IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

理想の上司像と特徴とは?就活や面接で聞かれる理想の上司の答え方

初回公開日:2017年02月24日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2017年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

仕事をする上で上司の存在は非常に大切です。理想の上司がいることによってあなたの仕事に対するモチベーションも変わってきますし、成長のスピードも大きく変わってきます。今回は、様々な視点から理想の上司ということについて書いていきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

理想の上司像とは?

理想の上司像とは?
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

会社や組織に属して仕事をしていく上で、上司と部下という関係はどこの誰にとっても欠かせない人間関係の一つです。あなたにも上司や部下がいると思いますが、上司側の立場の人は部下から見てどんな上司が理想か。 部下の人は一緒に仕事をしていく上で、どんな上司が理想か。また今のあなたは部下にとって、理想の上司になることができているのか。部下の人は今の職場に理想の上司がいるのか。考えながら読んで見てください。明日仕事に行く時からあなたの考え方が変わるかもしれません。

理想の上司の特徴

理想の上司はミスをしても責任を背負ってくれる

仕事をしていく上で、誰にでもミスをしてしまうことは必ずあります。部下がミスをしたときに部下のミスをかばい、責任を背負ってくれる上司は理想の上司です。上司からすれば、何でもないことであっても、まだ仕事に慣れていない若手の部下からすれば、仕事一つ一つにプレッシャーを感じていることもあります。 あなたが上司であるのであれば、部下のミスは多少目をつぶり、責任を背負うことによって部下から理想の上司として見られ、人間関係が作られていくのです。

理想の上司は気配り・目配り・心配りができる

すごい難しい仕事をしているわけでない。黙々と仕事をしているだけで、なぜか部下からの信頼が厚い上司がいます。そういった上司の人の行動をチェックしてみると、部下に対して気配り・目配り・心配りが出来ているのです。 部下は上司に対して、自分からなかなか話しかけづらいこともあります。理想の上司は、少しでも部下の異変に気付いたらすぐに声をかけ話を聞きます。仕事で悩んでいることはないのか。疲れていないか。 もちろん仕事の状況はどうか。など。自分の仕事でいっぱいいっぱいにならず、理想の上司は常に周りに目を凝らしています。

理想の上司は人によって態度を変えない

人間誰しもが好き嫌いが必ずあります。しかし理想の上司は、自分の好き嫌いを仕事の中には持ち込みません。本来は仕事に自分の好き嫌いを持ち込みべきではないのですが、多くの人が気付かぬうちに好き嫌いを持ち込み、人によって態度を変えてしまっています。 長年一緒に働いている上司通しや仲間には優しいが、部下や新入社員には冷たく厳しい人もいると思います。部下からすれば、なぜあの人が職場内であんなに信頼が厚いか分からない。ということもあります。 一人一人が成長することによって、会社や組織は大きくなっていきます。誰にでも同じ態度で接することが出来る上司こそ理想の上司です。

理想の上司は部下の悩みに親身になってくれる

上司によっては、部下は自分よりの下で指示さえ聞いてくれているといい。と思っている人もいます。部下からすれば、そんな上司は自分たちのことを全然考えてくれていないと思ってしまいます。 いくら仕事ができたとしても、部下との円滑な人間関係は構築されません。部下は部下なりに仕事のことを考え、悩みを持っています。部下の悩みを解決出来るのは、上司の存在だと思います。今は上司になっていても、上司の人にも部下の時代がありましたし、同じ仕事をしているのであれば、同じ悩みを持っているかもしれません。 上司の人がどうやってその悩みを乗り越えてきたか、自分が部下の頃のことを思い出しながら、理想の上司は部下と親身に寄り添います。

理想の上司は有言実行

口だけで偉そうに言っても、部下には何も響きません。理想の上司は有言実行が出来る人です。仕事の指示を出すのは、ほとんどの場合が上司です。指示を出す時にただ口で言うだけでなく、実際に行動を起こし、結果を出すことが大切です。 もちろん仕事は一人で出来るものではないので、的確な指示を出し、部下を動かし、そして上司である自分も動く姿を部下は見ています。有言実行が出来る人は、信頼が厚く、困った時に頼りになる存在です。

理想の上司は心に余裕がある

上司が仕事の文句や愚痴を言っていたり、仕事中ため息をついていたりすると、カッコ悪いです。上司の人がそのような態度を見せることによって、同じように部下も育っていきます。 すると会社や組織は、文句や愚痴で溢れかえり、どこにいても、ため息が漏れている職場になってしまいます。部下は上司を見て育ちます。心に余裕がないと人なんて育てることが出来るわけありません。 子育てにしても親に余裕がないと、子供に気持ちが伝わってしまいます。心に余裕を持ち仕事を行うことで、部下にとっても仕事のやりやすい環境になります。

理想の上司は褒めてくれる

人間褒められることは何にも変えがたい嬉しいことです。ましてや一緒に仕事をしている上司から褒められることは本当に嬉しいです。部下は上司からの言葉を期待しながら仕事をしています。優しい言葉をかけてほしいし、上司から褒められ部下の心に響くと成長につながります。 部下からしても、自分のことを気にかけてくれている。ということが分かり、仕事に対するモチベーションが上がります。どんな些細なことでも部下からすれば嬉しい事です。理想の上司は褒め上手です。

理想の上司は部下と積極的にコミュニケーションを取る

上司によっては、部下と全くコミュニケーションを取らない人もいます。部下の目線で考えると、恐い、何を考えているか分からない、話しかけづらい、2人だけの空間になってしまったら気まずい。などなど。コミュニケーションを全く取らないと様々なネガティブなことが発生してしまいます。コミュニケーションを積極的に取ることで、部下がどんな人間なのかを知ることができ、部下に合わせて接することが出来ます。仕事においても相手がどんな人なのかを知らないと仕事を任せることは出来ません。部下のことを知るためにも、積極的なコミュニケーションは大切です。

就活や面接で聞かれる理想の上司の答え方

就活や面接で聞かれる理想の上司の答え方
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

就活や面接の時に、「あなたの理想の上司はどんな人ですか」と質問をされることがよくあります。すらっと思いついたことを言ってしまう人もいますが、もちろん理想の上司について質問がくる可能性があるので、答えを事前に準備しておいた方がスムーズに的確に答えることが出来ます。下記にて、理想の上司の質問について。的確な解答例をまとめました。

なぜ理想の上司の質問をされるか

まず初めになぜ「あなたにとって理想の上司はどんな人ですか」と質問をされるのか。質問の意図は、職場をどういった目線で見ているかということです。新入社員は、全員がまず初めは何もない白紙の状態です。そこに仕事をしていく中で、それぞれの色が出ていきます。理想の上司がどんな人かを聞くことによって、職場内における新入社員の存在の考え方、またどのような理想の上司の元で成長していきたいのか。ということが見えてくるのです。もちろん働き始めることを考えると、どの上司と一緒に働けば、人間的に合うかなども考えての質問になっています。

回答例①リーダシップがある人

リーダシップがある人という回答は、非常に的確な回答です。やはり上司たるもの部下を引っ張っていくリーダーシップは必要不可欠です。就活や面接で理想の上司はリーダーシップがある人と答えることができれば、責任感のある上司にしっかりとついていくタイプで、仕事を任せることが出来ると考えていただくことが出来ます。

回答例②部下の気持ちを考えてくれる人

部下の気持ちを考えてくれる人と回答するのもいいです。優しい心を持った人で、仕事をしていく中で気配りができる人と考えていただくことが出来ます。最初は新入社員で、組織の中で一番下でも、仕事をしていく中で成長し部下のことも考えてあげることが出来る存在になります。

回答例③早くから仕事を任せてくれる人

早くから仕事を任せてくれる人と回答すると、仕事に対して熱心な印象を与えてもらうことが出来ます。会社としては、仕事に対して情熱が注げる人は非常に必要な人材です。どんどん結果を追い求めて、仕事をしていく姿を一人一人が見せていくことで組織が成長していきます。上司にとって、部下に仕事に情熱があり、どんどん仕事を任せてほしい。という人がいると非常に仕事がしやすくなります。また会社の成長といった部分でも、大きく貢献することが出来ます。

絶対にNGな回答例・自由に仕事をさせてくれる人

最後に絶対にNGな回答例を一つ出します。自由な仕事をさせてくれる人は、絶対にNGな回答です。上司からすれば、部下の仕事を見るということ、いわば部下の管理をすることも仕事の一つです。部下が何か失敗をすれば責任は上司にくることがほとんどです。なので上司からすれば部下を自由に仕事をさせるわけにはいきません。部下を自由に仕事をさせることによって、上司である自分の評価が下がってしまいます。自由に仕事をさせてくれる人というのは、「理想の上司はどんな人」の質問で、NGな回答なので気をつけてください。

もう悩まない「自己PR」を味方に

面接の際、どんなことを聞かれるのか自前にわからないのでどうしても緊張してしまいます。 ただ、少しでも緊張を和らげるために、自分に自信を持つために そして企業側に準備不足と思われないためにも 準備はきちんとしておくことが大切です。 今回は【自己PR】に役立つ資料をこちらに用意しました。 登録は無料!! 登録すると以下の情報が見放題!  ・【1000社超】の選考情報・通過ES  ・みんなのクチコミ(企業の選考情報の口コミ)  ・業界研究から面接対策までのノウハウデータ ライバルがまだ知らない情報をゲットして 不安を解消し、最強の自己PRを完成させましょう。

理想の上司一覧2017

理想の上司一覧2017
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

2017年2月6日に明治安田生命が、2017年春に就職を予定している新卒男女1109名を対象にアンケートを実施し、理想の上司一覧を発表したので男女別に結果をまとめました。

理想の上司一覧2017〜男性編〜

1 内村光良 2 タモリ 3 池上彰 4 原晋 5 所ジョージ 6 イチロー 7 関根勤 8 中居正広 9 城島茂 10 林修 11 明石家さんま 12 設楽統 13 松岡修造 14 長谷部誠 15 桝太一 16 博多華丸 17 安住紳一郎 18 DAIGO 19 博多大吉 20 羽鳥慎一 20 橋下徹

理想の上司一覧2017〜女性編〜

1 水卜麻美 2 天海祐希 3 吉田沙保里 4 石田ゆり子 5 有動由美子 6 澤穂希 7 ローラ 8 いとうあさこ 9 真矢みき 10 大江麻理子 11 篠原涼子 12 米倉涼子 13 関根麻里 14 北斗晶 15 北川景子 15 夏目三久 17 大久保佳代子 17 近藤春菜 17 荒川静香 17 滝川クリステル

理想の上司一覧から見る理想の上司の傾向

理想の上司一覧から見る理想の上司の傾向
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

上記の理想の上司一覧から見る理想の上司の傾向を下記にまとめました。

親しみやすい

男性の1が内村光良、女性の1が水卜麻美。上司といえば威厳があり、恐い存在というイメージがあったのは遠い昔です。今は上司でも親しみやすさが求められています。1の2人はテレビでよく見ますが、いつも笑っていて、楽しそうな表情が印象的です。先輩、後輩関係なく、信頼されていて、様々なジャンルの人たちと接している印象があります。

知的で落ち着いてる

男性の一覧を見ても、女性の一覧を見てもどちらもアナウンサーが何名かランクインしています。知的な印象のあるアナウンサーのような人が、自分の会社の上司にいれば、部下から頼りになる存在です。テレビのニュースを落ち着いて読んでいる姿も、部下から見て憧れる存在です。

優しい

人として優しさはかなり重要です。一覧に入っている人のほとんどがテレビで見せている姿で印象的なのは、笑顔です。笑顔からは優しさが連想され、人柄がにじみ出ます。仕事でいいことがあった時に笑顔になることはもちろんですが、しんどい時、辛い時、苦しい時にこそ笑顔になれる人が本当に強い人です。

カリスマ性がある

上司ということで頼りになる存在はもちろんですが、カリスマ性も求められます。みんなが困っている時に、的確なアドバイスを出し実行できる力を持っている人は、職場に必要な存在です。そのためには様々な経験をしていないとカリスマ性は出てきません。一覧に入っている人は芸能界はもちろんスポーツの世界で頂点を極めている人もいます。上司からカリスマ性が溢れていると、部下としては憧れの存在であり、背中を追いかけたくなる存在です。

番外編・理想の新入社員一覧

上記の調査の番外編として、理想の新入社員一覧もあったので、あわせて紹介します。

新入社員が選ぶ理想の新入社員一覧

〜男性編〜 1 大谷翔平 2 神木隆之介 3 福士蒼汰 〜女性編〜 1 土屋太鳳 2 新垣結衣 3 有村架純

上司が選ぶ理想の新入社員一覧

〜男性編〜 1 大谷翔平 2 白井健三 3 福士蒼汰 〜女性編〜 1 新垣結衣 2 土屋太鳳 3 石原さとみ

男性は新入社員が選んだ一覧でも、上司が選んだ一覧でも大谷翔平が1でした。今や世界中から注目が集まっている大谷翔平のような部下がいれば、上司としても誇らしくなれます。また女性の場合は、土屋太鳳、新垣結衣、有村架純、石原さとみといった今をときめく女優がランクインしました。やはり綺麗な女性がオフィスにいることで、仕事に対するモチベーションが上がることが間違いありません。

理想の上司まとめ

理想の上司に関しては、上記の記事を見ても分かると思いますが、何か一つだけ持っているだけではいけません。様々なことをそつなくこなし、部下に認められる必要があります。上司は長年同じ会社にいるかもしれませんが、部下や新入社員は会社に入ったばかりです。 まだまだ社会のことが分からないこともたくさんありますし、今まで育ってきた環境、見てきて景色が一人一人違います。上司の勝手な意見を押し付けても、全員が全員上手に育つわけではありません。上司という人間は、部下一人の人生にとって大きな影響を与えることが出来る存在です。 上司は部下を大切に、部下は上司しっかりとついていく。それぞれが理想の上司、理想の部下になれるように、仕事を頑張ってください。

関連タグ

アクセスランキング