IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自信喪失の原因7つ|自信喪失から立ち直るためには

マネジメント

自信を持って仕事をこなしていくのは重要なことです。しかし、生きていれば誰しも自信を喪失する瞬間があります。ぽっきりと折れてしまって復活できずに困っていませんか。自信喪失のメカニズムや、自信喪失した時に速やかに立ち直る方法をご紹介します。

更新日時:

自信喪失とは

自信喪失とは

人生を生きていく中で何らかの理由で自信喪失して落ち込んでしまうという経験は、誰にでも訪れる試練のひとつでしょう。時間をかけて積み重ねてきた「自信」が何かをきっかけに一瞬で崩れ落ちていくことも少なくありません。自信喪失の7つの原因や自信喪失から立ち直るためには、どのように自分をコントロールしたらいいのかをご紹介します。

読み方

日常生活の中で自信喪失という言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。「自信喪失」とは、「じしんそうしつ」と読みます。「自信喪失」という言葉の使い方としては、「何をしても上手くいかずに自信喪失になった。」や「仕事でミスを連発して自信喪失に陥った。」などの言葉の使い方をします。

意味

「自信喪失」という意味は、穏やかな感情を表す言葉ではなく、自分の苦しいく悩む心情を表す言葉です。自信喪失の「喪失」は、失う・なくすという意味を表す言葉です。何かをなくした喪失感を意味していて自分に自信がある物事がなにかのきっかけで喪失してしまうことを自信喪失といいます。

自分は無力だと思って気落ちすること

「自信喪失」という言葉は、自信を持っていたことに対して自分は無力だと思い気落ちしてしまうことです。自信喪失をしてしまった気持ちは、時間の経過によって気がついたら自然と回復していたということもあります。しかし、延々と思い悩んで自分を責め続けて心の傷が深くなってしまう人も少なくありません。

自信喪失の原因7つ

自信喪失の原因7つ

人が自信喪失するときは、さまざまな原因が考えられます。自分が持っている自信が自分の中で喪失してしまい一気に気持ちが落ち込んでしまうことが特徴です。メンタルの面でも自分を追いつめてしまう状況になってしまい、体調も崩してしまう人も少なくありません。自信喪失の原因7つをご紹介します。

原因1:人と比較することが多い

他人との比較も自信喪失の典型的な原因となります。自分よりも優れている人を見て「この人は、こんなに上手くやっているのに」と自分と比較して劣等感や自己嫌悪といった感情に苛まれてやる気までもを失くしてしまう人も少なくありません。 自分でも頑張れば、すぐに比較する相手を追い越せるという程度の差であるなら競争心を煽られてやる気を出すこともできますが、圧倒的な差が見えてしまった場合は、自信喪失に繋がります。

原因2:自分の無力さを痛感した

人は、努力をして自分の力となり、報われます。しかし、努力が足りなかったり、今までの努力では、どうしても乗り越えられない壁にぶつかったりする場合があります。 今まで積み重ねてきた経験が通用しなかったときの衝撃を強く感じることがあります。どうすれば、壁を乗り越えられるのか、努力の方向性がわからなくなることで自分の無力さを痛感して自信喪失の原因となります。

原因3:自己主張できない

自信喪失するような事態をできる限り引き起こさないようにするために「自分ならばできるはず」という自分の中のラインを、控えめに見積もる謙虚さも必要なことでしょう。何事に対しても「自分ならばできるはずだ」というラインは、自分の実力を把握するからこそ引けるラインです。自己評価が高いほど自己主張ができなくなり、自信喪失のきっかけの原因にもなります。

原因4:好きな人に振られた

原因4:好きな人に振られた

お付き合いしていた好きな人にある日突然の別れを告げられたら誰でも自信喪失になってしまうでしょう。自分の何が悪かったのか、嫌いになってしまった原因がなんなのかと相手に聞くこともできずに自問自答してしまう人も多いでしょう。特に身近にいた好きな人に振られるという事実に自信喪失することも多く、気持ちも体調も崩してしまう原因のひとつとなります。

原因5:仕事でミスを連発した

自信喪失してしまう原因の中で仕事でミスをしてしまったということが引き金になることが多い特徴があります。 上司に立て続けにミスを指摘されてしまったり、何度も同じミスを繰り返してしまうなど自分でも考えられない大失態をしてしまうことで自信喪失へと繋がっていきます。失敗は誰にでもあることですが、失敗が続いてしまったりすると気持ちを立て直すのに時間がかかる場合も多く、自信喪失の追い打ちとなってしまいます。

原因6:目標が高すぎた

「自信」というものは、物事を経験して小さな積み重ねをすることでついてきます。人は、「自分ならばできるはずだ」と信じている物事に対して自信を持つことができます。自分から縁遠いものほど自信も存在しなくなります。自分が掲げた目標が高すぎると自信喪失してしまう原因となることもあります。自分のことをよく知り、目標を定めて経験を積み重ねるといいでしょう。

原因7:完璧主義だから

自信喪失をしやすい人の特徴として完璧主義の性格が多いという傾向があります。何事に対しても完璧を追及して妥協を許せない性格が自信喪失に陥る原因となります。 完璧主義の人は、プライドも高く、自信喪失していまうことでメンタル面でも大きな衝撃を受けてしまう人が少なくありません。自信喪失してしまった後の気持ちの切り替えに多くの時間がかかってしまうこともあります。

自信を取り戻すためにも

仕事などで自信を喪失してしまうとなかなか立ち直れない、気持ちが上手に切り替えられないと自信を失った原因を引きずってしまう人も多いのではないでしょうか。そんな場合は、新たな環境でチャレンジすることも大切でしょう。転職エージェント(マイナビエージェント)をご紹介します。気持ちを切り替えた新たなチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

自信喪失から立ち直る方法

自信喪失から立ち直る方法

自信喪失したときに自分だけで悩んでいるとさらに悩みの深みにはまってしまうことがあります。第三者から客観的な視点で意見をもらったり、親しい友人に打ち明けて慰めてもらうということも気持の切り替えのきっかけになってとても重要なことです。自信喪失から立ち直る方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分磨きを怠らない

自信は、自己肯定するための大事な要素です。自信を喪失している状態が長く続けば続くほど心身の健康にはよくない影響を及ぼします。自分の内面とよく向き合い、自分がどんなことに自信を持っているのか、どんなことに自信がないのかをよく把握することが大切です。また、日常生活であらゆる面での自分を成長させるための自分磨きを怠らない気持を持つことが重要です。

自分で自分を褒める

自信喪失する人というのは、真面目な性格の人が多い傾向があります。本来なら褒められるような良い行いでも「できて当たり前」と考えてしまうことによって些細な失敗で簡単に自分を責めてしまいます。 時には、今までの努力した自分の頑張りを褒めてあげることも大切です。「自分へのご褒美」として欲しいものを買ったり、どこか旅行へ行ったりと自分を評価する時間を作りましょう。

自信喪失した時こそポジティブに

自信喪失した時こそポジティブに

自信喪失して落ち込んだときに最も大切なことは、自信喪失の気持ちを引きずらないことです。失敗したことに対して反省することは必要ですが、いつまでも苦しみや悩みを引きずるだけでは何も解決しません。 自信喪失の気持を引きずる時間が長くなるほど自分の心の中に強く失敗の記憶が刻み込まれていき回復に時間がかかってしまいます。自信喪失したときこそポジティブに気持ちを切り替えることが立ち直る重要なポイントです。

自分を許して受け入れるために

自分を許して受け入れるためにには、自信喪失の原因となった事柄とは全く関係のないことなどをしたりと自信喪失したこととできる限り心の距離を持ちましょう。自信喪失の気持ちを意識的に考えないことで心の落ち着きを取り戻すことができます。 自信喪失という気持ちの他にもさまざまな自分を取り巻く気持ちがあります。自己否定をしてしまう心理や虚無感を感じる原因4つをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング