IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上司からの「メールへの返信の仕方」「メールの終わり方」・例文

更新日:2020年05月29日

メール

上司からメールをもらったけど失礼にならない返信やメールの区切り方はあるのでしょうか。悩みますよね。メールで大事なのは簡潔さと理解した事を伝える事と丁寧さが大事です。これさえ守れば好感を持たれます。今回はそんな上司からのメールへの返信について解説していきます。

上司からのメールの内容は主に仕事の指示や連絡

仕事をしていると上司からメールをもらう事があります。内容は主に「〇日までにあの作業をしておいてくれないか」「資料をつくっておいてくれ」等作業依頼が主かと思います。

上司からのメールでよくある内容

①仕事を依頼する内容

あの会議の資料をいつまでにつくってくれないか?

②仕事の進捗を確認する内容

あの仕事やってくれたか?

メール内容を理解した事を伝える事が大事

このよう場合上司からのメールの返信はどのような内容にするべきなのか悩みますよね。こうしたメールの場合長く書いてしまうとうっとうしく感じる上司もいるため、簡潔にメールを確認して内容の通りにしますという意思表示を伝える事ができれば良いでしょう。

上司からのメールに返信する際に注意する事とポイント

上司からメールをもらった場合、どのような事に気を付けて返信すればいいのでしょうか。ここでは上司からのメールに返信する際に注意する事やポイントを解説していきます

①敬語に気を付ける

ただしメールではつい誤った敬語を使ってしまいがちです。誤った敬語は使わないように気を付けて返信する事が大事です

誤った敬語と正しい敬語例

初回公開日:2016年12月12日

記載されている内容は2016年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング