職場で「疎外感」を感じやすい人の特徴と心理・克服方法

コミュニケーション

「新しい職場の仕事に慣れてきたけどまだ友達ができないし、なんだか疎外感を感じてしまって声をかけにくい」こういう事ってありますよね。そんなあなたは疎外感を感じやすい人かも?今回は疎外感を感じやすい人の特徴と心理と疎外感の克服方法について解説していきます。

更新日時:

疎外感とは のけ者にされていると自分で感じる事

疎外感とはどういう意味の言葉なのでしょう。 辞書等で調べてみると「排除されていると感じる」「自分で疎(うと)まれていると感じる事」です。 つまりのけ者にされていると自分で感じる事ですね。

自分が感じた事と周りが思っている事は違う場合もある

疎外感は自分自身が感じている事と周りが思っている事は全く違う場合もありうるという事です。 例えば周りが冷たいと感じた場合を例に出して説明します。 「みんなが冷たいからのけ者にされてる」という理由で疎外感を感じたとします。これは自分が感じた事ですよね。でもみんなは思ってるほどこの人に冷たくしたり、のけ者にした自覚は無い場合もあります。 要するに自分が感じた事と周りが思っている事は違う場合も充分ありうるわけです。

疎外感は思い込みの場合もある

疎外感を感じやすい人は自分自身で勝手に思い込んでしまってる場合が多いのです。

職場で疎外感を感じやすい人の5つの特徴と心理

どんな職場にも疎外感を感じてしまう人はいる物です。あなたも疎外感を感じてのけ者にされてると思ってしまった事はありませんか? ここでは疎外感を感じやすい人の特徴を解説していきます。

①周りを気にしてしまう人

疎外感を感じやすい人の特徴と心理1つ目は「周りを気にしてしまう人」です。 最近では現実の職場関係の仲間同士がSNS上で交流したり、ブログやTwitterで繋がり交流する事も珍しくありません。 例えばLINEの職場のグループを作りそこで交流する事もよくあるようですね。

SNSでも疎外感を感じてしまう

LINEのグループの中で現実でも仲良しの同僚たちが盛り上がっているのを見てしまうとなんだか話に入り難かったりしますよね。 気にしない人はそんな中にも飛び込んでいけるんでしょうけど、疎外感を感じやすい人は周りの目がどうしても気になってしまいます。 疎外感を感じてしまう人はグループの会話に入って行く前に、「盛り上がってる空気を壊したらどうしよう」等と悩んでしまいます。そのためますます入りづらくなり疎外感を感じてしまいます。

②1人に慣れていない

疎外感を感じやすい人の特徴と心理2つ目は「1人に慣れていない」です。 生きていく中で集団行動は大事だと子供の頃に教わりますよね。まるで集団行動が正しく、一人で居る事は悪い事をしているかのように見られてしまう所があります。 そのため職場でも同じように誰かと一緒にいる人の方が大多数です。中には群れるのが好きじゃない人もいます。そういう人は1人でいても疎外感を感じない人なので1人で居ても気にする事はありません。それは1人でいる事に慣れているからですね。しかし集団に慣れて生活していた人は1人で居る事に慣れていません。 そのため転職して新しい職場で人間関係を新しく作っていく場合も、その職場で気の合う人と出会えれば良いのですが、気の合う人と出会う事が出来なければ、一人ぼっちを経験し疎外感を感じてしまうでしょう。

③被害妄想

疎外感を感じやすい人の特徴と心理3つ目は「被害妄想」です。被害妄想とは被害が無いのに妄想で被害を受けたと思い込む状態ですね。 疎外感を被害妄想で感じてしまうというのは、例えば今まで仲良くしていた職場の同僚達がなぜか急によそよそしく感じてしまい、それが原因で疎外感を感じてしまうという事です。 疎外感を感じやすい人の中にはこのような被害妄想で勝手に疎外感を感じてしまう人もいます。 職場の同僚が冷たく感じたのはたまたま忙しい時期で仕事に追われていので、冷たく感じたりよそよそしく感じただけで、それを勝手に被害妄想で疎外感を感じていただけなのに、勝手に自己完結して疎外感を感じ落ち込んでしまうんですね。

④自分に自信が無い人

疎外感を感じやすい人の特徴と心理4つ目は「自分に自信が無い人」です。自分に自信が無い人は自分に自信が持てないあまりに、自分の置かれた状況をも自分はこんなだからのけ者にされても仕方ないと認めてしまいます。 のけ者にされている事が事実であれ、本人が思い込んでいる妄想であれ、どちらも自信が無いから疎外感を感じてしまうのです。 自分に自信がない事で本当は起きていない事も起きているように感じてしまう事もあります。そのため自信が無い人も疎外感を感じやすいでしょう。

⑤承認欲求が強い

疎外感を感じやすい人の特徴と心理5つ目は「承認欲求が強い」です。承認欲求とは誰かに自分を認められたいという欲望です。 この承認欲求の強い人は、仕事でもプライベートでも自分を認めてもらいたいという一心で行動します。そのため認めてもらうまではものすごく積極的に頑張りますし、前向きな人なんです。 しかしこのタイプは拒絶や否定に弱く、自分を否定や拒絶されたと感じた場合ものすごく落ち込み、疎外感や孤独感で落ち込んでしまいます。 そのため承認欲求が強い人は疎外感を感じやすい人が多いのです。

疎外感を感じやすい人の3つの克服方法

疎外感を感じやすい人の特徴と心理は分かりましたね。その問題である疎外感を克服したくはありませんか?ここでは疎外感を克服するための克服方法を解説していきます。

①周りの事を気にしない事

疎外感を感じやすい人の克服方法1つ目は「周りの事を気にしない事」です。 疎外感を感じやすい人はどうしても周りの人から「あの人いつも一人ぼっちで寂しそう」「友達がいないのか」等と思われたくないのです。実際はそんな事を周りの人は思ってないでしょうし、人の事など気にしてる暇は無いと思います。 気にしてしまっているのはあなた自身なんです。周りを気にしない事が大事です。 例えば昼休みに誰かとお昼を一緒に食べたり、昼休みに誰かとおしゃべりして過ごさなくても良いんです。一人の方が昼休みを有意義にできる使い方がたくさんある事に気付きましょう。

周りを気にしないようになるコツ 1人で熱中できる事を探す

周りを気にしないようになるコツは、自分1人でもできる事を探す事です。 例えば会社内での休憩する場合は、昼寝や読書等もありますね。会社の外で昼休みを過ごす事ができるなら近くの公園を散歩しても良いです。公園のベンチで読書をしても気持ちが良いかもしれませんね。 一人でできる事には限度はありますが、短い昼休みをつぶすくらいならできる事はたくさんあるんです。そうして1人でいる時間を過ごしている内に、疎外感を感じていた自分がバカバカしく思えてくるはずです。このように周りの事は気にせず堂々としていれば良いんです。

②皆から好かれる人はいない事を理解する

疎外感を感じやすい人の克服方法2つ目は「皆から好かれる人はいない事を理解する事」です。疎外感を感じやすい人の中には、誰かに認めてもらいたい気持ちが強い人や被害妄想を抱きやすい人がいます。 その人たちに共通して言えるのは好かれたい、愛されたい、嫌われたくないという気持ちです。 しかしこの気持ちにはすべての人は答える事はできません。 皆から好かれる人っていないですよね。30人いたら30人がみんなあなたの事が好きっていう職場は逆に珍しいですよね。そんな事はまずありえないですからまずはその認められたい気持ちや愛されたい気持ちで行動するのをやめましょう。相手もあなたと同じで心があります。好き嫌いがあります。 自分の思いだけを押し付けてはいけないのです。皆から好かれる人はいないのです。認めましょう。

③相手に期待しすぎない事

疎外感を感じやすい人の克服方法3つ目は「相手に期待しすぎない事」です。疎外感を感じる人の中には自分に自信が無い事や承認欲求のため、人に期待して委ねてしまう人もいます。 そしてその期待が裏切られた事で疎外感を感じてしまう事もあります。この期待とはどういう事かと言いますと、例えば、職場であなたは重たそうな荷物を運んでいるとします。 周りは誰一人手伝おうとしません。手伝ってくれるのを期待していたあなたはがっかりし疎外感を感じます。このように相手に期待しすぎると裏切られた時のショックは大きい物です。 正確にはこの例の場合は裏切られてはいません。なぜならあなたは自分で勝手に周りに助けてもらう事を期待して、勝手に裏切られたと思い込んでしまったからです。 こんな小さなことで疎外感を感じる気持ちを捨てていきましょう。相手に期待しすぎないようにしていきましょう。

おわりに

いかがでしたか。今回は疎外感を感じやすい人の特徴と心理と疎外感の克服方法について解説してきました。 自分自身の心が皆からのけ者にされていると勝手に思い込んでしまった結果、疎外感という感情が現れる事が分かりましたね。 疎外感を感じやすい人の特徴と倫理では疎外感を感じやすい人は、心のどこかで認められたい承認欲求や被害妄想で疎外感を感じて落ち込んでしまう事が分かりましたね。 集団生活をしているとどうしても一人ぼっちで居る人をみると寂しいと感じてしまいますが、誰かにどう思われても恥ずかしがる必要はありません。 恥ずかしいという気持ちを捨ててもっと1人の時間も大事にして生きていくべきです。1人の時間を有意義に過ごせる人って素敵だと思いますよ。人生は一度きりもっと堂々として楽しんで生きましょう。

労働条件への不満が転職理由になることも


「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由3位:「給与に不満がある」
■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」
■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」
■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」
(出典:DODA2016年データ)

企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。

慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。中でも業界大手の「DODA転職エージェント」は転職成功実績No.1で心強い味方。

■自分のスキルで転職して収入は上がる?
■今の年齢で転職活動しても大丈夫?
■希望の求人は存在するの?

転職活動の際の疑問に親身に答えてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。

公式サイト:DODA転職支援サービス

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)