IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

部下育成のポイント|研修方法・目標設定と管理の方法

更新日:2020年03月27日

マネジメント

あなたは部下の育成をうまくこなせていますか?それとも部下の育成方法に行き詰っていますか?部下の育成は会社としても重要な業務です。それなりの責任があります。単純に仕事を教えればいいと捉えるのは間違いです。いくつかポイントがありますのでそのポイント紹介します。

部下の育成は悩みが絶えない

「部下の育成を頼まれたけど………」 自分の実力を買って頂けた喜びもあれば、自分が指導しなければいけないというプレッシャーもあります。実際に「言っても心に響いていないな」「思い通りに進まないなと悩ぬ事が多いでしょう。 人を育てるということは簡単なことではありません。一人一人性格も特技も考え方も違うのですから。今回はそんな悩める部下の育成に関してまとめていきたいと思います。

部下の育成には適度なコミュニケーション取ること

一番重要であり一番意識していただきたいのがこれでしょう。相手は人間ですから、部下と言えどもコミュニケーションが取れていない場合は育成をする事が困難になるのです。実はこのコミュニケーションを甘くみている方が多くいるために、「思うように行かない」「自分が言っていることが響かない」と感じてしまうでしょう。実際にあなたがまだ若かった頃や入社数年の時、どんな上司が話しやすかったですか?

こんな答えが多いのではないですか? 「なんでも相談できる人」 「プライベートなことまで話せる間柄」 この答えは全てコミュニケーションがうまく言っている人との間柄を指します。冒頭でも話しました通り、部下は人間です。コミュニケーションが取れていないとあなたが何を言っても響きませんし、思うように育成できません。部下育成のポイントは8割がこのコミュニケーションができているかどうかで決まってくるでしょう。 ではコミュニケーションでどんな事がわかりますか? ・部下がどんなことを考えているか。 ・なんでそのような行動をとったのか ・どんな人物なのか このような事がすべてわかるのです。部下とのコミュニケーションが取れていれば、「何を考えているんだろう」と悩む事も減るでしょう。まずはコミュニケーションが大切ということをあなた自身認識をしてください。

部下との信頼度の高さは育成のスピードに比例する

コミュニケーションが取れているということは部下との信頼関係が確立されているということです。あなたが話しやすいと感じる上司になるには、仕事のことも、適度にプライベートなことも話せる上司になること大切です。 「仕事のモチベーションは上司との確立関係に比例する」 このことは実はあなたが経験して来た事ですから一番よくわかっていることでしょう。コミュニケーションが取れている場合、部下は自然と相談に来てくれますし、なんでも聞きに来てくれるでしょう。 そうなるとどうですか?あなたに臆する事なくなんでも聞いて来てくれる。そんな環境になれば、こちらからいちいち気を使ってあれはダメだ、これはこのやり方がいいとかいう必要が無くなります。自然に部下が育っていくのです。まさに理想の部下の育成はこのような状態でしょう。

コミュニケーションの締めは仕事への切り替え

コミュニケーションをたくさん取ることは大切です。しかしコミュニケーションを取りすぎて切り替えがないパターンは良くありません。そうならないように仕事との切り替えが大切です。 休憩中に喋って、プライベートなことや少し冗談混じりの会話をしていた場合でも、「ここから仕事するぞ」と言う事できちんと切り替えをしていきましょう。このように切り替えがきちんとできることで、あなたへの部下の信用が上がります。そうなると結果的に部下の育成に有利に働くのです。

部下が失敗した時は大人な対応をしましょう

部下も人間ですから失敗はします。そんな失敗した時の叱り方で部下が吸収してくれるのかが決まります。それ以前に部下が失敗を繰り返してしまう事があるようでしたら、それはあなたとのコミュニケーション不足と言っていいでしょう。 あなたの意図している事が伝わっていない可能性もありますし、コミュニケーションが取れていれば怪しい時には必ず相談に来てくれます。相談に来ない、相談しづらい環境にいるからこそ、失敗を繰り返してしまう可能性があるのです。そのような場合はまずはコミュニケーションをとることから始めていきましょう。 コミュニケーションが取れた状態での失敗が発生したとします。その場合は起こりすぎない事が大切です。ここでこてんぱに怒ってしまうと、部下はやる気をなくしたり、あなたに相談しづらくなってしまったり、消極的になってしまうことでしょう。 全く怒らない訳ではありませんが、ほどほどにしておいて大人な対応で「後の対応は任せておけ」と言えるくらいの心構えでいましょう。「失敗した後の処理は俺がやるから、やりたいようにやってみろ」ここまで心が広い上司だと、そこ部下は成長していきますし信頼関係も深まります。

あまりオススメしないのは失敗を待っている事

あまりお勧めしないやり方がありますので紹介します。それは、失敗する直前までやらせておいて、直前に口出しをして失敗を防ぐ方法です。あなたが見守っていたにもかかわらず直前で修正するのは、部下からするとなんで今まで助言をしてくれなかったんだろうと不信感を持ってしまう事があります。 人それぞれの考え方にもよりますが、不信感を持つ可能性があることは部下育成という観点からは無くした方が無難でしょう。出来るだけわかった段階で助言をしてあげる事が大切です。そしてその助言する場でも、全ての答えを教えるのではなく、少し考えさせるような言葉のキャッチボールをする事が大切です。そうする事で信頼感はさらにますでしょう。

全くどうにもならない部下には責任を持った仕事を任せる

次のページ:部下育成には目標設定と達成の繰り返し
初回公開日:2017年02月02日

記載されている内容は2017年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング