職場でのモラハラチェックリスト・モラハラ事例・モラハラの対策

転職ノウハウ

職場でのモラハラとは、どのような行為を指すのでしょうか?また、職場でモラハラを受けたら、どうすれば良いのでしょうか?このページでは、「職場でのモラハラ」をテーマに、モラハラの事例や対策法などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

views2135

あなたの職場は大丈夫?モラハラチェックリストと対処法

近年、「〇〇ハラスメント」という言葉を耳にすることが、多くなったと思います。「セクシャルハラスメント」や「パワーハラスメント」などは、特に深刻な問題となっており、「セクハラ」「パワハラ」といった略語まで浸透しつつあります。 セクハラやパワハラと並んで、深刻な問題とっているのが、「モラルハラスメント」です。通称「モラハラ」と呼ばれており、特に職場の人間関係において、発生しやすい問題だと言われています。 今回は、そんな「モラハラ」をテーマに、さまざまな情報をご紹介していきます。どのようなことがモラハラとして含まれるのか判断する為のチェックリストや、モラハラへの対処法などをまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「モラハラ」とは

そもそも、モラハラとは、どのようなハラスメントなのでしょうか?まずは、モラハラの意味や内容について、確認していきたいと思います。 モラハラとは、職場などにおける嫌がらせのことを指します。精神的なものが多いとされていますが、暴力を振るって特定の人に苦痛を与えることも、モラハラの1種です。 具体的には、職場で特定の人を無視したり、特定の人に嫌がらせをしたりといった、社会人版のいじめのようなものです。 モラハラをされた人の中には、退職せざるを得なくなったり、うつ病などを患ってしまったりすることもあり、深刻な社会問題の1つとなっています。

どんな行為がモラハラ?職場のモラハラチェックリスト

では、どのような行為がモラハラなのでしょうか?続いては、モラハラに該当するとされる行為や言葉などについて、ご紹介していきたいと思います。 場合によっては、自分自身では気付いていなくても、モラハラに該当するような言動を周囲から取られているかもしれません。 また、反対に、悪気はなくてもモラハラと受け取られる言動を取ってしまっている可能性も、否定できません。 職場でのモラハラについて、思い当たる節がある方もない方も、まずは1度、モラハラに該当する言動を、チェックリストで確認してみて下さいね。

職場のモラハラチェックリスト【1】:孤立させる

モラハラの最も基本的且つ典型的なパターンの1つとして、「孤立」が挙げられます。 特定の人をターゲットにし、周囲から孤立させるのは、モラハラの第1歩とも言われています。 また、周囲から孤立させることを目的として、特定の人の悪口や悪い噂を流すなどの行為も、モラハラの第1歩に含まれるでしょう。

職場のモラハラチェックリスト【2】:尊厳を踏みにじる

上記でご紹介した「孤立」が発展すると、ターゲットとされた人は、度々尊厳を踏みにじられることになります。 例えば、職場の人々から無視をされたり、笑い者にされたりといった被害が考えられます。 このような行為は、ターゲットにされた人の存在を認めなかったり、自尊心を傷付けたりする可能性がある為、モラハラと言えるでしょう。 また、上司や先輩という立場の人の場合は、部下や後輩を突然激しく怒鳴ったり、大勢の人の前で説教をしたりといった行為をすると、モラハラになる場合があります。 勿論、ミスや失敗など、正当な理由がある場合は別です。 しかし、理不尽な理由で特定の部下や後輩にだけ厳しい態度を取った場合は、モラハラ・パワハラの可能性があると言えるでしょう。

職場のモラハラチェックリスト【3】:仕事の制限・奴隷化

モラハラが進むと、仕事の内容や職場の人々の関係性にも、変化が出てきます。 例えば、上司が特定の人にだけ、仕事の内容を制限しているようなら、モラハラの状態である場合も考えられます。ターゲットにした人に簡単で退屈な仕事ばかり任せて、職場での居場所や存在意義を消し去ろうとしている可能性がある為です。 また、自分の命令を聞くように押し付けたり、誰もが嫌がる仕事を特定の人にばかり任せるのも、モラハラの1種と言われています。 まるで奴隷のように、ターゲットにした人に自分の命令を聞かせたり、誰もやりがたらないような業務を1人の人にいつも押し付けたりといった行為は、モラハラと見做される可能性があります。

職場のモラハラチェックリスト【4】:プライベートも支配

職場のモラハラが深刻化すると、最終的にはターゲットとしている人のプライベートやオフの時間にまで、加害者が介入するようになる場合もあります。 プライベートの人間関係や趣味について指図をしたり、人付き合いについて命令したりすることは、モラハラに該当する行為の1つと見做されることがあります。 勿論、非常識な言動や他人に迷惑をかけるような行動を、プライベートの時間にしている場合は別です。 しかし、基本的にプライベートの時間については、例え職場の上司・先輩と部下・後輩といった関係性であっても、指図したりされたりする筋合いはありません。 職場の人間であるにも関わらず、業務時間を越えて、ターゲットとしている特定の人のプライベートやオフにまで介入している場合は、モラハラの可能性も視野に入れて考えてみましょう。

よくある職場のモラハラ事例集

上記で、モラハラに該当する行為などをご紹介しました。皆さんの職場は、大丈夫でしたか? 続いては、職場のモラハラの事例をご紹介していきます。上記のチェックリストでは、「いまひとつピンとくる項目がなかった」という方も、例を通してモラハラについて考えていくうちに、該当するものを見つける可能性もあります。 今の職場において、自分はモラハラをされていないか、また自分がモラハラをしていないか、確認する材料として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

仕事の割り振りで仲間はずれにする

職場のモラハラで多い事例の1つとして、仲間はずれがあります。 休憩時間などに、特定の人を会話に混ぜないなどの行為も、モラハラに含まれることがありますが、それ以上に、業務中にも仲間はずれにされることもあるようです。 事例としては、同僚の間で仕事を割り振って、大きな1つの目標を達成しなければならない時に、特定の人にだけ仕事を与えないといった行為が挙げられます。 仕事を割り振られないことを「楽」と捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事をする為に出勤している会社で、仕事がない状態になるのは、存在を否定されていることに等しいと言えます。 1人だけ仕事を割り振られず、何もすることがない状況というのは、職場でのその人の立場や居場所を奪う行為。 同僚と共に仕事をする機会で、自分だけ仕事が割り振られなかったり、仕事を分担する為のミーティングに参加させてもらえなかったりして、モラハラを意識するケースも、少なくないようです。

乱暴な言動で脅す

また、乱暴な言動で特定の人を脅す行為も、職場のモラハラでよくある事例の1つです。 「〇〇しなかったら、殴るからな!」などと条件を付けて脅し文句を言ったり、ドアやごみ箱を蹴るなどの乱暴な動作を見せつけて脅したりといった事例があります。 例え脅し文句を言っていなくても、突然大勢の人の前で怒鳴ったり、話す際にあからさまにため息を吐いたりといった行為も、モラハラの事例ではよくあるものです。 また、特定の人と話した後、わざとドアや扉を強く閉めたり、壁などを叩いて大きな音を立てたりといったモラハラをする人もいるようです。

職場でのモラハラを撃退するには?対策法について

職場におけるいじめ・モラハラには、さまざまなパターンや事例があることを、上記でご紹介しました。 しかし、どのパターンや事例にも言えることが、「ターゲットにされた人の精神的苦痛は、計り知れない」ということです。 職場でモラハラをされ、理不尽な仕打ちや酷い言動を取られた時、被害者は泣き寝入りするしかないのでしょうか? 答えは、「いいえ」です。 職場でモラハラを受けている時、それに立ち向かうのはとても勇気がいることです。 しかし、モラハラは解決できない問題ではありません。振る舞い方や対応次第では、状況が好転する可能性もあります。 そこで、モラハラへの対処法をご紹介していきますので、現在モラハラでお悩みの方は、良かったら参考にしてみて下さいね。

モラハラ対策法【1】:加害者と距離を取る

モラハラから逃れる方法で特におすすめなのが、モラハラを行っているリーダー格の人や加害者から、距離を取ることです。 もし、職場全体に無視やモラハラをされていたとしても、その中にリーダー格となる人や、率先してモラハラを行っている人がいるはずです。 まずは、その人から、精神的にも物理的にも距離を取ってみることをおすすめします。 向こうが話し掛けてこない限りは、こちらからは話し掛けたり接したりせず、様子を見てみましょう。 実際には、率先して無視やモラハラをしている人以外は、そんなに乗り気でない場合があります。 また、モラハラをしている人も、反応が見たくて行っている可能性があります。こちらから接したり過剰な反応をしたりしなければ、そのうち飽きてモラハラをしなくなるかもしれませんよ。

モラハラ対策法【2】:味方や仲間を見つける

モラハラは、特定の人をターゲットにして行われることが多いと言われています。 その為、職場で自分だけがモラハラを受けていると、「どうして自分だけ…」と、辛さや悲しさが余計に引き立つかもしれませんね。 しかし、同じようにモラハラを受けたり、周囲とあまり馴染めていなかったりする人がいるかもしれません。 同じ部署にはいなかったとしても、別の部署などにも、モラハラに関する共通の悩みを持っている方がいる可能性もあります。 また、モラハラを受けていなくても、1人でいることが多い人や、団体行動が好きではない方もいるものです。 そういった人を見つけて、仲良くなるのも、モラハラを乗り切る1つの方法です。 お互いに愚痴や悩みを言って共有したり、モラハラをしてくる人物とは別のコミュニティや人間関係を築いたりすることで、モラハラや職場でのいじめが気にならなくなることもありますよ。 また、仲間や友人を作り楽しそうにしている様子を見て、モラハラをしていた人達がモラハラをしてこなくなる可能性も、ゼロではないでしょう。

どうしても辛い時は、窓口に相談を!

モラハラの対策法をいくつかご紹介しましたが、我慢のしすぎは精神的にも身体的にも良いことではありません。 職場のモラハラが酷かったりおさまらなかったりして、どうしても辛い時は、モラハラの相談を受け付けている窓口に話してみるのも、1つの解決法ですよ。 モラハラに関する相談を受け付けている機関や団体はたくさんありますが、一般的に有名なのが、「都道府県労働局」です。 都道府県労働局では、モラハラやパワハラといった、職場の人間関係に関する問題に対応しています。 対面で職員に相談することができる面談や、電話で気軽に話せる電話相談を受け付けている為、自分に合った方法でモラハラについて相談することができます。 相談を受け付けている職員は、専門の方ばかりなので、具体的な解決案が見つかる可能性もあります。

モラハラを我慢する必要はありません

モラハラがなくなる日がいつかはかもしれませんが、モラハラが続くと身体ともにボロボロになってしまいます。我慢をする必要はありません。転職を考えてみてはいかがでしょうか。 転職をするなら「リクルートエージェント」がおすすめです。リクルートエージェントでは経験豊富なキャリアアドバイザーが、約160,000件の求人の中からあなたの希望条件に合った企業を紹介してくれます。経験豊富なアドバイザーの方が親身になってサポートしてくれるので転職が初めての方でも安心です。 また、リクルートエージェント独自のサービス「AGENT Report」を利用すれば、転職前に企業の特徴や、やりがい、環境を知ることが出来るので、「転職してみたらこの企業は合わなかった…」などのミスマッチも無くなります。 転職をし新たなスタートを切りませんか。仕事を充実させることができれば心に余裕ができ、休日の過ごし方も変わってきます。一度きりの人生です。悔いのないよう行動しましょう。 まずは、リクルートエージェントのアドバイザーに無料相談!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)