IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場でのモラハラチェックリスト・モラハラ事例・モラハラの対策

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

職場でのモラハラとは、どのような行為を指すのでしょうか?また、職場でモラハラを受けたら、どうすれば良いのでしょうか?このページでは、「職場でのモラハラ」をテーマに、モラハラの事例や対策法などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

あなたの職場は大丈夫?モラハラチェックリストと対処法

近年、「〇〇ハラスメント」という言葉を耳にすることが、多くなったと思います。「セクシャルハラスメント」や「パワーハラスメント」などは、特に深刻な問題となっており、「セクハラ」「パワハラ」といった略語まで浸透しつつあります。 セクハラやパワハラと並んで、深刻な問題とっているのが、「モラルハラスメント」です。通称「モラハラ」と呼ばれており、特に職場の人間関係において、発生しやすい問題だと言われています。 今回は、そんな「モラハラ」をテーマに、さまざまな情報をご紹介していきます。どのようなことがモラハラとして含まれるのか判断する為のチェックリストや、モラハラへの対処法などをまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「モラハラ」とは

そもそも、モラハラとは、どのようなハラスメントなのでしょうか?まずは、モラハラの意味や内容について、確認していきたいと思います。 モラハラとは、職場などにおける嫌がらせのことを指します。精神的なものが多いとされていますが、暴力を振るって特定の人に苦痛を与えることも、モラハラの1種です。 具体的には、職場で特定の人を無視したり、特定の人に嫌がらせをしたりといった、社会人版のいじめのようなものです。 モラハラをされた人の中には、退職せざるを得なくなったり、うつ病などを患ってしまったりすることもあり、深刻な社会問題の1つとなっています。 現在、モラハラに悩んでいるなら転職エージェントに相談することをします。転職で労働環境を変えて、キャリアアップまで成功させた人は多数存在します。あなたが今の労働環境で満足していないなら、エージェントへ相談してみましょう!

どんな行為がモラハラ?職場のモラハラチェックリスト

では、どのような行為がモラハラなのでしょうか?続いては、モラハラに該当するとされる行為や言葉などについて、ご紹介していきたいと思います。 場合によっては、自分自身では気付いていなくても、モラハラに該当するような言動を周囲から取られているかもしれません。 また、反対に、悪気はなくてもモラハラと受け取られる言動を取ってしまっている可能性も、否定できません。 職場でのモラハラについて、思い当たる節がある方もない方も、まずは1度、モラハラに該当する言動を、チェックリストで確認してみて下さいね。

  1. 職場のモラハラチェックリスト【1】:孤立させる
  2. 職場のモラハラチェックリスト【2】:尊厳を踏みにじる
  3. 職場のモラハラチェックリスト【3】:仕事の制限・奴隷化
  4. 職場のモラハラチェックリスト【4】:プライベートも支配

よくある職場のモラハラ事例集

上記で、モラハラに該当する行為などをご紹介しました。皆さんの職場は、大丈夫でしたか? 続いては、職場のモラハラの事例をご紹介していきます。上記のチェックリストでは、「いまひとつピンとくる項目がなかった」という方も、例を通してモラハラについて考えていくうちに、該当するものを見つける可能性もあります。 今の職場において、自分はモラハラをされていないか、また自分がモラハラをしていないか、確認する材料として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

仕事の割り振りで仲間はずれにする

職場のモラハラで多い事例の1つとして、仲間はずれがあります。 休憩時間などに、特定の人を会話に混ぜないなどの行為も、モラハラに含まれることがありますが、それ以上に、業務中にも仲間はずれにされることもあるようです。 事例としては、同僚の間で仕事を割り振って、大きな1つの目標を達成しなければならない時に、特定の人にだけ仕事を与えないといった行為が挙げられます。 仕事を割り振られないことを「楽」と捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事をする為に出勤している会社で、仕事がない状態になるのは、存在を否定されていることに等しいと言えます。 1人だけ仕事を割り振られず、何もすることがない状況というのは、職場でのその人の立場や居場所を奪う行為。 同僚と共に仕事をする機会で、自分だけ仕事が割り振られなかったり、仕事を分担する為のミーティングに参加させてもらえなかったりして、モラハラを意識するケースも、少なくないようです。

乱暴な言動で脅す

また、乱暴な言動で特定の人を脅す行為も、職場のモラハラでよくある事例の1つです。 「〇〇しなかったら、殴るからな!」などと条件を付けて脅し文句を言ったり、ドアやごみ箱を蹴るなどの乱暴な動作を見せつけて脅したりといった事例があります。 例え脅し文句を言っていなくても、突然大勢の人の前で怒鳴ったり、話す際にあからさまにため息を吐いたりといった行為も、モラハラの事例ではよくあるものです。 また、特定の人と話した後、わざとドアや扉を強く閉めたり、壁などを叩いて大きな音を立てたりといったモラハラをする人もいるようです。

職場でのモラハラを撃退するには?対策法について

職場におけるいじめ・モラハラには、さまざまなパターンや事例があることを、上記でご紹介しました。 しかし、どのパターンや事例にも言えることが、「ターゲットにされた人の精神的苦痛は、計り知れない」ということです。 職場でモラハラをされ、理不尽な仕打ちや酷い言動を取られた時、被害者は泣き寝入りするしかないのでしょうか? 答えは、「いいえ」です。 職場でモラハラを受けている時、それに立ち向かうのはとても勇気がいることです。 しかし、モラハラは解決できない問題ではありません。振る舞い方や対応次第では、状況が好転する可能性もあります。 そこで、モラハラへの対処法をご紹介していきますので、現在モラハラでお悩みの方は、良かったら参考にしてみて下さいね。

初回公開日:2017年01月18日

記載されている内容は2017年01月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング