IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定面談での内容と質問例・お礼メールの書き方と例文

内定後

就職活動して、めでたく内定が決まったときに面談をする企業があります。内定してからの面談にはどのような意味があるのでしょうか。内定後の面談ではどのような話があるのか、内定面談の流れ、そしてその目的もご紹介したいと思います。

更新日時:

内定とは?

就職活動して、めでたく内定が決まったときに面談をする企業があります。内定してからの面談にはどのような意味があるのでしょうか。内定というのは、正式に採用される前のお互いの合意のことを意味します。内定通知をもらい、自分自身も会社にOKを出してから採用日までの期間を内定期間を言います。 正式な採用手続き前に労働契約が交わされていると見なされます。内定期間にその人に何か問題があった場合に、内定を取り消しにできる権利が雇用側にあります。在学中に問題を起こして、内定取り消しなったというニュースを見たことがあるかと思います。特に何も問題なければ、ほぼ就職が決まったと言っても良いでしょう。

内定面談の内容

企業によっては、内定後に面談をするところがあります。内定が決まった後に面談をするのはどうしてでしょうか。内定をもらって一安心している人からすると、殆ど就職も決まったも同然だと思っていたのに、面談をする必要があるのかと不安に感じる人が多いでしょう。 しかし内定面談でまた振るいにかけられる訳ではなく、ここで働く意思の再確認と不安を取り除く為に行われています。雇う側としては、内定者に企業の内情を見せて、安心して働いてもらいたいと考えています。 働く意思があるのなら、面談で話をよく聞いて、企業についての質問も準備しておくと良いでしょう。再度自己アピールもでき、自分も安心して働く為に面談を大いに活用しましょう。

内定面談の目的

企業側としては、内定通知を出している以上、自社で働いて欲しいという気持ちがあります。複数の会社に応募している場合に、内定が決まっていても、他の企業の内定通知が来たらその会社に行こうかと気持ちが揺らいでしまうことがあります。内定面談では、内定者が本当に働いてくれるかの意思確認と、内定者の不安を取り除く目的があります。特に身構える必要はないのですが、内定の段階で失礼な印象を与えないように注意しましょう。服装もスーツが無難です。もし企業側からカジュアルな服装でと言われていないのなら、スーツを着ていきましょう。 そして、働く意思と熱意を伝え、不安に思っていることは質問して解消していきましょう。

内定面談後の流れ

内定面談で意思を確認したら、後は実際に働く日を待つばかりです。入社日が決定し、その日に正式な入社手続きが行われるでしょう。その企業との労働契約書が交わされて初めて正式に社員となります。 1.内定通知が届く 2.内定承諾 3.内定面談 4.入社日決定 5.入社手続き 入社手続きのときに、労働条件などの説明もあると思いますが、ここで不安材料を発見しない為にも、内定面談のときに色々と質問しておいた方が良いでしょう。給与や転勤、勤務形態など採用条件と違う点があれば再度確認しておいた方が良いです。自分が後々に後悔しないように疑問に思ったことは聞いておきましょう。

内定面談での質問例

内定面談では、内定者から雇用側に質問ができます。最終面談でも質問することはできますが、給与のことなど詳しく聞くとマイナスのイメージを持たれやすいです。しかし、この内定面談では給与のことはもちろん、賞与や昇給、繁忙期のことも質問できるのです。 ・給与や昇給のこと ・有給休暇のこと ・繁忙期がいつなのか ・配属先の部署について ・社員の年齢層、人数など まだまだ気になることがあるのなら、内定面談のときに全てクリアーにしておきましょう。ここで不安を解消する為にも遠慮して質問しないことは勿体ないです。企業側としても安心して働いてもらうために行っているのですから、質問には丁寧に答えてくれるはずです。自分の不安がないようなら、働く意思を相手に伝えましょう。

気を付けること

ここで気を付けたいのは、内定の段階では正式に決まっている訳ではないということです。受かったような態度で、企業の戦略を探るような質問や、仕事内容の指摘などはしないように気を付けましょう。 ここで失礼な態度をとってしまうと、企業側には内定取り消しの権利があるので、内定がなかったことにされてしまう場合もあるのです。 また内定面談では、再度自己アピールができる良い機会であるとも心得てください。熱意が伝わるような質問をすれば、内定面談の時点で一目置かれることでしょう。 例えば「この仕事をするにあたって、今の自分に足りないものがあれば教えて下さい。」や「入社までに勉強しておいた方が良いことを教えてください。」などやる気が感じられる質問をすると好印象です。

お礼のメールの書き方と例文

内定が決まったら、お礼のメールを送りましょう。お礼のメールでも自己アピールができる良い機会なのです。もちろん内定をもらったことに対してお礼を述べましょう。そして、就職後の意気込みを書くと好印象です。 ■例文 件名:採用内定のお礼 本文:この度は、内定のご連絡をいただきまして誠にありがとうございます。感謝の気持ちを形にすべく、一日も早く貴社に貢献出来るように、一生懸命努力していきたいと思います。 至らない点もあるかと思いますが、今後ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 初めて働く場所では、どんな人間でも周りに迷惑をかけます。そのことを踏まえて、先輩から指導してもらえるように、そのことも内容に入れておきましょう。

書面

最近では、メールでお礼を伝える場合が多いですが、書面で送る人もいます。基本的には、メールでも書面でも気持ちが伝われば、どちらでもOKです。 内定が決まった職場の社風で書面で送ることをしてみても良いと思います。古風な雰囲気がある職場であれば、書面でお礼を伝えた方が好印象を持たれやすいでしょう。 しかし、早くお礼を伝えたい場合にはメールの方が良いです。早くお礼を伝えることで好印象を持つ企業もあるので、メールでお礼を伝えた方が無難でしょう。 書面で送る場合も早く送るのが鉄則です。ですが、焦って間違いだらけの文章を送らないように気を付けましょう。再度、誤字脱字がないか確認してから送りましょう。

感謝の気持ち

何においても感謝の気持ちが大切です。自分が会社に必要だと思ってくれたことは、とても光栄なことでしょう。その嬉しい気持ちと感謝の気持ちを包み隠さず伝えましょう。 人は感謝されると良いことをしたのだと思います。その人を採用して良かったと思ってくれるでしょう。 感謝の気持ちを表すために、就職後は一生懸命働きましょう。会社に貢献できるようになれば、やっと感謝の気持ちを形にできたことになります。 働いていくうちに忘れてしまいがちですが、内定が決まったときの喜びや感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。そうすることで会社に恩返しをするつもりで働くことができます。そんなあなたを採用して良かったと雇用者も思うことでしょう。

内定面談は辞退できる?

内定通知はもらったが、他の企業の内定ももらっており、断らなくてはいけない場合に、面談を辞退することはできるのでしょうか。 もし、内定自体を断るつもりでいるなら面談を断って問題ありません。内定通知が来たら断ることを電話でもメールでも伝えましょう。 面談に行ってから、内定を断ることもできますが、その場で引き止められる可能性もあります。断ることが苦手な人は面談に行かずに、電話かメールにて断った方が無難でしょう。

内定保留

内定の通知をもらったときに、内定を保留するという方法もあります。受諾するか断るかどちらかを選ぶなら受諾する方を選んでしまいがちですよね。 しかし、内定を受諾すると、企業側としては入社するのと同然と捉えます。もちろん内定受諾した後でも断ることは可能です。ですが、速やかに断りの連絡をしましょう。それが社会人としてのマナーです。 保留にする場合は、「家族と相談してから決めたいので少し待っていただけますでしょうか。」と担当者に伝えましょう。保留にする場合も長く待たせてはいけません。長くて2週間前後だと心得ましょう。 本当に働きたい企業なのかどうか検討したい場合は内定面談を受けても良いかもしれません。詳しく企業のことを聞くことで、働いてみたいという気持ちも芽生える可能性があります。 企業側からすれば、できるだけ辞退させないように努めるでしょう。話を聞いて、どうしても他の企業で働きたい意思があるのなら、丁重に断るようにしましょう。

内定ブルー

内定の通知が来たら、大抵の人は喜びますが、中には憂鬱になる人もいるようです。この状態を内定ブルーと言いようです、内定ブルーの状態で、内定面談を断ってしまうケースもあるようです。通常の精神状態だったら断ることはしないでしょう。とても勿体ないことをしてしまいます。 内定ブルーから解放されるには、他の人に話を聞いてもらうことが良いそうです。一人で溜め込んでしまうことが一番危険です。他の人に憂鬱な気持ちを話してしまいましょう。話すことで気が楽になり、内定ブルーが解消されます。 せっかくのチャンスを無駄にしない為にも、自分の精神状態とも上手く付き合っていきましょう。

後悔しない為に

内定面談では、不安解消と意思の再確認の為に行うと説明しました。この企業で働いて後悔しない為にも、不安なことは聞いておきましょう。 転職をしながら自分にある職業を探す方法もありますが、できれば最初の段階で自分に合っているかどうか判断しておきたいですよね。 その為にも内定面談を活用しましょう。給与や賞与のことだけでなく、仕事内容が自分に合っているのかどうかも重要です。いくら給与が良くても、自分に合っていない職種なら長く続けることが難しいでしょう。 自分にとって一番重要なポイントは何なのかも確認しておいた方が良いでしょう。その上で、内定面談のときに質問する内容を決めていけば良いと思います。 仕事をするということは、とても大変なことです。大変だからこそ後悔しない仕事選びが重要になってきます。内定面談のときは、一歩踏み込んが質問ができます。この機会を上手く利用しましょう。そして自分が納得できる会社を選びましょう。

関連タグ

アクセスランキング