IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職者へ送る言葉・【4パターンの相手別】例文・注意点

初回公開日:2016年11月02日

更新日:2020年05月12日

記載されている内容は2016年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職

退職者に渡す寄せ書きに書く言葉が思い浮かばずに悩んでしまったり、退職者の挨拶や朝礼での挨拶でどんな言葉を贈るべきなのか悩んでしまったりする事があります。どちらにも実は共通してる事があります。今回は、そんな退職者に贈る言葉をどのように考えるべきかをご紹介します。

退職者に言葉を送る場面とは

退職者への送る言葉を考えることは、長く勤めれば務めるほど遭遇することが多いでしょう。社内で退職者へ送る言葉を考える場面はいくつあるのでしょうか。 送る言葉を考える場面によって、どのように言葉を送るべきか、そしてどのような形で退職者への挨拶を返してあげるべきかを考えましょう。 退職者は送る言葉をもらうことで嬉しい気持ちにります。お世話になっている方の退職の際にぜひ参考にしてください。

退職の挨拶メールへの返信

退職者からの「退職の挨拶」のメールをもらい、そのメールへ返信する場面です。この場合重要なことが一つあります。 社内メールでもらったメールは退職者が帰ってしまうと見てもらえないため、早めに返信することが大事です。 特に退職の挨拶は退職する当日にメールを送られることが多いため、退職の挨拶メールを送られたら早めに送る言葉を返信することが大事です。

退職の挨拶の場でかける言葉

例えば、朝礼で従業員が集まる場面です。その日に退職してしまう方の挨拶の際に、従業員1人1人から送る言葉をかける場面が想定されます。 この場合、朝礼の時間内という限られた時間で贈らなくてはいけません。朝礼で送る言葉は長すぎず、短すぎず、程よい長さの文字数の贈る言葉を求められます。 朝礼で送る言葉は手短にして、本当に伝えたい思いは朝礼ではない時に本人に直接伝えてあげてください。

退職者への寄せ書き

退職される従業員のために、関係者の方もしくは社内の方が寄せ書きを記入し、退職者へ送る言葉をかける場面が想定されます。この場合大事なのが、他の従業員の方も寄せ書きに送る言葉を書くため、書くスペースが限られているという事です。 限られたスペースの中に退職者への送る言葉を書かなくてはいけないため、長文で書いてしまうと他の書くスペースを圧迫してしまうので、注意が必要です。程よい文字数で書く事が求められます。

【相手別】退職者へ送る言葉の例文

社内で想定される退職者への送る言葉はイメージしやすいのですが、社外の退職者に贈る言葉をかける場面も来ることがあります。退職者への挨拶は、相手によって形を変えます。 では、退職者への送る言葉はどのような形で変わって行くのかを、対象別に例文を使って詳しく掘り下げていきます。送る言葉を考える際に、退職者への失礼にならないためにも、ぜひ参考にしてください。

1「上司・先輩」

上司や先輩にはお世話になったエピソードを送る言葉にしていきましょう。例えばトラブルが起きてしまって困っている時に素晴らしい対応をして助けてもらったことや、励ましてもらったなどのエピソードを盛り込むと良いでしょう。 あなたがいたおかげでここまで来れましたというような内容にし、今までお世話になった上司や先輩がいたから今の自分がいるということを、送る言葉に明確にしていきましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング