IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人と話したくない・関わりたくないときの対処法・おすすめの仕事

更新日:2020年03月05日

マネジメント

人と話したくない・関わりたくないときの対処法をご紹介しています。また、なぜ人と話したくない・関わりたくないと感じるのか、原因についてもまとめました。その他、人とあまり話したり関わったりしなくて済む職業などもご紹介しています。

社会で生きていくのに欠かせないと言われているのが、人間関係や人との繋がりです。しかし、それに疲れて人と話したくない!関わりたくない!と思っている方も、いらっしゃるので、はないでしょうか? 今回は、「人と話したくない」「人と関わりたくない」と考えている人の生き方や対処法をご紹介していきます。

人と話したくない・関わりたくないという気持ちは2種類

人と話したくない・関わりたくないという考え方や気持ちには、2種類あります。

1、一時的に「今は」誰とも話したくない・関わりたくないと思う気持ち

一時的なものなので、「人と話したくない・関わりたくない」という気持ちを抱いている時間を乗り越えることができれば、問題ないでしょう。

2、人生観として「人と話したくない・関わりたくない」という考え方

生き方そのものに関係するものなので、人と話したり関わったりしなくても良い生き方をしていく必要があります。 「人と話したくない!関わりたくない!」と感じたら、その気持ちが一時的なものなのか、それとも人生観や価値観に基づくものなのか、気持ちの種類について考えてみましょう。

人と話したくない・関わりたくない時の対処法7つ

では、他人と話したくない・関わりたくない時、どのように対処すれば良いのでしょうか?対処法をご紹介していきます。

対処法①:自分の価値観や基準を優先する

自分で感じている「本当にたくさん努力した」という基準を優先していれば、他人の評価に一喜一憂しなくて済みます。 例えば、他人に叱られたり貶(けな)されたりするのが嫌で、人と関わったり話したりしたくない場合。自分が努力したことを、「まだまだだ」などと上司などに言われると、がっかりしますよね。 しかし、自分の基準や価値観を持つことで、人と関わることの面倒臭さが軽減できます。

対処法②:ゆっくり休む

どうしても人と話したり関わったりしたくない時は、思い切ってゆっくり休んでみましょう。 無理に人と関わらなければならない場所へ出ていくことで、さらに辛い思いをすることになるかもしれません。 仕事などのことを一旦忘れて、その日は会社を休んでしまうのも1つの方法です。休んだ分の埋め合わせが必要であれば、後日休んだ分はしっかり働くようにしましょうね。

対処法③:連絡などはなるべくメールで入れるようにする

どうしても会社を休むことが難しい場合は、業務中になるべく人と関わらないで済む方法を考えましょう。 連絡方法を工夫するのもおすすめの対処法です。 口頭で伝えなければならない連絡など以外は、なるべくメールやメモを使って人と接する機会を減らすことで、少しは気持ちが楽になるでしょう。

対処法④:自分に甘くなる

自分に甘くなることで、人付き合いにおけるさまざまな決まりやルールから解放され、気軽に人と話したり関わったりできるようになります。 人付き合いにおいて、「この人には必ず完璧な敬語で話さなければ…!」「話したからには、笑いを取らないと」などのルールや基準が厳しすぎると、人と話したり関わったりするのに疲れを感じてしまいます。 そういう場合は、思い切って、独自の基準やルールを崩し、ハードルを下げてみましょう。

次のページ:人と話したくない・関わりたくない人におすすめの仕事4選
初回公開日:2016年12月06日

記載されている内容は2016年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング