IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職者へ送る言葉・【4パターンの相手別】例文・注意点

更新日:2022年06月14日

退職

退職者に渡す寄せ書きに書く言葉が思い浮かばずに悩んでしまったり、退職者の挨拶や朝礼での挨拶でどんな言葉を贈るべきなのか悩んでしまったりする事があります。どちらにも実は共通してる事があります。今回は、そんな退職者に贈る言葉をどのように考えるべきかをご紹介します。

上司・先輩に対する丁重な退職メッセージ例

ご定年退職誠におめでとうございます。 長い間、山田部長には大変お世話になりました。 私が今の様にしっかりと仕事ができるようになったのは山田部長のご指導のおかげです。 ありがとうございました。 定年後はご家族と素敵な第二の人生を楽しんでください。 お身体には十分にお気を付けてください。

親しい目上の人への退職メッセージ例

島田リーダー ご多用の所、退職のご挨拶をいただき、誠にありがとうございます。 島田リーダーとは入社してすぐに同じチームになり色々と教えてもらいありがとうございました。 何事も焦らないで丁寧に仕事をこなす姿に、焦らないで丁寧に仕事をする事の大事さを学びました。島田リーダーに退職を伝えた時に私より涙を見せてくれた姿は忘れません。 次の職場でもその持ち前の丁寧さを活かして頑張ってください。お世話になりました。

ポイント・注意点

上司や先輩が退職される場合は、礼儀正しい言葉遣いで送る言葉を考え、退職者の活躍と幸せを祈る形の内容で送る言葉を締めましょう。 退職者への送る言葉の文章の構成は、冒頭で労をねぎらい、中盤で感謝の言葉を述べ、最後に退職者の活躍や幸せを祈り文章を締める文章構成で書いた方が伝わりやすいでしょう。 お世話になっている人が次の人生に進むという場合には、また会うという前提で言葉を送っても良いでしょう。

2「同僚・同期」

同僚や同期には、一緒に苦労した経験や、一緒になって乗り越えた失敗談など、同期だから話ができるような送る言葉を書いていきましょう。 今までのエピソード中でも笑い話にできるようなことがあれば、悲しい気分も晴れやかになるので、面白いエピソードなどを明確に退職者への送る言葉として書いていきましょう。

同僚への退職メッセージ例

山本さん お疲れ様です。田中です。 山本さんとは、初めての出社の日に同じチームに配属になるということで1番はじめに私に話しかけてくれたのを今でも覚えています。 山本さんのいつも仕事を笑顔でこなす姿勢は、周りの人にも好影響を与えているので、今後は私がその姿勢を引き継いでいきたいと考えています。 今日まで同じチームで一緒に仕事ができ楽しかったです。今後のご活躍を応援しております。

親しい同期への退職メッセージ例

駿河さん お疲れ様です。田中です。 ご多用の所、退職のご挨拶、誠にありがとうございます。 駿河さんには、プライベートの悩みを良く聞いてもらっていましたね。優しく話を聞いてくれたのは駿河さんだけでした。いつもその笑顔には救われていました。相談に乗ってもらえたおかげで順調に頑張っております。ありがとうございました。 これからの季節とても寒くなりますので、くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしください。

ポイント・注意点

動機や同僚ということで、非常に親しい仲だったという方々は多いのではないでしょうか。なので、これからもよろしくという意味合いを込め、退職後の新しい生活も元気に過ごそうと思える送る言葉をかけると退職者に喜ばれます。 「今後も元気に過ごしてまた会いましょう」などの言葉を送ると、今後も会ってくれるとの安心感と嬉しさを相手に与えて、プラスなイメージも生まれます。 仲が良いほど文章はかしこまらないほうが良いです。

3「部下・後輩」

部下や後輩には、部下や後輩がやってしまった失敗談をおもしろおかしくしてあげて、お世話をしたが、可愛がっていたということがわかるようなエピソードを書いていきましょう。 明確に部下や後輩の失敗談を書いて笑い話にすることで、部下や後輩は先輩に今回の退職が悪くは思われていないという印象が持て、あなたに好感を持ちます。 部下は意外とあなたの顔を気にするものなので、気を使わせないための言葉がベストです。

部下への退職メッセージ例

島田さん ご多用の所、退職のご挨拶をいただき、誠にありがとうございます。 島田さんは入社してすぐに同じチームになり色々と教えてもらいありがとうございました。 特に島田さんから教えてもらったのは、やはり失敗した時のリカバリーの仕方です。 島田さんは失敗がわかると、顔ですぐにわかりいつも部長に怒られていましたが、謝り方は丁寧でした。 その持ち前の丁寧さを活かして今後も頑張ってください。お世話になりました。

次のページ:【理由別】退職者へ送る言葉の例文/フレーズ
初回公開日:2016年11月02日

記載されている内容は2016年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング