IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己管理能力が高い人と低い人の違い|自己管理能力を高める方法

マネジメント

自己管理能力な高い人と低い人では、仕事だけでなく、プライベートでも影響が出てしまうのを知っていますか?今回は、自己管理能力の高い人低い人の違いと、自己管理能力を高めるメリット、自己管理能力を高めるコツについて紹介します。

更新日時:

そもそも自己管理能力とは

まずは違いの前に自己管理能力がどういったモノかを知る必要があります。自己管理能力とは字面通り自己を管理するための能力です。身近な事で言えば、「寝坊しないように早寝しよう」「太りそうだから食事を控えめにしよう」といったものも自己管理と言えるでしょう。 こうした自分自身の行動をコントロールして目標、例えば「早起きする」「痩せる」といったものから「昇進する」「プロになる」といったものまで達成しようと行動するための能力が自己管理能力なのです。目標を達成するためには辛い事ややりたくない事をやらなくてはなりません。どこかで甘えてしまう気持ちが出てきますが、それを律する事が重要なのです。こう説明すると、欲求に耐えるための精神力のようなものを自己管理能力だと思ってしまう人もいるようです。 しかし、実際には「誘惑に負けてしまう可能性が高い状況自体を避ける」能力なのです。早寝したいのにテレビをつけてみたら面白い番組がやっていたとします。これを我慢して途中で見るのを辞めて寝るというのは自己管理できているように見えるかもしれません。 一方で本当に自己管理能力が高い人はテレビをつけたら眠れなくなるから見ないようにしようと先に予防してしまうのです。

自己管理能力の高い人と低い人の違いとは

自己管理能力の高い人と低い人では、考え方や生活にどれだけの差があるのでしょうか。以下に自己管理能力の高い人と低い人の違いについて触れていきます。

①目標や目的意識

自己管理能力は最終的に自分の目標や目的を達成するための能力です。つまり目標などが無い人には自己管理能力が無いと言って良いでしょう。 まずは目標を定める事が自己管理能力を高めるためには必須です。目標自体は小さなもので問題ありません。例えば次の仕事の締切に間に合わせるといったレベルのもので構いません。小さな目標でも常にそれを意識して達成したら次の目標を立てるようにすれば良いのです。

②自分の弱さを知っているか

自己管理能力の高い人と低い人の一番の違いは「自分の弱さを知っているかどうか」です。先ほど説明したように自分の弱点を先に予防してしまえるのが自己管理能力の高い人です。 つまり自分の弱さを事前に知っておく必要があります。自分の弱さを知らないままでは目標を達成するためにやるべき事がわかっていても、達成するまでに誘惑に負けてしまう可能性が非常に高いです。 自分の弱さを知るためには過去の失敗を思い返すのが良いでしょう。 例えばテレビの話に戻りますが、テレビが好きな人の多くは視聴を続けて夜更かししてしまった経験があると思います。こうした失敗を避けるためにどうしたら良いのかを一つ一つ解決していく必要があります。 一方で、特にテレビが好きでもない人はテレビの視聴で夜ふかしする事はほとんどありません。過去の失敗を整理していくと自分の弱点が明確になっていくのです。

②人の頼みや誘いを断れる

自己管理能力の低い人に共通するのは人の頼みや誘いを断れないという事です。もちろん人付き合いがある以上は全てを断る事はできません。 しかし、自分の目標を達成するためには取捨選択する必要があります。

自己管理能力を高めるメリット

それでは、自己管理能力が高いと、どのようなメリットがあるのでしょうか。主なメリットを以下に紹介していきます。

①目標を達成する事ができる

これが一番のメリットと言えるでしょう。自己管理能力を高めることで目標を達成できます。自分のスキルを高めたり、給与を増やしたり、昇進したりといった結果に繋がります。 人生を豊かにするために自己管理能力を高める事は非常に大切です。

②感情的に行動する事がなくなる

自己管理能力が高いということは客観的に自分の行動を把握して、行動に反映できるという事です。何かしら目的や目標をしっかりと作る事で、そこに至るまでのプロセスが明確になります。すると冷静にやって良い事と悪い事の判断ができるようになるのです。 自己管理能力を高め、しっかりと目的を持つ事で感情的にならずに済むのです。感情的に行動してしまうと多くの場合はトラブルに発展してしまいます。自らトラブルを発生させるのは褒められた行動でないのは誰の目にも明らかでしょう。しっかりと自己管理能力を高めて事前にトラブルを避けてしまいましょう。

③体調を崩さずに済む

自己管理能力が高ければ規則正しい生活をする事ができます。不規則な生活は体調を崩す事に繋がりますが、規則正しい生活をしていればそのリスクはかなり低くなるでしょう。普段から無理な生活を続けていると様々な病気のリスクが跳ね上がります。今現在は問題なくても将来的に病気になる可能性は当然高まるので、自己管理をしっかりと行って体調も整えていきましょう。

④時間を有効に利用できるようになる

自己管理能力が高ければスケジュールもしっかりと立てる事ができます。自分の能力を把握して、物事に対する必要な時間をきっちりと計算できます。すると時間のロスも少なく、有意義な時間を過ごす事ができます。 また、体調管理の話とも関係してきますが、体調をしっかりと管理できるため病気でスケジュールが崩れる事も少なく済ます。不健康な状態では最大限時間を有効活用する事は難しくなります。スケジュール管理がしっかりとできていれば体調を崩すような無理をせずに済みますし、体調を崩さなければ予定通りスケジュールをこなすことができます。

自己管理能力を高めるコツ

自己管理能力を高めるメリットが分かったところで、自己管理できるようになるためのコツを紹介します。

①ちょうど良い目標を設定する

目標を高くする事は悪いことではありませんが、達成不可能な目標では効果が薄いと言えます。最終的な目標は高く設定しつつも短期的な目標で低すぎず達成可能なものを用意します。すると適度な緊張感を持って行動する事ができ、目標達成のための自己コントロールがうまくいきます。 目標の高さというのは他人と合わせる必要は全くありません。むしろ他人と足並みを揃えてしまってはいけません。あくまでも自分の能力と達成するまでの期間を考慮して個別に設定する必要があります。

②目標をより明確にする

目標をきちんと立てて行動している人はそれなりに存在しています。ですが、より明確にするためには目標を立てるだけでは足りません。紙に目標を書いたり口に出して言う事で更に目標に対する意識が向上します。 紙に書いた目標を部屋に貼り付けるような演出はドラマなどで良く見かけますが、実際にやってみた人はどれほど居るでしょうか?実際にやってみると非常に効果的ですので試しに書き出してみましょう。書き出した目標は常に目に入るところに貼り付けておくと効果的です。

③習慣化する

自己管理能力を高めていくうえで重要なのは行動を習慣化することです。目標を立てて実行していくわけですが、数日だけ無理して行っても意味はありません。必ず習慣化していくべきです。ただし、1週間なり1ヶ月なり期間を区切って行動を見直してより良い習慣へ修正する必要があります。

④正確に自己評価をする

自分の弱さを知る事と共通しますが、自分の能力を客観的にしっかりと評価する事は必要です。そもそも自己評価の段階で間違えていると適切な目標だと思っていたものが達成できない可能性があります。課題評価をしすぎるのは挫折に繋がりますので注意しましょう。 また、現代の日本においては必要以上に過小評価してしまう人も非常に多いです。 過小評価しすぎていると確かに目標は達成できますが、目標を達成しても達成感が少なくモチベーションの維持が難しくなります。継続的な自己管理をするうえでは良くない状態です。目標が小さすぎるという事は最終的に到達できる目標も小さくなってしまう点も良くありません。 正確な自己評価をするためには客観的な評価を重ねると良いでしょう。 例えばペーパーテストの点数でも良いですし、知人に自分の良いところや悪いところを評価してもらうのも良いでしょう。第三者の視点や誰の目にも明らかな数字などの情報を積み重ねていくことで自己評価が正しいものへ修正されていきます。

自己管理をしっかりとしよう

自己管理は本当に難しいことです。自己管理は簡単にできると思っている人がいるとすればそれはまだ自己管理の難しさすらわかっていないことになります。自己管理をしっかりできるようになるにはまずは本気で変わりたいと決意しましょう。その決意が硬ければきっと自己管理ができるようになるはずです。

関連タグ

アクセスランキング