IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾書の封筒の書き方|表面/裏面・封筒の色とサイズ・注意点

更新日:2020年08月28日

内定後

内定承諾書を提出する際には、使用する封筒にも注意が必要です。どんな封筒で送るかによって印象は変わりますし、正しいマナーを守って郵送することが大切です。内定承諾書の封筒の正しい送り方を知って、好印象を与えてスムーズに就職していきましょう。

封筒のサイズはそれほどこだわる必要はありませんが、折らずに入るA4サイズがです。A4サイズであれば内定承諾書を折ることなく、そのまま入れることができますので、綺麗なまま企業に届けることができます。

内定承諾書の封筒の住所は縦書きか横書きか?

内定承諾書の封筒を書く時に悩みやすいのが、封筒を縦書きにするのか、あるいは横書きにするのかです。封筒は縦書きが主流と考える人もいますが、横書きでももちろん問題はありませんし、横書きの封筒を使用している人もたくさんいます。内定承諾書に関係するマナーはたくさんありますし、封筒の縦書きか横書きかを間違えてしまうと、マイナスの印象を与えてしまうのではないかと心配する人も多いです。 内定承諾書の封筒の書式は縦書きでも横書きでもどちらでもいいわけではなく、どちらの書式を使用すべきかは決まっています。正しい書式で封筒を書き上げることが大切ですので、内定承諾書を入れた封筒は縦書きにすべきか、横書きにすべきかを知っておきましょう。

内定承諾書の書式に合わせる

内定承諾書を入れた封筒を縦書きにすべきか横書きにすべきかについては、内定承諾書の書式と合わせることが大切です。内定承諾書が縦書きであれば、封筒も縦書き、内定承諾書が横書きであれば封筒も横書きにするようにしましょう。封筒については、基本的には縦書きでも横書きでも問題はなく、表面と裏面で正しく記載できていることが大切です。 しかし細部まで気を遣うのであれば書式も合わせた方がいいですし、その方が見栄えが良くなります。細かい部分ですので、見られていないこともありますが、見ている人は細部まで見ていますし、書式を合わせておくことで好印象になる場合もあります。封筒は内定承諾書の書式に合わせて、縦書きか横書きかを決めるようにしましょう。

内定承諾書の封筒の宛名の書き方は?

内定承諾書を企業に提出する際には封筒が必要になり、封筒にはさまざまな内容を記入しなければなりません。封筒の表面は特に重要であり、住所や宛名などを間違えてしまうと、企業に届かなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。また封筒の表面ではさらに気をつけなければならない部分があり、それが宛名の書き方です。 宛名の書き方は間違えているとマイナスの印象を与えてしまいますし、正しい書き方を知っておく必要があります。宛名の書き方を知り、内定承諾書を印象良く提出するようにしましょう。

御中

封筒の宛名には敬称を記すのがマナーであり、どの敬称を用いるかは最終的な宛先によって違ってきます。封筒で使用する敬称としては、御中が挙げられますが、これは最終的な送り先がグループの場合に使用します。人事部や採用担当チームなど部署、あるいは複数人のグループなどに送る場合は御中を使用するようにしましょう。

封筒を使用する敬称としては、御中以外には様が挙げられます。様を使用するのが個人に宛てて送る場合です。人事部や採用担当チームなどに送るのではなく、採用担当者個人に送る場合は様を使用しますので間違えないようにしましょう。 企業に対して送る場合でも必ずしも御中を使用するわけではなく、最終的な宛先によって使用する敬称は違ってきます。グループの場合は御中、個人の場合は様と覚えておきましょう。

内定承諾書の封筒での郵送の際の注意点は?

内定承諾書を封筒で郵送する際には郵送のサービスを使用しなければなりませんが、その際にもさまざまな注意点があります。それらが守れていないと企業に上手に内定承諾書を届けられない場合もありますし、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。郵送時の注意点を知っておくことで、よりスムーズに企業に内定承諾書を届けることができますし、連絡ミスなどが起きる心配もありません。 内定承諾書は重要な書類ですし、企業のもとに間違いなく届けなければなりません。少しのミスで印象が大きく変わってしまいますので、郵送時の注意点を知っておき、上手に企業に内定承諾書を届けていきましょう。

切手は足りているか

内定承諾書を郵送する際には、切手がきちんと貼れているかを確認しておかなければなりません。切手がなければ企業のもとへ郵送することはできませんし、ポストに投函しても自分のもとへと戻ってきてしまいます。切手は封筒の大きさによっても違いますし、重さによっても違ってきますので注意しなければなりません。 内定承諾書を送る場合は、他にも必要書類を同封することもありますし、しっかりと重さを測ってから必要分の切手を貼るようにしましょう。自分で切手を貼るのに自信がなければ、郵便局の窓口で郵送をお願いするのもです。窓口であれば、重さを測った上で切手を貼ってくれますし、その場で料金を支払えば切手を購入することもできますので、時間に余裕があれば窓口を利用しましょう。

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング