IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「疎外感」を職場で感じやすい人の特徴5つと対処法3つ

更新日:2020年11月09日

コミュニケーション

「新しい職場の仕事に慣れてきたけどまだ友達ができないし、なんだか疎外感を感じてしまって声をかけにくい」こういう事ってありますよね。そんなあなたは疎外感を感じやすい人かも?今回は疎外感を感じやすい人の特徴と心理と疎外感の克服方法について解説していきます。

疎外感とは

疎外感とは、「排除されていると感じる」「自分で疎(うと)まれていると感じる事」を意味します。 例えば、周りが冷たいと感じる場合や、のけ物にされていると感じることを、疎外感を感じると表します。しかし、周囲は本人が感じているほど冷たくしたり、のけ者にしていると感じていない場合もあります。

職場で疎外感を感じる瞬間

職場で疎外感を感じてしまうこともあります。職場で疎外感を感じる瞬間としては、仲良しグループができている時や、仲の良い人がいない時、1人でランチを食べる時があげられます。 職場で疎外感を感じる瞬間について詳しくご紹介します。

疎外感を感じる瞬間1:仲良しグループができている

職場にはもうすでに仲良しのグループができてしまっていることがあります。疎外感を感じやすい人は、仲良しグループの中に入りにくいと感じる人が多いです。 気にしない人はそんな中にも飛び込んでいけますが、疎外感を感じやすい人は、周りの目がどうしても気になる人が多いです。

疎外感を感じる瞬間2:仲の良い人がいない

仲の良い人がいないと感じる時は、職場で疎外感を感じる瞬間です。仲の良い人がおらず、人間関係が上手く築けないと、疎外感を感じて転職してしまう原因にもなります。 転職して新しい職場で人間関係を新しく作っていく場合も、その職場で気の合う人と出会えれば良いのですが、気の合う人と出会う事ができなければ、一人ぼっちを経験し疎外感を感じてしまいます。

疎外感を感じる瞬間3:1人でランチを食べる

1人でランチを食べている時は、職場で疎外感を感じる瞬間です。 食事は誰かと一緒に食べることが当たり前になっている人もいますが、昼休みに誰かとお昼を一緒に食べたり、昼休みに誰かとおしゃべりして過ごさなくても良いです。 昼休みは、昼寝や読書、散歩など一人の方が昼休みを有意義にできる使い方もあります。周りの事は気にせず堂々とするようにしましょう。

疎外感を感じやすい人の特徴5つ

疎外感を感じやすい人には共通する特徴があります。 疎外感を感じやすい人の特徴としては、1人に慣れていないことや被害妄想しやすいこと、周りを気にしすぎること、自分に自信がない、承認欲求が強いことがあげられます。 疎外感を感じやすい人の特徴5つについて詳しくご紹介します。

特徴1:1人に慣れていない

疎外感を感じやすい人の特徴として、1人に慣れていないことがあげられます。生きていく中で集団行動は大事だと子供の頃に教わります。集団行動が正しく、一人で居る事は悪い事をしているかのように見られてしまう場合があります。 群れるのが好きではなく、1人でいることに慣れている人は疎外感を感じることはありませんが、集団に慣れて生活していた人にとっては、職場で疎外感を感じる場面が多くあります。

特徴2:被害妄想しやすい

疎外感を感じやすい人の特徴として、被害妄想しやすい人であることがあげられます。被害妄想とは、被害が無いのに妄想で被害を受けたと思い込む状態を指します。 被害妄想しやすい人は、職場の同僚がたまたま忙しい時期で仕事に追われていることを冷たく感じたり、よそよそしく感じたりして、疎外感を感じてしまうことが多くあります。

初回公開日:2016年12月15日

記載されている内容は2016年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング