IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾書の封筒の書き方|表面/裏面・封筒の色とサイズ・注意点

更新日:2020年08月28日

内定後

内定承諾書を提出する際には、使用する封筒にも注意が必要です。どんな封筒で送るかによって印象は変わりますし、正しいマナーを守って郵送することが大切です。内定承諾書の封筒の正しい送り方を知って、好印象を与えてスムーズに就職していきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定承諾書の封筒の表面の書き方は?

就活は企業から内定をもらうことが目的であり、内定をもらうことができればようやく一息つくことができます。しかし内定をもらったからといって、まだまだ油断は禁物であり、内定を言い渡されただけでは企業で働くことはできません。企業から内定と言われた状態はいわば口約束の状態であって、法的な拘束力などはありません。 そのため企業から取り消しを言い渡されれば就職の話はなかったことになりますし、一刻も早く内定を確実なものにする必要があります。企業から内定を言い渡されれば、内定承諾書を渡されることが多いです。これにサインをして企業に返送することで、正式に内定が決まったことになります。返送する際には封筒が必要ですので、内定承諾書の封筒の書き方を、まずは表面から知っていきましょう。

郵便番号

内定承諾書を封筒に入れれば封筒を記入しますが、封筒への記入事項がきちんと記されていないとマイナスの印象を与えてしまいますし、場合によっては企業に正しく届かない可能性もありますので注意しなければなりません。内定承諾書の封筒で気をつけるべきポイントはさまざまありますが、特に注意が必要なのが郵便番号です。 郵便番号を書き忘れてしまう人は多く、これを忘れていることで最悪の場合企業に届かない可能性があります。もちろん記載されている住所が正しければ郵便番号は必要ありませんが、それでも記入しておくのがマナーですので、忘れないようにしましょう。郵便番号を書く際は封筒の右上の部分に書くのが一般的です。封筒によっては赤枠が書かれている場合もありますが、ない場合は余白に郵便番号を記しましょう。

住所

内定承諾書を入れた封筒を企業のもとへ正しく届けるためには、住所は必須です。住所を間違ってしまうと企業のもとへ正しく届けることができなくなってしまいますので注意しなければなりません。住所を記入する際に注意が必要なのが番地や号などです。1丁目1-1などと略すのではなく、1丁目1番地1号と書くのが正しい書き方になります。 ハイフンで略しても住所さえ正しければ企業のもとへ内定承諾書を届けることはできますが、封筒のマナーとしてはNGになりますので注意しましょう。就活に関係した書類は、基本的には略称はNGであり、すべて正式名称で書かなければなりません。住所を書き上げれば間違いがないか何度も確認してから郵送するようにしましょう。

会社名

内定承諾書を入れた封筒を企業に届けるためには、会社名も封筒に記入する必要があります。企業によっては一つのビルで複数の会社が入っている場合などもありますので、会社名を記入しておかなければ、正しく届けることができない場合もありますので注意しましょう。会社名を書く際には株式会社から略さず記入するのがマナーです。 (株)と略すのはNGですので、必ず正式名称で書くようにしましょう。間違えやすいポイントとしては、前株か後株かです。○○株式会社か株式会社○○なのかを間違えないように、必ず企業のホームページなどで確認しておくようにしましょう。会社名を間違えてしまうと、仮に届きいたとしても失礼ですし、マイナスの印象を与えてしまいますので注意しましょう。

宛名

内定承諾書を入れた封筒には、会社名だけではなく宛名も記さなければなりません。会社の中にはさまざまな部署がありますので、スムーズに配達してもらうためにも宛名は必須ですので、必ず記入しておきましょう。宛名については企業から指定があるはずですので、それに従って記入しますが、指定がない場合などはわかる範囲で構いませんので、詳細まで書いておくようにしましょう。 詳細まで記入しておくことで、素早く内定承諾書を確認してもらうことができますし、わかりやすく好印象が与えられる可能性もあります。人事部宛てとするのか、採用担当者個人宛てとするかによっても開封のスピードも違ってきますので、わかる範囲で詳細まで記入することを心がけましょう。

内容書類

内定承諾書を封筒で郵送する場合には、中身が何かをわかるように内容書類についてを封筒の表面に記載しておく必要があります。これは必須ではありませんが、内容書類が何かを記載しておくことで、素早く必要な場所に届けることができますし、企業でも丁寧に取り扱ってもらうことができます。 内容書類については四角く赤い枠線で囲い、その中に重要書類在中などと書いて目立たせるようにしましょう。赤以外の色で書くのは基本的にはNGですので、必ず赤で書くようにしましょう。また内容書類については内定承諾書在中と記入しても構いませんし、中身が重要なものであることさえ伝われば表記についてはそれほどこだわる必要はありません。重要な書類であることを示して、丁寧に取り扱ってもらえるように工夫しておきましょう。

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング