IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「内定辞退」は怒られる?怒られたときの事例と対処法

内定後

内定辞退をするときに怒られることは、就職活動をするときに一番怖い事態です。それのために内定辞退を躊躇して、内定辞退をしない方も多いです。しかし、夢のためには内定辞退をする必要も必要になってきます。今回は、内定辞退で怒られるときの対処法などをご紹介します。

更新日時:

内定辞退で怒られることはあるのか?

場合によっては内定辞退をすれば、怒られることはあるでしょう。企業からすれば、多大な時間と人とお金を使った結論としてあなたに内定を出したため、やはり企業としてもかなり思うこともあるため、内定辞退を阻止しようとする企業もあります。しかし、中には内定辞退に対して寛容な企業もあり、企業と採用担当者によって様々です。

内定辞退は企業の人員計画にも影響する

内定辞退によって、企業の人員計画にも大きな影響をすることもあります。例えば、内定辞退者が企業の予想を上回る場合もあるため、その場合はあらたな採用計画を立てなければなりません。また、人事も内定辞退をしない学生かどうかを採用活動の際に見極めなければならないため、内定辞退者が続出した場合は、人事の採用担当者の責任を求められる場合もあるため、内定辞退者に対して、怒りを押し殺せない場合もあります。

内定辞退に内定者が怒られる理由

採用内定者が内定辞退をした場合に怒られる理由はいくつかあります。まず、1つ目に、企業として採用活動を行う上で多額のお金と時間を使ってあなたに内定を出しています。そのため、内定辞退をした場合は、これまでの採用活動をするためのコストがすべて無駄になってしまいます。そのため、内定者は採用担当者から怒られてしまう可能性があります。 2つ目は、内定承諾書などを提出したり、面接などでその企業が第一志望であると言ってしまう方も多いです。そのため、企業の採用担当側からしたら、裏切られたような形になってしまいます。これらの理由から、内定者が採用担当者の怒りを買う結果になってしまう場合もあります。

内定辞退の電話をした時に怒られてしまったときの対処法とは?

内定辞退の電話をした時に、先ほど説明した理由から、人事の採用担当者からすれば、怒りがこみ上げて怒られてしまう場合も多々あります。このとき、あなた自身にも思うことも非常に多いでしょう。そして、もう内定辞退をするため、その企業に対して関わることもないため、キレてしまったりする方も中にはいます。 しかし、一番やってはいけないことは、内定辞退をするときに人事の採用担当者に怒られて反論してしまうことです。これは、人事の採用担当者に対して火に油をさしてしまうことにもなります。では、どのようにすれば、穏便に内定辞退を済ませることができるのでしょうか。その対処法をご紹介いたします。

内定辞退の連絡で怒られるときは謝ることが先決

内定辞退の連絡で企業から怒らるときは、誠意をもって謝ることが大切になってきます。企業からすれば、内定辞退をされると様々な影響があるため怒られることは、仕方ありません。企業からすれば、内定者に対して様々な期待や希望をもってあなたを採用しています。 その時、あなたがすべきことは、内定辞退にたいして、誠心誠意謝罪を行うことが大切になってきます。その謝罪の中で罵声を浴びせられて怒られる場合も多々あります。しかし、その時も何を言われても謝罪をして、内定辞退の決意を通すことが大切になってきます。

内定辞退の理由は穏便な理由にする

内定辞退の連絡で、必ず聞かれるのは、内定辞退の理由についてです。この理由で怒られるときもあれば怒られないで済む場合もあるでしょう。内定辞退を穏便に進めていくうえでも、穏便な理由を考えておく必要があります。内定辞退の理由で絶対に使ってはいけないのは、他社から内定をもらったから等の理由は採用担当者からすれば火に油を注ぐ結果になってしまいます。 さらに、その内定先が、同業他社などであれば、罵倒などを浴びせられる場合も多々あります。このようなときは、穏便に事を進めるために、「大学院に進学することにした」や「公務員試験を受けることにした」や「実家の都合で地元に帰ることになった」などの正当な理由を話すことで、内定辞退の連絡を怒られることなく、穏便に内定辞退をすることができる可能性が高くなってきます。

内定辞退で怒られても撤回はしない意思を持つ必要がある

内定辞退の連絡をすると、罵声を浴びせられて怒られる場合も多々あります。採用担当者側からの威圧に対して委縮をして内定辞退を撤回する方も中にはいます。また、怒られるだけではなく、採用担当者からの泣き落としで内定辞退を撤回させるような方法を取る場合もあります。 例えば、「これ以上内定辞退が出たら自分の立場が危うい」や「人員計画に狂いが出て、企業の存続にかかわる」や「選考に落ちた方から泣いて電話が来た」などと、採用担当者から泣き落としを食らい、罪悪感を増幅させて、内定辞退を撤回させるような場合もあります。 これらの泣き落としや怒られる場合の対処法は、あなた自身が内定辞退を撤回しない強い意志を持っておく必要があります。企業もあなたの内定辞退を撤回させるためにあの手この手で手を回してくるため、それらに対しても絶対に挫けない、内定辞退の意思を持つ必要があります。

内定辞退で怒られる事例とは?

最後に内定辞退の連絡で採用担当者から怒られる事例についていくつかエピソードを通じてご紹介します。

内定辞退の連絡をして喫茶店に呼ばれたら

ある企業に内定を得た学生が、内定辞退の連絡を採用担当者にした場合に、「穏便に、一度喫茶店で話そう」といわれました。その学生も、一度話せば穏便に済ませることができると思い、それに応じて喫茶店で会うことにしました。喫茶店で合流すると、採用担当者から罵声を浴びせられて、最後に水をかけられて、採用担当者は帰っていきました。

本社で一時間正座をさせられ怒られる

ある学生が内定辞退の連絡をしたら、採用担当者は電話口で怒り心頭で怒られました。そして、その学生は採用担当者から本社に呼ばれました。学生は、行きたくはなかったのですが、採用担当者の怒りも納まらないため、その学生は本社に行くことになりました。本社に行くと、採用担当者と人事部長が座っていて、まずその学生に対して、採用担当者は「正座で座るように」と言いました。 そして、そのあと、「落ちた学生の気持ちを考えろ」や「君のためにいくらのお金と時間をかけたのか」や「今日呼び出したために仕事を中断しているどうするのだ」などと一時間近く罵声を浴びせられました。

泣き落としをされる場合もある

ある学生は、内定辞退の連絡をした後に、本社に呼び出されました。電話口でも採用担当者も非常に穏便で怒られることもなく、その学生も何か事務処理をするだけだと考えていました。そして、本社に行っても内定辞退の署名をして、終わるかのように見えました。ですが、採用担当者から「君が内定辞退をしたおかげで、僕は降格か左遷になるだろう。そうなれば、結婚して子供ができたばかりなのに単身赴任になる。だから、もう一度考えてほしい」と言われました。このような、泣き落としで内定辞退を止めるような方もいます。

内定辞退は「誠心誠意の謝罪」と「堅い意思を持つこと」が大切

内定辞退をする際に絶対にやってはいけないことは、怒られると思って内定辞退の連絡をせずにフェードアウトすることです。これは、あなた自身の信頼にも関わりますしあなたの大学に対する信頼を落とすことにもなりかねませんので、これだけはやってはいけません。内定辞退の連絡は、確かに勇気のいる事ですしせっかく内定を出していただいているのにそれを辞退することに対して罪悪感を抱く方も多いでしょう。 しかし、あなたにも職業を選ぶ権利は人権としてあり、内定辞退も列記とした権利の一つと言うことができます。そのため、内定辞退をすることに罪はありません。しかし、内定をもらうということは、その企業の採用担当者はあなたに期待をしています。そして、あなたの内定獲得の裏には多くの学生が涙していることを肝に銘じて、内定辞退の際には、謝罪の気持ちをもって行いましょう。 業種等が全く関係なくても、何かでその企業の担当者と仕事で出会う場合もないとも言い切れません。その時に軋轢を残さないためにも、円満な内定辞退を目指すことをお勧めします。

関連タグ

アクセスランキング