IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾書の封筒の書き方|表面/裏面・封筒の色とサイズ・注意点

内定後

内定承諾書を提出する際には、使用する封筒にも注意が必要です。どんな封筒で送るかによって印象は変わりますし、正しいマナーを守って郵送することが大切です。内定承諾書の封筒の正しい送り方を知って、好印象を与えてスムーズに就職していきましょう。

更新日時:

内定承諾書の封筒の表面の書き方は?

内定承諾書の封筒の表面の書き方は?

就活は企業から内定をもらうことが目的であり、内定をもらうことができればようやく一息つくことができます。しかし内定をもらったからといって、まだまだ油断は禁物であり、内定を言い渡されただけでは企業で働くことはできません。企業から内定と言われた状態はいわば口約束の状態であって、法的な拘束力などはありません。 そのため企業から取り消しを言い渡されれば就職の話はなかったことになりますし、一刻も早く内定を確実なものにする必要があります。企業から内定を言い渡されれば、内定承諾書を渡されることが多いです。これにサインをして企業に返送することで、正式に内定が決まったことになります。返送する際には封筒が必要ですので、内定承諾書の封筒の書き方を、まずは表面から知っていきましょう。

郵便番号

内定承諾書を封筒に入れれば封筒を記入しますが、封筒への記入事項がきちんと記されていないとマイナスの印象を与えてしまいますし、場合によっては企業に正しく届かない可能性もありますので注意しなければなりません。内定承諾書の封筒で気をつけるべきポイントはさまざまありますが、特に注意が必要なのが郵便番号です。 郵便番号を書き忘れてしまう人は多く、これを忘れていることで最悪の場合企業に届かない可能性があります。もちろん記載されている住所が正しければ郵便番号は必要ありませんが、それでも記入しておくのがマナーですので、忘れないようにしましょう。郵便番号を書く際は封筒の右上の部分に書くのが一般的です。封筒によっては赤枠が書かれている場合もありますが、ない場合は余白に郵便番号を記しましょう。

住所

住所

内定承諾書を入れた封筒を企業のもとへ正しく届けるためには、住所は必須です。住所を間違ってしまうと企業のもとへ正しく届けることができなくなってしまいますので注意しなければなりません。住所を記入する際に注意が必要なのが番地や号などです。1丁目1-1などと略すのではなく、1丁目1番地1号と書くのが正しい書き方になります。 ハイフンで略しても住所さえ正しければ企業のもとへ内定承諾書を届けることはできますが、封筒のマナーとしてはNGになりますので注意しましょう。就活に関係した書類は、基本的には略称はNGであり、すべて正式名称で書かなければなりません。住所を書き上げれば間違いがないか何度も確認してから郵送するようにしましょう。

会社名

内定承諾書を入れた封筒を企業に届けるためには、会社名も封筒に記入する必要があります。企業によっては一つのビルで複数の会社が入っている場合などもありますので、会社名を記入しておかなければ、正しく届けることができない場合もありますので注意しましょう。会社名を書く際には株式会社から略さず記入するのがマナーです。 (株)と略すのはNGですので、必ず正式名称で書くようにしましょう。間違えやすいポイントとしては、前株か後株かです。○○株式会社か株式会社○○なのかを間違えないように、必ず企業のホームページなどで確認しておくようにしましょう。会社名を間違えてしまうと、仮に届きいたとしても失礼ですし、マイナスの印象を与えてしまいますので注意しましょう。

宛名

宛名

内定承諾書を入れた封筒には、会社名だけではなく宛名も記さなければなりません。会社の中にはさまざまな部署がありますので、スムーズに配達してもらうためにも宛名は必須ですので、必ず記入しておきましょう。宛名については企業から指定があるはずですので、それに従って記入しますが、指定がない場合などはわかる範囲で構いませんので、詳細まで書いておくようにしましょう。 詳細まで記入しておくことで、素早く内定承諾書を確認してもらうことができますし、わかりやすく好印象が与えられる可能性もあります。人事部宛てとするのか、採用担当者個人宛てとするかによっても開封のスピードも違ってきますので、わかる範囲で詳細まで記入することを心がけましょう。

内容書類

内定承諾書を封筒で郵送する場合には、中身が何かをわかるように内容書類についてを封筒の表面に記載しておく必要があります。これは必須ではありませんが、内容書類が何かを記載しておくことで、素早く必要な場所に届けることができますし、企業でも丁寧に取り扱ってもらうことができます。 内容書類については四角く赤い枠線で囲い、その中に重要書類在中などと書いて目立たせるようにしましょう。赤以外の色で書くのは基本的にはNGですので、必ず赤で書くようにしましょう。また内容書類については内定承諾書在中と記入しても構いませんし、中身が重要なものであることさえ伝われば表記についてはそれほどこだわる必要はありません。重要な書類であることを示して、丁寧に取り扱ってもらえるように工夫しておきましょう。

内定承諾書の封筒の裏面の書き方は?

内定承諾書の封筒の裏面の書き方は?

内定承諾書を入れる封筒の表面を書き終えれば、次に裏面の書き方について知っていきましょう。内定承諾書を入れた封筒は表面だけではなく、裏面の記載も必要であり、裏面に何も書かれていなければマナー違反としてマイナスの印象を与えてしまいます。内定承諾書はただ企業のもとへ届けばいいのではなく、きちんとマナーを守った上で届けることが大切です。 せっかく企業のもとへ届けることができても、マイナスの印象が悪くなってしまっては意味がありませんし、それではスムーズに就職につなげることができません。裏面は書いていなくても、封筒の表面さえ正しく記入できていれば企業のもとへは届けることができますが、両面きちんと書くことがマナーですので、裏面についても正しい書き方を知っておきましょう。

自分の郵便番号

内定承諾書を入れた封筒の裏面には、自分の郵便番号を記入します。これも表面の企業の郵便番号と同じで忘れてしまいやすいポイントの一つですので、注意しましょう。郵便番号はなくても問題ない場合も多いですが、細部まできちんと記入していることが大切です。マナーに厳しい企業などの場合は、これだけでもマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますし、自分の郵便番号も忘れずに記入するようにしましょう。

住所

住所

封筒の裏面に自分の郵便番号を記入すれば、次に住所を記入しておきましょう。住所は書いておくこともマナーではありますが、もし封筒の宛先などが間違えていたときに、返送されるためにも必要です。間違いのないようにしっかりと確認してから内定承諾書は郵送することが大切ですが、それでもうっかり間違えてしまう場合もありますし、その際に封筒の裏面に住所が記載されていなければ、誰が送ったものかわからなくなってしまいます。 送ったつもりで企業に届いていなければ企業から連絡があることも多いですが、紛失した可能性があることでマイナスの印象を与えてしまいます。内定承諾書は大切な書類ですので、少しでもリスクを回避するためにも、自分の住所もしっかりと記入しておきましょう。

氏名

封筒の裏面には住所を記載すれば、自身の氏名も記入しておく必要があります。企業は封筒の裏面にある差出人の名前を見て、誰か判別してから開封しますし、名前を書いていないことで、開封されるのが後回しになってしまう可能性があります。また名前を名乗らないのは失礼にあたることですし、郵送の場合でも封筒に差出人の名前が記入されていないのはマナー違反です。 中身を見れば誰が送ってきたかはわかりますが、封筒の時点で誰からの郵便物なのかがわかるようにしておかなければなりません。企業では毎日たくさんの郵便物が届きますので、就活生からの郵送であることを示すために、氏名だけではなく大学名や学部、学科名なども記入しておくといいでしょう。

〆

自分の郵便番号や住所、氏名や大学名などを記入すれば封筒の裏面への記載は終わりだと考えている人も多いですが、厳密にはこれで終わりではありません。封筒をすべて記入し、内定承諾書を入れて封をすれば、封をした場所に「〆」と書き、封筒を封印する必要があります。「〆」は封字と呼ばれるもので、これを記入していることで封筒が封印されており、誰も開封していないということを表すことができます。 内定承諾書は重要な書類ですし、誰かに改変されることは許されませんので、必ず封筒は封印しておかなければなりません。きちんと封印していることで、重要書類が入っていることが伝わりますし、情報管理が徹底できていると好印象を与えらえる場合もあります。

内定承諾書に使用する封筒は?

内定承諾書に使用する封筒は?

内定承諾書を送る場合は、使用する封筒にも注意が必要です。色やサイズに気を配って使用する封筒を決めていきましょう。

使用する封筒の色は基本的には白色です。茶色でも問題はありませんが、より丁寧さが伝わるのは白ですので、白色の封筒を使用するようにしましょう。

サイズ

封筒のサイズはそれほどこだわる必要はありませんが、折らずに入るA4サイズがおすすめです。A4サイズであれば内定承諾書を折ることなく、そのまま入れることができますので、綺麗なまま企業に届けることができます。

内定承諾書の封筒の住所は縦書きか横書きか?

内定承諾書の封筒の住所は縦書きか横書きか?

内定承諾書の封筒を書く時に悩みやすいのが、封筒を縦書きにするのか、あるいは横書きにするのかです。封筒は縦書きが主流と考える人もいますが、横書きでももちろん問題はありませんし、横書きの封筒を使用している人もたくさんいます。内定承諾書に関係するマナーはたくさんありますし、封筒の縦書きか横書きかを間違えてしまうと、マイナスの印象を与えてしまうのではないかと心配する人も多いです。 内定承諾書の封筒の書式は縦書きでも横書きでもどちらでもいいわけではなく、どちらの書式を使用すべきかは決まっています。正しい書式で封筒を書き上げることが大切ですので、内定承諾書を入れた封筒は縦書きにすべきか、横書きにすべきかを知っておきましょう。

内定承諾書の書式に合わせる

内定承諾書を入れた封筒を縦書きにすべきか横書きにすべきかについては、内定承諾書の書式と合わせることが大切です。内定承諾書が縦書きであれば、封筒も縦書き、内定承諾書が横書きであれば封筒も横書きにするようにしましょう。封筒については、基本的には縦書きでも横書きでも問題はなく、表面と裏面で正しく記載できていることが大切です。 しかし細部まで気を遣うのであれば書式も合わせた方がいいですし、その方が見栄えが良くなります。細かい部分ですので、見られていないこともありますが、見ている人は細部まで見ていますし、書式を合わせておくことで好印象になる場合もあります。封筒は内定承諾書の書式に合わせて、縦書きか横書きかを決めるようにしましょう。

内定承諾書の封筒の宛名の書き方は?

内定承諾書の封筒の宛名の書き方は?

内定承諾書を企業に提出する際には封筒が必要になり、封筒にはさまざまな内容を記入しなければなりません。封筒の表面は特に重要であり、住所や宛名などを間違えてしまうと、企業に届かなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。また封筒の表面ではさらに気をつけなければならない部分があり、それが宛名の書き方です。 宛名の書き方は間違えているとマイナスの印象を与えてしまいますし、正しい書き方を知っておく必要があります。宛名の書き方を知り、内定承諾書を印象良く提出するようにしましょう。

御中

御中

封筒の宛名には敬称を記すのがマナーであり、どの敬称を用いるかは最終的な宛先によって違ってきます。封筒で使用する敬称としては、御中が挙げられますが、これは最終的な送り先がグループの場合に使用します。人事部や採用担当チームなど部署、あるいは複数人のグループなどに送る場合は御中を使用するようにしましょう。

封筒を使用する敬称としては、御中以外には様が挙げられます。様を使用するのが個人に宛てて送る場合です。人事部や採用担当チームなどに送るのではなく、採用担当者個人に送る場合は様を使用しますので間違えないようにしましょう。 企業に対して送る場合でも必ずしも御中を使用するわけではなく、最終的な宛先によって使用する敬称は違ってきます。グループの場合は御中、個人の場合は様と覚えておきましょう。

内定承諾書の封筒での郵送の際の注意点は?

内定承諾書の封筒での郵送の際の注意点は?

内定承諾書を封筒で郵送する際には郵送のサービスを使用しなければなりませんが、その際にもさまざまな注意点があります。それらが守れていないと企業に上手に内定承諾書を届けられない場合もありますし、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。郵送時の注意点を知っておくことで、よりスムーズに企業に内定承諾書を届けることができますし、連絡ミスなどが起きる心配もありません。 内定承諾書は重要な書類ですし、企業のもとに間違いなく届けなければなりません。少しのミスで印象が大きく変わってしまいますので、郵送時の注意点を知っておき、上手に企業に内定承諾書を届けていきましょう。

切手は足りているか

切手は足りているか

内定承諾書を郵送する際には、切手がきちんと貼れているかを確認しておかなければなりません。切手がなければ企業のもとへ郵送することはできませんし、ポストに投函しても自分のもとへと戻ってきてしまいます。切手は封筒の大きさによっても違いますし、重さによっても違ってきますので注意しなければなりません。 内定承諾書を送る場合は、他にも必要書類を同封することもありますし、しっかりと重さを測ってから必要分の切手を貼るようにしましょう。自分で切手を貼るのに自信がなければ、郵便局の窓口で郵送をお願いするのもおすすめです。窓口であれば、重さを測った上で切手を貼ってくれますし、その場で料金を支払えば切手を購入することもできますので、時間に余裕があれば窓口を利用しましょう。

内容書類は赤字で

内定承諾書を入れた封筒の表面には内容書類についての記載をしておく必要がありますが、これは必ず赤字で書いておかなければなりません。内容書類はとにかく目立たせることが大切ですので、他の文字を色をわけておく必要がありますし、同じ黒で書いてしまうと目立たなくなってしまいます。 また目立たせることが大切ではありますが、赤以外の色を使用するのはNGです。赤以外で書いたからといって、企業のもとに届かなくなるということはありませんが、マナーとしてはNGになりますので、マイナスの印象を与えてしまいます。赤字で大きく書けば必ず赤枠で囲ってさらに目立たせるようにしましょう。しっかりと書いておかなければ企業での開封が遅れてしまう可能性がありますので注意が必要です。

内定承諾書の封筒の書き方例は?

内定承諾書の封筒の書き方例は?

内定承諾書の封筒の書き方をおさらいすると、表面にはまずは住所、会社名や宛先、内容書類についての記載が必要です。住所は郵便番号から必要になりますし、間違いのないようにしっかりと確認しておく必要があります。 会社名についても間違いのないよう確認し、宛先については御中か様かを確認しておきましょう。内定書類は赤字で書き、枠線で囲って目立たせる必要があります。裏面では自分の住所と名前、大学名、〆が必要です。裏面も忘れずに記載して封筒を完成させましょう。

内定承諾書は封筒までこだわって書こう

内定承諾書は封筒までこだわって書こう

内定承諾書の封筒の書き方や封筒の色とサイズ、注意点などを紹介しましたが、内定承諾書を企業に返送する場合は、封筒にも気を配る必要があります。細部までしっかりとこだわり、マナーを守って好印象を与えていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング