IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定辞退の理由例|家庭の事情/給与/病気/他社/介護・伝え方

更新日:2020年06月05日

内定後

内定辞退の壁、就職活動の最中に直面します。どんな伝え方をするのが適切なのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、内定辞退の理由例や伝える際の注意点を紹介しています。礼儀正しく、しっかりと辞退の意思を伝えたい方は、ぜひご覧ください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定を辞退する理由って?

厳しい就職活動を乗り切った末に手に入れた内定でも、理由があって辞退しなくてはいけないこともあるでしょう。 学生のアルバイトであれば、適当な理由をつけて休んだり辞めたりしても「最近の若い人は無責任だな」と思われるだけで済みますが、就職したらそうはいきません。仕事を断るということは、下手をしたら二度と仕事がもらえなくなる可能性を孕んでいるからです。 内定を辞退する場合も、社会人としての対応が求められます。相手からの打診を円滑に断ることができるのも、立派なコミュニケーション能力の一つであり、そのためには、きちんと理由を述べつつ角が立たないよう言葉を選ばなければなりません。 内定辞退に踏み切る際には、他企業を選択する場合や家庭の事情など、さまざまな理由があるでしょう。そこで今回は、適切な内定辞退の理由例について紹介します。

家庭の事情による内定辞退

就職活動を始める段階で家族とよく話し合い、就職先の条件や、一人暮らしをするのか実家で暮らし続けるのかなど、意見を整理しておくのが鉄則ではあります。しかし、家庭事情が変化して、やむにやまれず内定辞退をしなければならない場合もあるでしょう。 家庭の事情で辞退を申し出る際には、話せる範囲でしっかりと理由を伝え、きちんと謝罪を添えるよう意識しましょう。

①電話編

お世話になっております、私〇〇大学の山田花子と申します。恐れ入りますが、人事部採用サポートグループの佐藤様はいらっしゃいますか。 (担当者が電話に出る) お忙しいところ恐れ入ります、〇〇大学の山田花子です。先日は内定のご連絡をいただきまして、ありがとうございました。その後、両親に報告をしたのですが、地元の会社に就職した方がよいのではないかという提案を受けました。 悩みましたが、検討を重ね、最終的には両親の意見に沿って就職活動をやり直してみようと覚悟が決まり、本日は内定辞退の旨をお伝えするためご連絡いたしました。 縁があると判断してくださったにもかかわらず、勝手ばかり述べて申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

②メール編

〇〇株式会社 人事部 採用サポートグループ 佐藤 太郎様 お世話になっております、〇〇大学の山田花子です。 この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございました。たいへん光栄なお知らせをいただいておきながら恐縮ですが、検討の結果、内定を辞退させていただきたくご連絡いたしました。 先週、父の転勤が決まり、家族揃って引っ越すこととなりました。一人暮らしをすることも考えたのですが、経済的な不安が大きく断念するに至りました。 企業説明会や面接などで丁寧にご対応いただいたにもかかわらず、たいへん申し訳ございません。お詫びの言葉もございませんが、何卒ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 〇〇大学 山田 花子 【連絡先など】

給与が理由の内定辞退

無事に内定が出て、就職後の給与について具体的に話を詰めていったところ、想定よりも手取りの額が少なかったということもあるでしょう。 給与を理由に内定辞退を申し出る場合は、「給与が不満だから」ではなく「その条件の給与では生活が立ち行かないから」という方向性に話の流れを向け、相手に失礼な印象を与えないよう、辞退の旨ははっきり示しつつも、理由に関しては程よく婉曲に表すことが大切です。

①電話編

※担当者が電話に出た後 お忙しいところ恐れ入ります、〇〇大学の鈴木太郎です。実は、先日いただいた内定を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。 私事ですが、父が転職したため経済状況が変わり、より給与や福利厚生の面に対してシビアな視点で就職活動をやり直さなければならなくなったためです。 こちらの一方的な事情で内定辞退という結論に至ったこと、たいへん申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

②メール編

※宛名、署名省略 お世話になっております、〇〇大学の鈴木太郎です。 先ほどお電話したのですが、本日は終日外出されているとのことでしたので、メールで失礼します。 先日は内定通知を賜わり、誠にありがとうございました。申し上げにくいのですが、熟考のうえ内定辞退をさせていただきたく、本日ご連絡いたしました。理由は、一人暮らしで生計を立てるにあたり、住宅手当などの面で不安が残るという結論に至ったからです。今さらこのようなお話をして、申し訳ございません。 勝手を申し上げているのは重々承知しておりますが、どうかご容赦いただけましたら幸甚に存じます。

病気が理由の内定辞退

初回公開日:2018年01月29日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング