IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上司へのお礼メール例文|件名の書き方(会食後などの状況別)

更新日:2022年12月02日

メール・手紙

教えを受けたり、仕事をサポートしてもらったりと、お世話になる上司へはきちんと感謝を伝えたいものですね。お礼メールを書く場面は多々あることと思いますが、ビジネスマナーにのっとって失礼のないようにしましょう。上司に喜ばれるお礼メールの書き方を解説します。

上司や取引先へ感謝を伝えるお礼メールの書き方について、おわかりいただけましたか。 お世話になった際に、遅れることなくタイミングよく、簡潔でわかりやすい構成のメールを送ります。ビジネスメールの基本に立ち、ぱっと見てわかるお礼メールを書きましょう。

また、仕事は利益が優先、経費や時間を節約することが眼目とされますが、いっぽうで人間関係を良くすることに努力を惜しんではいけません。 忙しくても、お世話になった方には礼儀をつくして感謝を伝えるビジネスマナーを、きちんと積み上げていくことで、社会人としてもビジネスパートナーとしても、あなたの評価が上がっていくでしょう。 上司や目上の方の立場にたって、愛される部下になるお礼メールを書きましょう。 参考:これで差をつける!お礼メールの正しい書き方 | サイバーユニバーシティ株式会社

初回公開日:2016年12月14日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング