IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

肌が汚い女性にありがちな生活習慣とは?特徴や改善方法もあわせて解説

更新日:2022年10月03日

暮らしの知恵

ニキビや乾燥、毛穴の黒ずみなど、肌の汚さに悩まされたことはありませんか。本記事では、肌が汚い女性にありがちな生活習慣や、汚いと言われてしまう肌の特徴をご紹介します。肌トラブルや肌の汚さに悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてください。

肌は夜の睡眠中に日中に受けたダメージを修復します。そのため、質の高い睡眠は、すこやかな肌を目指す上でも大切なことです。 睡眠中には、成長ホルモンと睡眠ホルモンが分泌されます。この2つのホルモンは、肌のターンオーバーを促進したり、うるおいを保ってくれたり、肌の老化を遅らせる効果があると言われています。 さらに、肌のターンオーバーは、22時から深夜2時にかけて活発に行われると言われています。たくさん寝ればよいというわけではなく、なるべく夜更かしを避けて就寝するように心がけましょう。

ストレスを溜めないよう楽しい時間を作る

肌の汚い女性は、ストレスを溜めがちであるというのは先に説明した通りです。きれいな肌を作るには、なるべくストレスを溜めず、リラックスできる時間を持つことも大切です。 ストレスを与える刺激はストレッサーと呼ばれ、一般的に「ストレス」と言われるものは人間関係や仕事上の問題、家庭の問題に起因する「心理・社会的ストレッサー」です。ストレスは肌荒れにつながるだけでなく、心身の不調をも引き起こします。 ゆっくり入浴や休養をしたり、軽く体を動かしたりと、リラックスできる時間を持つことで、肌の調子の改善にもつながります。

肌に触れるものは清潔に保つ

肌に直接触れるものが汚れていると肌荒れにつながります。メイク用のパフやブラシはもちろん、シーツやまくらカバーなどの寝具もこまめに洗ったり、取り替えたりするのがいいでしょう。 とはいっても、汚れを落とすことに集中するあまり、洗剤を使いすぎたりするのはNG。すすぎ残しの洗剤は肌トラブルの原因になります。洗濯機で寝具を洗う際は洗剤の入れ過ぎに注意して、メイク用のパフやブラシを洗う際は専用のクリーナーやせっけんを使うのがおすすめです。

肌が汚い女性にありがちな生活習慣を見直し美肌を目指そう

肌が汚いと、そのことをコンプレックスに感じて顔を見られるのが嫌になったり、鏡を見るたびに気持ちが下がったりしがちです。 肌が汚い女性にありがちな生活習慣を見直し、肌質やメイクにあったスキンケアを心がければ、汚い肌から脱却することは可能です。すっぴんがきれいな女性を目指して、美肌習慣を身に付けていきましょう。

初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング