IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾書の封筒の書き方|表面/裏面・封筒の色とサイズ・注意点

更新日:2020年08月28日

内定後

内定承諾書を提出する際には、使用する封筒にも注意が必要です。どんな封筒で送るかによって印象は変わりますし、正しいマナーを守って郵送することが大切です。内定承諾書の封筒の正しい送り方を知って、好印象を与えてスムーズに就職していきましょう。

内定承諾書の封筒の裏面の書き方は?

内定承諾書を入れる封筒の表面を書き終えれば、次に裏面の書き方について知っていきましょう。内定承諾書を入れた封筒は表面だけではなく、裏面の記載も必要であり、裏面に何も書かれていなければマナー違反としてマイナスの印象を与えてしまいます。内定承諾書はただ企業のもとへ届けばいいのではなく、きちんとマナーを守った上で届けることが大切です。 せっかく企業のもとへ届けることができても、マイナスの印象が悪くなってしまっては意味がありませんし、それではスムーズに就職につなげることができません。裏面は書いていなくても、封筒の表面さえ正しく記入できていれば企業のもとへは届けることができますが、両面きちんと書くことがマナーですので、裏面についても正しい書き方を知っておきましょう。

自分の郵便番号

内定承諾書を入れた封筒の裏面には、自分の郵便番号を記入します。これも表面の企業の郵便番号と同じで忘れてしまいやすいポイントの一つですので、注意しましょう。郵便番号はなくても問題ない場合も多いですが、細部まできちんと記入していることが大切です。マナーに厳しい企業などの場合は、これだけでもマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますし、自分の郵便番号も忘れずに記入するようにしましょう。

住所

封筒の裏面に自分の郵便番号を記入すれば、次に住所を記入しておきましょう。住所は書いておくこともマナーではありますが、もし封筒の宛先などが間違えていたときに、返送されるためにも必要です。間違いのないようにしっかりと確認してから内定承諾書は郵送することが大切ですが、それでもうっかり間違えてしまう場合もありますし、その際に封筒の裏面に住所が記載されていなければ、誰が送ったものかわからなくなってしまいます。 送ったつもりで企業に届いていなければ企業から連絡があることも多いですが、紛失した可能性があることでマイナスの印象を与えてしまいます。内定承諾書は大切な書類ですので、少しでもリスクを回避するためにも、自分の住所もしっかりと記入しておきましょう。

氏名

封筒の裏面には住所を記載すれば、自身の氏名も記入しておく必要があります。企業は封筒の裏面にある差出人の名前を見て、誰か判別してから開封しますし、名前を書いていないことで、開封されるのが後回しになってしまう可能性があります。また名前を名乗らないのは失礼にあたることですし、郵送の場合でも封筒に差出人の名前が記入されていないのはマナー違反です。 中身を見れば誰が送ってきたかはわかりますが、封筒の時点で誰からの郵便物なのかがわかるようにしておかなければなりません。企業では毎日たくさんの郵便物が届きますので、就活生からの郵送であることを示すために、氏名だけではなく大学名や学部、学科名なども記入しておくといいでしょう。

自分の郵便番号や住所、氏名や大学名などを記入すれば封筒の裏面への記載は終わりだと考えている人も多いですが、厳密にはこれで終わりではありません。封筒をすべて記入し、内定承諾書を入れて封をすれば、封をした場所に「〆」と書き、封筒を封印する必要があります。「〆」は封字と呼ばれるもので、これを記入していることで封筒が封印されており、誰も開封していないということを表すことができます。 内定承諾書は重要な書類ですし、誰かに改変されることは許されませんので、必ず封筒は封印しておかなければなりません。きちんと封印していることで、重要書類が入っていることが伝わりますし、情報管理が徹底できていると好印象を与えらえる場合もあります。

内定承諾書に使用する封筒は?

内定承諾書を送る場合は、使用する封筒にも注意が必要です。色やサイズに気を配って使用する封筒を決めていきましょう。

使用する封筒の色は基本的には白色です。茶色でも問題はありませんが、より丁寧さが伝わるのは白ですので、白色の封筒を使用するようにしましょう。

サイズ

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング