IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「疎外感」を職場で感じやすい人の特徴5つと対処法3つ

コミュニケーション

「新しい職場の仕事に慣れてきたけどまだ友達ができないし、なんだか疎外感を感じてしまって声をかけにくい」こういう事ってありますよね。そんなあなたは疎外感を感じやすい人かも?今回は疎外感を感じやすい人の特徴と心理と疎外感の克服方法について解説していきます。

更新日時:

疎外感とは

疎外感とは、「排除されていると感じる」「自分で疎(うと)まれていると感じる事」を意味します。 例えば、周りが冷たいと感じる場合や、のけ物にされていると感じることを、疎外感を感じると表します。しかし、周囲は本人が感じているほど冷たくしたり、のけ者にしていると感じていない場合もあります。

職場で疎外感を感じる瞬間

職場で疎外感を感じてしまうこともあります。職場で疎外感を感じる瞬間としては、仲良しグループができている時や、仲の良い人がいない時、1人でランチを食べる時があげられます。 職場で疎外感を感じる瞬間について詳しくご紹介します。

疎外感を感じる瞬間1:仲良しグループができている

職場にはもうすでに仲良しのグループができてしまっていることがあります。疎外感を感じやすい人は、仲良しグループの中に入りにくいと感じる人が多いです。 気にしない人はそんな中にも飛び込んでいけますが、疎外感を感じやすい人は、周りの目がどうしても気になる人が多いです。

疎外感を感じる瞬間2:仲の良い人がいない

仲の良い人がいないと感じる時は、職場で疎外感を感じる瞬間です。仲の良い人がおらず、人間関係が上手く築けないと、疎外感を感じて転職してしまう原因にもなります。 転職して新しい職場で人間関係を新しく作っていく場合も、その職場で気の合う人と出会えれば良いのですが、気の合う人と出会う事ができなければ、一人ぼっちを経験し疎外感を感じてしまいます。

疎外感を感じる瞬間3:1人でランチを食べる

1人でランチを食べている時は、職場で疎外感を感じる瞬間です。 食事は誰かと一緒に食べることが当たり前になっている人もいますが、昼休みに誰かとお昼を一緒に食べたり、昼休みに誰かとおしゃべりして過ごさなくても良いです。 昼休みは、昼寝や読書、散歩など一人の方が昼休みを有意義にできる使い方もあります。周りの事は気にせず堂々とするようにしましょう。

疎外感を感じやすい人の特徴5つ

疎外感を感じやすい人には共通する特徴があります。 疎外感を感じやすい人の特徴としては、1人に慣れていないことや被害妄想しやすいこと、周りを気にしすぎること、自分に自信がない、承認欲求が強いことがあげられます。 疎外感を感じやすい人の特徴5つについて詳しくご紹介します。

特徴1:1人に慣れていない

疎外感を感じやすい人の特徴として、1人に慣れていないことがあげられます。生きていく中で集団行動は大事だと子供の頃に教わります。集団行動が正しく、一人で居る事は悪い事をしているかのように見られてしまう場合があります。 群れるのが好きではなく、1人でいることに慣れている人は疎外感を感じることはありませんが、集団に慣れて生活していた人にとっては、職場で疎外感を感じる場面が多くあります。

特徴2:被害妄想しやすい

疎外感を感じやすい人の特徴として、被害妄想しやすい人であることがあげられます。被害妄想とは、被害が無いのに妄想で被害を受けたと思い込む状態を指します。 被害妄想しやすい人は、職場の同僚がたまたま忙しい時期で仕事に追われていることを冷たく感じたり、よそよそしく感じたりして、疎外感を感じてしまうことが多くあります。

特徴3:周りを気にしすぎる

疎外感を感じやすい人の特徴として、周りを気にしすぎることがあげられます。最近では、現実の職場関係の仲間同士がSNS上で交流したり、ブログやTwitterで繋がり交流したりすることも珍しくありません。 疎外感を感じやすい人は、SNS上や現実でも仲良しの同僚たちが盛り上がっているのを見てしまうと、話に入り難いと感じて疎外感を感じることが多いです。

特徴4:自分に自信がない

疎外感を感じやすい人の特徴として、自分に自信がないことがあげられます。 自分に自信が無い人は、自分に自信が持てないあまりに自分の置かれた状況をも自分はこんなだからのけ者にされても仕方ない、と認めてしまう傾向にあります。 のけ者にされている事が事実であれ、本人が思い込んでいる妄想であれ、どちらも自信がないから疎外感を感じます。

特徴5:承認欲求が強い

疎外感を感じやすい人の特徴として、承認欲求が強いことがあげられます。承認欲求とは誰かに自分を認められたいという欲望です。 承認欲求の強い人は、仕事では自分を認めてもらいたいという一心で行動します。そのため認めてもらうまではものすごく積極的に頑張る、前向きな人です。 しかし、承認欲求の強い人は拒絶や否定に弱く、自分を否定や拒絶されたと感じた場合ものすごく落ち込み、疎外感や孤独感で落ち込む傾向にあります。

転職エージェント

職場で疎外感を感じてしまう場合は、転職も考えてみましょう。転職する場合に、人間関係を重視したいのであれば、マイナビエージェントを利用してみましょう。 マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。キャリアアドバイザーがブレーンとなってくれるため、安心して転職が行えます。

職場で疎外感を感じた時の対処法

職場で疎外感を感じる時には、どのような対処法をすれば良いのでしょうか。職場で疎外感を感じた時の対処法としては、万人に好かれようとしないことや周りに合わせすぎない、相手に期待しすぎないことがあげられます。 職場で疎外感を感じた時の対処法について詳しくご紹介します。

対処法1:万人に好かれようとしない

職場で疎外感を感じた時の対処法としては、万人に好かれようとしないことです。疎外感を感じやすい人の中には、誰かに認めてもらいたい気持ちが強い人や、被害妄想を抱きやすい人がいます。 その人たちに共通して言えるのは、好かれたい、愛されたい、嫌われたくないという気持ちですが、この気持ちにすべての人は答えることはできません。 万人から好かれる人は存在しませんので、誰からも好かれようとするのはやめましょう。

対処法2:周りに合わせすぎない

職場で疎外感を感じた時の対処法としては、周りに合わせすぎないことです。疎外感を感じやすい人は、どうしても周りの人から「あの人いつも一人ぼっちで寂しそう」「友達がいないのか」と思われたくない傾向が強いです。 実際はそんな事を周りの人は感じていないでしょうし、人の事など気にしている暇はありません。周りに合わせることはありませんので、自分1人でもできることを探すようにしましょう。

対処法3:相手に期待しすぎない

職場で疎外感を感じた時の対処法としては、相手に期待しすぎないことです。疎外感を感じる人の中には、自分に自信がないことや承認欲求のため、人に期待して委ねてしまう人もいます。 そして、その期待が裏切られたことで疎外感を感じてしまうこともあります。小さなことで疎外感を感じる気持ちを捨て、相手に期待しすぎないようにしていきましょう。

職場での疎外感に耐えられなくなったら

集団生活をしていると、どうしても一人ぼっちで居る人をみると寂しいと感じてしまいますが、誰かにどう思われても恥ずかしがる必要はありません。 疎外感を感じる前に、1人の時間も大事にしてみましょう。一人でできる事には限度はありますが、短い休憩時間をつぶすくらいならできることはたくさんあります。 しかし、どうしても職場での疎外感に耐えられなくなった場合は、休暇をもらったり転職を視野に入れてみましょう。

休暇をもらう

休暇をもらう

職場での疎外感に耐えられなくなったら、休暇をもらうようにしましょう。仕事が忙しすぎて自分に余裕がなくなったことで、周囲の人が急に冷たくなったように感じる場合もあります。 自分自身で勝手に思い込み疎外感を感じてしまっている可能性もあるので、職場での疎外感に耐えられなくなったら休暇をもらい、自分自身の気持ちをリフレッシュするようにしましょう。

転職を視野にいれる

休暇をもらって自分自身の気持ちをリフレッシュしても、職場での疎外感にどうしても耐えられないのであれば、転職も視野に入れて考えましょう。 休暇をもらって自分自身を見つめ直しても、疎外感が消えないのであれば、職場の人間関係が合わない可能性もあります。その場合は転職を行い、人間関係の良い職場で働くようにしましょう。

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング