IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェント経由の内定辞退方法|内定辞退の理由例・メール例文

内定後

転職の際の心強い味方が転職エージェントです。しかし、何かの理由で内定辞退をすることもあります。ここでは転職エージェント経由での転職活動を進めた場合に辞退する際の理由例や内定辞退をするにはどうしたらよいか、メールで内定の辞退を伝える場合の例文などをご紹介します。

更新日時:

転職エージェントサービスと内定辞退

転職をするのが初めてである場合や、久しぶりに行う転職活動の場合、あるいは業種や職種を変えての転職活動の場合に心強いのが転職エージェントなどのサービスです。しかし、転職活動中に何らかの理由で辞退をしなければならない場合も出てきます。その場合には間で仲介をしてくれた転職エージェントの担当者に辞退の意思を伝えることが必要になります。 転職サービスを利用しての転職活動は、サービスの申し込み、面談、書類選考や応募の対策、紹介、面接、内定、入社という流れで進みますが、今回は転職先への就職が内定してした場合の辞退の方法についてご説明します。

転職エージェント経由の場合の内定辞退方法

内定の辞退方法はメールまたは電話で行います。打合せなどの当日に辞退をするなど、急な予定の変更の場合には、電話で直接辞退をする方が確実でしょう。アポイントを取って直接会っての辞退をする必要はありません。

転職エージェントへの内定辞退の理由例

内定辞退の理由としては、転職先の企業が自分の希望と条件が違う場合、他の企業に就職を希望する場合などがあります。また、異業種や違う職種への転職活動をしていた場合には、自分の適性や希望がより合っている企業へ就職することもあり、その場合には適正が理由になります。 自分の市場価値を知りたいなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。一人での就活に限界を感じたら、転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょう。

内定辞退を伝える時に気をつけること

転職エージェントを経由して内定辞退を頂いたにも関わらず辞退をする場合には「内定辞退を伝える時に気をつけること」「できるだけ早く伝えること」「相手への感謝を忘れないこと」という3つのことに注意しなければなりません。また、辞退の連絡の際には応募先の企業に対して直接の連絡をしないようにすることが大切です。

内定辞退する理由を正直に伝えること

転職の内定辞退をする場合にはその理由を正直に伝えることが大切です。「理由を伝えずに内定辞退の意思だけを伝えればいい」という意見も見かけますが、親身になってサポートしてくれた担当者の側としても、理由は知りたいものです。また、単に条件が合わない場合であれば、どの部分の条件が合わなかったのかを正しく伝えることで、更に自分にあった案件に出会える可能性も出てくるのです。

できるだけ早く伝えること

内定を辞退する際にはできるだけ早く伝えることが重要です。これには二つの理由があります。一つは転職エージェントに迷惑をかけないため、二つ目は訪問先の企業に迷惑をかけないためです。 転職エージェントは応募先の企業の依頼 で 仕事として人材を紹介しています。 また、応募先の企業は人手やお金、時間のコストをかけて会社の業績をアップさせるための人材の採用活動をしています。 内定を辞退するということはそういった活動が無になってしまうということですので、なるべく早く辞退する意思を伝えなくてはなりません。

相手への感謝を忘れないこと

内定辞退の意思を転職エージェントの担当者に伝える場合には、転職する意思と共に、それまで活動をサポートしてくれたことに対する感謝の言葉を忘れてはなりません。もし、再び転職活動でお世話になる場合に気持ち良く仕事をしてもらうためにも感謝の言葉を電話やメールでの報告の際に付けくわえるようにしましょう。

応募先への直接の連絡は厳禁

転職エージェントの紹介で内定をもらった企業への辞退の意思表示は転職エージェントの担当者を通して伝えるようにしましょう。転職エージェントはあなたの代理人として企業と交渉してくれているのですから、あなたが直接連絡を取ってしまうと、企業側と転職エージェントの間の関係がこじれてしまうばかりでなく、話がこじれてしまう可能性もあります。 例えばあなたの辞退理由が他の会社の内定待ちであった場合でもうまく理由を隠して交渉してくれることもあります。もし、相手先の企業の反応が気になる場合には、後日転職エージェントの担当者に応募先の企業の反応などを聞いてみるのも良いでしょう。

メールで内定の辞退を伝える例文

内定の辞退をメールで伝える場合には積極的に理由を述べる場合と特に理由を述べない場合があります。内定辞退の理由は積極的に話さなくてもかまいませんが、もし内定辞退の理由を転職エージェントの担当者から聞かれた場合には、正直に答えるようにしましょう。 転職エーエージェント側にも今後の他の応募者の転職サポートを行う際の参考になりますし、再び転職へのサポートをお願いする際にも応募先の選考の役に立つ可能性があるからです。

条件面の相違が内定辞退の原因の場合

件名  内定辞退のお詫び 本文 ○○エージェント株式会社 ○○様 いつもお世話になっております。 ○○です。 先日○○株式会社からのご紹介頂きました件ですが、 大変申し訳ありませんが、今回は内定を辞退したく ご連絡を致しました。 辞退する理由ですが、面接の時に申し上げた○○の条件面で 希望に合わないことです。 私の転職活動を○○様にサポートを頂き大変感謝しており、 その中で今回の内定を辞退するのは大変申し訳なく思っております。 お手数をおかけ致しますが、○○株式会社のご担当者様に辞退の旨 ご連絡をお願い致します。 ○○ ○○(自分の名前)

他社への就職が内定辞退の原因の場合

件名  内定辞退のお詫び 本文 ○○エージェント株式会社 ○○様 いつもお世話になっております。 ○○です。 先日○○株式会社からのご紹介頂きました件ですが、 大変申し訳ありませんが、今回は内定を辞退したく ご連絡を致しました。 辞退する理由ですが、○○株式会社への応募を同時に進めており、 そちらの企業が第一志望であったため、就職を決意致しました。 条件面では問題がありませんでしたが、仕事の内容で魅かれるものが あり、それが決定の要因です。 私の転職活動を○○様にサポートを頂き大変感謝しており、 その中で今回の内定を辞退するのは大変申し訳なく思っております。 お手数をおかけ致しますが、○○株式会社のご担当者様に辞退の旨 ご連絡をお願い致します。 ○○ ○○(自分の名前)

ルール違反になる辞退方法とは

転職エージェントを利用しての転職活動で好ましくない辞退とは入社確定後に辞退を行うことです。入社への日取りが近づく程、応募先の企業への負担が大きくなります。また、あっせんを行った転職エージェントにも同様に迷惑がかかります。 転職先の企業と転職エージェントとの関係が悪くなり、その後の取引に影響を与えることにもなりかねません。また、入社当日に連絡も入れずに辞退をすることは絶対にやめましょう。

相手を気遣った行動をすることが大切

転職エージェントを経由しての内定辞退の方法について解説してきましたが、お分かり頂けたでしょうか。 転職活動をする際に大きな力になってくれるのが転職エージェントです。転職へのアドバイスから面接の段取り、相手企業との交渉など、転職が初めてであったり、久しぶりであったり、経験のない業種や職種への転職の場合にはなおさら心強い存在です。 しかし、条件の違いやいくつかの志望先を決め転職活動をしていた場合には内定が出たあとに辞退をすることもあるでしょう。理由を問わず内定辞退をする上で大切なことは、転職エージェントの担当者や企業の採用担当者など、関わってくれた相手に迷惑をかけることを考えて誠意をもって臨むことです。 もし、理由や説明もなく何度も内定辞退を繰り返していると、転職エージェント側もクライアントである企業との関係が悪くなってしまう可能性があります。そうなってしまうと、転職へのサポートも慎重になってしまうかもしれません。 何かの理由でやむを得なく内定を辞退する場合には、正直に誠意をもって理由を伝えることができれば、もし、再度転職活動のサポートを依頼する場合でも転職エージェントの側も全力でサポートしてくれるでしょう。仕事の現場では悪いこと程早めの報告・連絡・相談が必要と言われることがよくあります。 転職活動は、ある意味仕事への前準備とも絵います。転職エージェントへ内定を辞退する場合でも、早めの連絡をすることが社会人として大切です。トラブルなくスムーズに転職活動を進めて新たな人生のスタートを飾りましょう 。 今回内定を辞退してしまっても、また仕事を探す際には、転職エージェントに相談してみましょう。あなたの代わりに希望する条件の仕事を探し、紹介してくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング