IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男性編】人事の好感度を上げる、就活の「髪型」3つ

服装・髪型

就活は数回の面接で採用者を決めます。一度だけ印象があまり良くなかった、それだけであなたの今後が決まるんです。人事担当者の選考の目はそれだけ厳しいのです。好印象を与える事が厳しい就活面接で生き残るための方法なのです。そこで今回は就活で好感度をUPする髪型をご紹介して行きます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

好感度UPする就活での3つの髪型(男別)

ここからは好感度をUPするための髪型のポイントを髪型のパーツ毎に具体的に説明していきます。後半部分では前半で説明した条件をクリアした好感度UPする髪型を3つ紹介して行きます。

好感度UPする髪型のセットのポイント

好感度UPするための目指すべき髪型はどんな物があるでしょうか。例を上げると、「清潔感のある爽やかな髪型」や「社会人としてビジネスの場に相応しい髪型」という物があります。ではこうした髪型とはどういったものが該当するのでしょう。髪型を整えるときのポイントはどのような物があるのでしょうか。そうしたポイントを髪のパーツ毎に挙げていきます。

色は黒色に染め直す

社会人としてビジネスの場に相応しい髪型というのは、相手に不快感を与えない物の事です。茶髪や金髪で面接に来られても人事担当者に驚かれるだけですし、面接会場で浮いてしまうだけですので、髪色は必ず黒色に染め直しましょう。

前髪は眉毛上、額が見える長さ

前髪が長すぎると暗い印象や不潔な印象を与えてしまいます。そのため好感度を上げるための長さは、長くても眉よりも上で額が見えるくらいの長さに切った方が良いでしょう。

もみあげは短く、側面は耳が見える長さ

側面は長いと耳が隠れてしまい、なんだか重たい雰囲気になってしまいます。もみあげも長すぎるのもあまり印象がよくありません。もみあげは短く切り、側面は耳が見えるくらいに切りましょう。ただしもみあげ部分を刈り上げたツーブロックヘアは、一見爽やかそうに見えますが、あまり印象は良くないでしょう。

襟足はワイシャツの襟に掛からない長さ

襟足の長さですがワイシャツに掛からないくらいに切りましょう。全体のバランスを見た時に襟足だけが長い髪型は襟足だけ目立ってしまいバランスが良くないので、全体的に見て襟足は短くしましょう。

整髪料は無香料でお選ぶ

整髪料を使うのでしたら、軽めの物を少量使いましょう。あまりたくさん使うとベタベタした感じになってしまうので少量に抑えましょう。臭いが強いのは良くないですので、無香料の物を選びましょう。

好感度UPの3つの髪型

ここからは先ほどのセットのポイントを踏まえた上で、好感度UPする髪型を3つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

さわやか就活ショート 今回は就職活動やビジネスシーンに最適なさわやかショートスタイルです。このスタイルのポイントは耳周りと襟足をしっかりと切り込むことですっきりとした印象に仕上げています。束感も出しやすいように質感調整をしてカジュアルさもプラスしています。

素髪で決まるナチュラルショート トップに自然な立ち上がりがつくようにカット。耳周りや襟足はスッキリとさせているので、好感度抜群です。

クールビズショート 就職活動している方、社会人の方に特に好評の髪型です! 絶妙なバランスで一歩先のオシャレでクールなビジネススタイル!

終わりに

いかがでしたか?今回は好感度UPする髪型にどうしたら近づけるのかをテーマで進めてきました。髪型の整え方次第で印象がここまで大きく変わるのが分かりましたね。今回ご紹介した髪型にしてもらえれば、面接で好感度UPできるのは間違いありませんね。今回は見た目のことを重視でお話ししてきましたが、あなた自身の中身も大事です。見た目の印象は選考する上での一つのポイントです。それも忘れずに面接対策もしっかりと準備していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング