IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【内定式】自己紹介・抱負の例文|会社の呼び方は御社でOK?

初回公開日:2017年02月10日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

内定後

内定式の自己紹介で失敗しないコツとは?また内定式はどのように臨むべきか、内定式でのNG事項も解説。自己紹介が苦手な人でも大丈夫。成功させるポイントや例文も紹介しています。パワーポイントを使った見やすい自己紹介の作り方も必見!これからのスキルアップに繋がります。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定式の自己紹介が一番大事!

新社会人として、初めての一大イベントが内定式です。ここで必ずあるのが自己紹介。大学生時代とは違い、大勢の前で自己紹介をしなければなりません。この自己紹介を失敗してしまうと、周りや上司からの印象がよくないまま入社してしまうことになります。 たかが自己紹介、されど自己紹介。 そうならないためにも、今回の記事でしっかりと事前準備しておきましょう!

内定式とは?

入社前の一大イベントともいえる内定式。自己紹介の例文を見ていく前に、内定式は何のためにするのか、そして何をするのかを押さえておきましょう。

内定式は10月1日が一般的!

内定式がいつなのかを知っておくと事前準備ができます。内定式の自己紹介は、当日アドリブでどうにかなるものではありません。心の準備や必要な書類の準備もすることが出来るので、知っておくと有利になります。 会社によって異なりますが、内定式は10月1日前後に行う会社が多いようです。この10月1日に合わせて内定式の準備をしておくことをオススメします。ただし、開始の時間などの詳細はしっかりと確認しておきましょう。

新入社員と会社の意志を通い合わせることが内定式の最大の目的!

内定者と会社がきちんと内定の約束を交わし、4月から共に働くことを意識させることが内定式の最大の目的です。 内定式の内容は会社によって異なりますが、一般的なものは ・内定授与式(内定通知書の授与) ・社長や人事部の挨拶 ・事業内容の説明 ・内定者懇親会(食事会) が挙げられます。 どの会社にも共通して行われる「内定授与式」が大切です。企業の採用意志と内定者の入社意志の最終確認の意味が内定式には込められているのです。

内定式の印象で今後が決まる!?

内定式は、上司や他の新入社員との初めての顔合わせの場でもあります。その時の言動はあなたの印象を決めるものだといっても過言ではありません。人の第一印象は深く付き合ってもなかなか覆るものではないのです。 社会人一発目としてのイベント・内定式での自己紹介は、今後のためにも万全の準備で臨むのがベストです。これから自己紹介をするときのポイントを紹介していきます。

明るい自己紹介で印象アップ!

自己紹介では、仲良くしたいと同期に思ってもらえるようにしたり、一緒に仕事がしたいと上司に思ってもらえるようにすることが重要です。そのためにも、明るくはきはきとした声で元気な姿を見せましょう。姿勢を正し、笑顔で挨拶ができれば好印象を持ってもらえること間違いなしです。

関連タグ

アクセスランキング