材であれば昇給する可能性もありますし、周りとの差が開き始めます。年功序列制であれば、どの同僚も同じペースで昇給していきますが、現状そういった会社はほとんどなくなっています。成果主義をとっている会社になってくると、会社にどれだけ貢献しているかによって、もらえる給料も変わってくるのです。 一年次に250~300万円近くもらっていた人でも、努力次第では400万円にアップするということもあるのです。もちろん、人によって変動するというのは当たり前のことですが、社会人2年目であれば給料の変動にそこまで大きな差はないといっても良いでしょう。平均で約300~350万円とされており、±10万円の差が出るのは、社会人1年目でどれだけ努力してきたのかによるのです。

将来を考えて貯金するのが先決

社会人2年目になれば、社会人として少し慣れ始める時期でもあるでしょう。都会に出てきた人は、一人暮らしの兼ね合いもあって、何かと出費がかさんでしまいます。しかし、社会人2年目になれば落ち着いてきますし、将来について少しずつ考え始める時期でもあります。 月にまとまった給料が入ってくるのであれば、将来を考えて貯金をするというのも一つの方法でしょう。ましてや、結婚を考えているのであればなおさら貯金をしなければなりません。とは言え、がっつり貯金をするというのは難しいことなので、余った分の給料を少し貯金するというだけで良いでしょう。

2年目にして結婚は早い?

結婚を考える時期でもある

社会人2年目になれば、将来について前向きに考え始めるでしょう。ましてや、恋人がいれば同棲を考えていたり、前向きに結婚について考えているはずです。確かに、結婚を考える時期ではありますが、まだ結婚をするにしては早いといっても良いでしょう。と言うのも、やっと社会人として落ち着いてきたのに結婚をするとなると、それが負担になる可能性もあるからです。 結婚するとなると、お互いの収入や生活について考えなければなりませんし、それなりの収入がないとできません。また、都会で結婚するとなれば何かと支出が発生してしまいますし、簡単に結婚は考えられなくなります。貯金をし始めている時期に、結婚をするとなるとかなりリスキーなので、自分自身と見つめなおすことが重要です。

急いで結婚をする必要はない

結婚をする上で一番重要になってくるのか、収入面です。社会人2年目は、まだ収入で安定しているとは言えませんし、言わば駆け出しの時期と言っても良いでしょう。そういう時期に結婚したとしても、安定した夫婦生活は待っていなければ、共働きすることになります。結婚をする上で、単に一緒に生活したいからという安易な考えがあるのであれば、その時点で捨てたほうが良いです。 安定した夫婦生活をとるのであれば、お互いが成長して貯金して、収入面で落ち着いてからやっと結婚をするべきなのです。急いで結婚をしたとしても、すれ違いが発生してしまい離婚してしまう可能性もあります。そうならないためにも、お互いが社会人として立派になってから、結婚すべきだということです。

社会人2年目は頑張りどきです。

社会人2年目は実は頑張りどきです。部下が初めてできて、アウトプットをする機会が増えるので、歯を食いしばって頑張りましょう。

首都圏&関西圏の転職に強いマイナビエージェント

社会人2年目の悩みと心得|社会人2年目の年収と上手な貯金方法

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 首都圏&関西圏で求人数トップクラスのマイナビエージェントは、経験豊富な「キャリアアドバイザー」が親身になって転職相談に乗ってくれるので非常におすすめです。 無料で利用できるので、まずは登録してみましょう。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング