IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定辞退を取り消したい場合の対処法・メールの書き方

内定後

内定辞退をしたものの、その内定辞退を取り消したいときはどうしたらいいの?なんて迷っている方も多いのではないでしょうか?今回は内定辞退取り消しの方法や、心構えなどをご紹介するとともに、電話やメールでの連絡方法についてご紹介していきたいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定辞退を取り消したい場合の対処法

内定辞退する際にも悩まれたこととは思いますが、何かしらの事情があって内定辞退を取り消したいと思われたことだと思います。ですが企業側からしてみれば、あなたを雇いたいと思い内定を出していただいたわけですので、一度内定辞退をしたことによって印象がよくなっているようなことは期待できませんよね?内定辞退の取り消しを受け入れてくれる可能性は低くなっていると考えましょう。 では実際にどのように内定辞退を取り消せばいいのかをご紹介していきます。

決めたらすぐに連絡をする

内定辞退したことによって、あなた以外の方を雇う準備を企業の方は始めていることだと思います。よほどの好評価で内定を頂いていた場合以外ですと、やはりイメージを悪くしてしまった以上、他の内定者を優先する企業は多いようです。 そのため、採用枠に空きがない場合は内定辞退の取り消しを認めてもらえないことが多くなります。ですので、内定辞退を取り消したい場合には決めたらすぐに行動に移すようにしましょう。

まずは誠意をみせましょう

最初にお伝えしましたが、企業側はもともとあなたを雇いたいと思っていたわけですが、あなた側の都合により内定辞退を申し出ていたわけです。内定取り消しの場合ですと、企業側の理由であったり、あなたの素行問題であったりと理由はわかれますが、内定を辞退ですと、あなた側の理由がほとんどになると思います。 ですので、企業側に問題があったわけでもなく、ご自信の都合により内定辞退をしているわけですので、企業としては印象は悪くなっているかもしれません。またあなたが内定を辞退したことによって、他の方を雇う準備をしていたことだと思います。ですので、まずは誠意をみせましょう。

覚悟をする

先ほどご紹介しましたが、内定辞退をしたことによってあなたの印象は企業からみたときに下がってしまっていることは多いと思います。ですので内定の取り消しができたとしても、企業からのあなたの評価は低くなっています。 そんな中での仕事はいろいろと覚悟がより必要になってきます。強い気持ちを持って“内定辞退取り消し”ということ決めましょう。 たとえば、 「あ、B社が魅力的だな。A社の内定辞退してB社にしよう」 ところが規則などいろいろ自分にとっては面倒な部分が多いと感じ 「やっぱりB社は内定辞退して、A社の内定辞退を取り消そう」 なんてその場の甘い考えなどで、内定取り消しを決めることはないようにしましょう。あなたが内定決まったことによって、その企業に入りたいと思っていた人が落ちてしまったのです。 内定辞退の取り消しができたとしても、覚悟をしていないと、周りの対応に我慢できずに入社してからすぐに辞めるという結果になってしまうかもしれません。ですので、厳しい環境に置かれることになる!その中でも認めてもらえるようにがんばろう!という覚悟が必要になります。

内定辞退の取り消し理由を正直に伝える

最初に内定辞退の取り消しは難しいということをお伝えしましたが、内定辞退と取り消すにあたってそれぞれさまざまな理由があったことかと思います。ですが一度内定辞退したことによって評価はすごく下がってしまっていると考えたほうがいいです。 そのため内定辞退の取り消し理由につきましては、正直に人事担当の方などに伝える必要があるといえます。正直に誠心誠意な姿勢を見せることによって企業側へ与えた悪いイメージを、少しは挽回できるかもしれません。

嘘はつかないようにする

内定辞退のときもそうだったと思います。怒られるのではないか・・・。など自分に不利な状況が起こることに対しての不安もあると思います。それを嘘でごまかそうと考える方も多いのではないでしょうか? ですが、相手方も人事担当の方ですと、今までに同じような人を何人も見てきている可能性も大いにあるのです。いくらあなたが寝ずに考えた巧妙な嘘だったとしても、どこかでつじつまが合わない、顔に出ている・・・などですぐにバレてしまうことは多いようです。嘘がばれてしまいますと、誠心誠意で謝っていたとしてもそれさえ嘘に思えてしまうかもしれません。 内定辞退のときもそうですが、内定辞退を取り消す際にも嘘はつかないようにしましょう。

内定辞退取り消し際の連絡方法

内定辞退取り消しは難しいということを最初にお伝えしましたが、そのうえで内定辞退取り消しをしたい場合どういった方法で連絡するのか・・・方法などご紹介していきたいと思います。 ※この時点で内定辞退の取り消しを受け付けれないという結果になってしまうことも多いですが、実際に人事担当者の方などとお話する機会を設けてもらうことができたら、それでもまた少しばかりですが、内定辞退の取り消しができる可能性があがるといえます。

まずは電話をしてみましょう

まずは決めたらすぐに電話をしましょう。次の採用者が決まってしまったあとでは遅いのです。もし一度かけても不在だった場合には時間を改めて電話をするとともに、そのあいだにメールなどを作成してもいいと思います。 電話で用件を話し、人事担当者様などと取り消しについての話しを直接できるように、会社に伺いたいということを伝えましょう。そして実際にお会いする日時を決めるようにしましょう。

メールをする

電話は不在が続き・・・そんな中いつまでも待っておけるほど時間に余裕はないと思います。ですのでその場合は電話は諦めてメールを送るようにしましょう。 まずは用件を述べます。この場合ですと、内定辞退の取り消しの件についてだという旨の文章を作成し、人事担当者様などと会える日時を作ってもらえるようにしましょう。

内定辞退取り消しの連絡内容

電話の場合

1.相手方が電話に出られた場合まずは自分の身分を明かしましょう。そのうえで人事担当者の方などに取り次いでもらえるようにお願いしましょう。 2.人事担当者の方が電話口に出てこられましたら 「お忙しいところ誠に申し訳ございません。今お時間大丈夫でしょうか?」 などと、対応する時間があるのか確認しましょう。 3.お時間を頂けたら まず最初に内定辞退について改めて謝罪し、取り消したいということを伝えましょう。 「直接お伺いしてお話することがマナーだとは思いますが、取り急ぎのご連絡をした」という旨を伝えることが大切です。そして後日直接会える時間を作って頂きたいということをお願いしましょう。 相手方にお時間がなかった場合 「お忙しいところ申し訳ありません。」と再度謝りをいれ、時間を改めるか、メールでのご連絡にするかを相手方の都合のいいほうで決めましょう。 4.「誠に勝手な申し出ですが・・・」などの謝りの言葉を伝えるとともに、貴重な時間を使ってもらったことへの謝罪と感謝の気持ちを述べましょう。

メールの場合

1.まずは自己紹介をします。 2.用件を最初に書きます。 (内定辞退したことに対し謝罪し、内定辞退取り消しについてのお願いをする) 3.そのうえで、本来ならば直接お伺いするべきところなのですが、取り急ぎのご連絡を・・・などとまず電話をして、不在だったのでメールにしたことを伝えましょう。 4.実際に人事担当者の方ともう一度会ってお話できるかを聞きます。 5.最後にもう一度謝罪しましょう

内定辞退翌日に取り消しの申し出はできる

先ほどからご紹介していたように、内定辞退という時点でまずあなたの企業側から見た評価は下がってしまったのです。その時点で内定辞退の取り消しが受け入れてもらえる可能性は格段に減ってしまっていると考えていいでしょう。 また企業側から見て内定辞退理由にもよりますが、あなたに対する評価が好評価だったとしても、一度は断られているわけですから(自社と他社を比べて他社を選んだ・・・等)会社のプライドとしても取り消しを受け入れない企業は多いようです。 あなたの内定辞退によって、企業側も他の人を雇う準備をする必要がありますので、採用者枠が埋まってしまってからでは、内定辞退の取り消しはほぼ無理だと考えていいでしょう。 そのため即日でも申し出をすることはできますし、取り消しを決めたらすぐに連絡をとることが大切です。

内定辞退取り消しを受けた際の企業側の心理

責任感の無い人だと思う

希望して自社を受けたにも関わらず、内定辞退をしたあげくに、やっぱり・・・なんてことになってしまいますと、企業側はあなたのことを責任感のない人だと思うことも多いようです。もしも内定辞退を取り消すことができて、無事入社できたとしても、あなたが一度内定辞退したことを知っている人からの信用を取り戻すには時間がかかると思っておきましょう。

内定辞退の理由次第では馬鹿にしていると思われる

内定辞退の理由として、給料面でのこと(お金)などをあげていた場合などですと、簡単にいえば、そのお金じゃ納得できない。ということですよね?そのような理由で辞退したけど、他の会社に内定をもらえなかったから内定辞退を取り消す・・・などですと、会社を馬鹿にされたと思う方も大勢いるようです。

内定辞退によって生じたリスクを思い出す

あなたが内定辞退したことによって、再度求人を出したり・・・などの作業が少なからず企業側にはあったわけです。ですのでその作業を思い出していい気分になるようなことはまずないといえます。

勇気をもって伝えよう!

内定辞退を取り消す決心をしたのであれば、本当に狭き道になることは覚悟したうえで、勇気を出して一刻も早くまずは連絡をいれましょう。ただでさえ取り消しを受け入れてもらえる可能性は低いのが現実です。採用者の枠がなくなってしまう前に連絡入れるようにしましょう。(内定辞退される方は少なくないので、企業もあの頭で内定を出しているところも多く存在しますので、内定辞退の連絡後すぐに他の内定者が決まるところも多く存在します) そして内定辞退するということは印象が悪くなってしまっているのは、あたりまえのことですので、真摯に受け止め謝罪する姿勢を大切にしましょう。もともと少ない可能性ではありますが、それをものにするにはそれなりの態度と覚悟・・・そして勇気が必要になるといえます。 就職は結婚という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?夢のためなどではなく、ただ単に自分勝手な理由で職を転々としていることに関して、世間の印象がいいものだとはいえません。ですので就職は自分の一生といえば大袈裟に聞こえるかもしれませんが、将来を決める大切なものになっていきます。後悔のないようにしていきたいですね。 狭き門のうえに、入社してからも辛いことが多くなってしまうかもしれませんが(人間関係的に)後悔のないように内定辞退の取り消しを決めたら、早く連絡して誠心誠意を見せるようにしましょう!

関連タグ

アクセスランキング