IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己管理能力が高い人と低い人の違い|自己管理能力を高める方法

初回公開日:2016年12月29日

更新日:2020年06月04日

記載されている内容は2016年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

自己管理能力な高い人と低い人では、仕事だけでなく、プライベートでも影響が出てしまうのを知っていますか?今回は、自己管理能力の高い人低い人の違いと、自己管理能力を高めるメリット、自己管理能力を高めるコツについて紹介します。

そもそも自己管理能力とは

自己管理能力の高い人と低い人の違いとは

自己管理能力の高い人と低い人では、考え方や生活にどれだけの差があるのでしょうか。以下に自己管理能力の高い人と低い人の違いについて触れていきます。

①目標や目的意識

自己管理能力は最終的に自分の目標や目的を達成するための能力です。つまり目標などが無い人には自己管理能力が無いと言って良いでしょう。 まずは目標を定める事が自己管理能力を高めるためには必須です。目標自体は小さなもので問題ありません。例えば次の仕事の締切に間に合わせるといったレベルのもので構いません。小さな目標でも常にそれを意識して達成したら次の目標を立てるようにすれば良いのです。

②自分の弱さを知っているか

自己管理能力の高い人と低い人の一番の違いは「自分の弱さを知っているかどうか」です。先ほど説明したように自分の弱点を先に予防してしまえるのが自己管理能力の高い人です。 つまり自分の弱さを事前に知っておく必要があります。自分の弱さを知らないままでは目標を達成するためにやるべき事がわかっていても、達成するまでに誘惑に負けてしまう可能性が非常に高いです。 自分の弱さを知るためには過去の失敗を思い返すのが良いでしょう。 例えばテレビの話に戻りますが、テレビが好きな人の多くは視聴を続けて夜更かししてしまった経験があると思います。こうした失敗を避けるためにどうしたら良いのかを一つ一つ解決していく必要があります。 一方で、特にテレビが好きでもない人はテレビの視聴で夜ふかしする事はほとんどありません。過去の失敗を整理していくと自分の弱点が明確になっていくのです。

②人の頼みや誘いを断れる

自己管理能力の低い人に共通するのは人の頼みや誘いを断れないという事です。もちろん人付き合いがある以上は全てを断る事はできません。 しかし、自分の目標を達成するためには取捨選択する必要があります。

自己管理能力を高めるメリット

それでは、自己管理能力が高いと、どのようなメリットがあるのでしょうか。主なメリットを以下に紹介していきます。

①目標を達成する事ができる

②感情的に行動する事がなくなる

③時間を有効に利用できるようになる

自己管理能力を高めるコツ

関連タグ

アクセスランキング