IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が嫌いな人の特徴・心理と改善方法|仕事を辞める/転職すべき?

初回公開日:2016年12月28日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2016年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

仕事が嫌いな人、もしくは今の仕事に不満がある人というのはかなり多いです。どうして仕事が嫌いになり、どうすれば改善できるのでしょうか。今回は、仕事嫌いの主な原因と改善方法、仕事嫌いの解決案として転職すべきかどうかについて述べていきます。

⑦拘束時間が長い

これはよくある悩みです。拘束時間の長さ自体が仕事を嫌いな理由になることもありますし、仕事は嫌いじゃないけど、勤務時間が長すぎるということもあります。 会社で決められた就労時間に対しては仕方ないですが、避けられない残業や休日出勤などの場合は、それを取り除くために自分ができることはないでしょうか。自身の能力のせいで拘束時間に悪影響が出ているのであれば、仕事の進め方を学ぶことをおすすめします。パソコンスキルやタイムスケジュールの立て方で劇的に改善することもあります。「仕事術」というキーワードでの書籍やインターネットサイトも豊富にありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

⑧もっと自分の力を活かしたい

中には、今の仕事や職場では、自分の能力を持て余しているという理由で仕事が退屈だから嫌いだという人もいます。 すでに十分な技術や能力を身につけ、同業種においてもっと上を目指したい、または、別の業種に活かしてさらにスキルアップしたいという人は、それに相応しいキャリアアップ先へ進むべきです。社内にそのようなシステムがある場合はそちらへ、すでに上位の会社が存在していることを知っているのであればそちらへ進みましょう。そのような理由で、退屈だと感じながら働くことは非常にもったいないことです。

仕事が嫌いな人は転職すべきか

やっぱり今の仕事が嫌いだと思う場合、その気持ちは転職すれば解決するものなのでしょうか?転職すべきケースと転職すべきでないケースがあります。

転職すべきケース

それぞれの状況が異なるので一概には言えませんが、上記で挙げた仕事嫌いの理由やその程度によっては、我慢の範疇を超えるもの、あるいは我慢すべきでないものがあります。また、前向きな意味でその仕事を続ける必要がないケースもご紹介しました("もっと自分の力を活かしたい"にて)。仕事が嫌いな理由をじっくり考えたうえで、我慢すべきものではないと判断した場合、転職を検討しましょう。 求人を閲覧することで今の仕事と比較して、鑑みることも出来ます。中には、職場見学が可能な求人もありますので、誌面やサイトよりもリアルに比較することも可能です。

転職すべきではないケース

ちょっとした出来事から安易に仕事を辞めてしまうと、後悔するケースも多いです。 嫌なことがあっても、少し時間をおいてその気持ちが治まるかどうかを確認しましょう。今や、転職というのはいつでも出来る時代です。求人情報をチェックして、いざとなればいつでも転職できる、ということで気持ちを落ち着かせるのも良い手段かもしれません。

転職すべきではないケース
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

終わりに

いかがでしたか。 今の自分の仕事が好きか嫌いかを考えたことがない人もいると思います。自分の将来のためにも、今一度仕事について考えてみてはどうでしょうか。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング