IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

固太りの特徴と原因とは?おすすめのダイエット法や食べ物も紹介

更新日:2022年07月28日

暮らしの知恵

よくある太り方とは異なる、特殊な太り方である固太り。ダイエットをしても痩せにくい固太りは、やみくもにダイエットや運動をするのではなく、固太りになる原因や対策についてしっかり理解する必要があります。効果的なダイエット方法を実践し、理想の体を手に入れましょう。

「あの人はぽっちゃりした体形をしているのに、自分はがっしりした体形をしている」 「同じダイエットをしているのに、自分だけは一向に痩せる気配がない」 同じように太っているのにあの人と自分は太っている状態が違う、と感じたことはありませんか? 本記事では固太りの特徴と原因、効果的なダイエット方法について解説します。また、固太りのダイエットに適した食材についても紹介します。 この記事を読むことで、自分の太り方は固太りなのか判断ができるようになります。もし固太りだった場合には、効果的に痩せる運動やダイエット方法を実践できるでしょう。 自分の太っているタイプは固太りなのかを確認したい人は、ぜひチェックしてみてください。

固太りとは?

固太りとは身体ががっちりとしていて固く、見た目もゴツい印象です。元々激しいスポーツをしていた人に多い太り方で、筋肉と筋肉の間に脂肪が入り込んで固くなっています。 ダイエットしてもなかなか痩せにくいと言われる固太りについて、理解していきましょう。

固太りの人は痩せにくい

固太りの人は、他の太り方と比べて痩せにくい傾向にあります。 運動をやめてしまった後に脂肪がついた場合は、筋肉と筋肉の間に脂肪が入り込んでしまっています。脂肪が固くなっているため、筋肉を脂肪が覆っている太り方よりも痩せにくくなってしまうのです。

固太りの特徴

水太りや脂肪太りとも異なる、特徴的な太り方である「固太り」ですが、ダイエット方法も他の太り方とは異なります。 ここでは、固太りの特徴について解説します。固太りの特徴をしっかり理解して、固太りの体に向いている運動やダイエットをしていきましょう。

太っているが筋肉量が多く見える

固太りの人は脂肪と同じくらい筋肉もがっちりとついているため、ぷよぷよした感じではなく、身体全体がガチガチと固い感じになっています。 そのため、たとえ太っていたとしても、見た目には筋肉質でガタイがいい印象があります。 ただ、痩せてスッキリしたスタイルになりたい人にとっては、「ゴツい」「たくましい」と言われても、ちっとも嬉しくない事でしょう。

脂肪を掴みにくい

お腹や太ももなど気になる部分を掴んでみたときに、なかなか掴めないようであれば、固太りの可能性があります。掴もうとして痛みを感じたなら、奥にある筋肉も凝り固まっている事でしょう。 その場合、食事制限などの脂肪を落とすダイエットではなく、身体全体のボリュームダウンを目指すダイエットを行う必要があります。

下半身が太い

固太りの特徴を一番表しているのは、上半身より下半身の方が太くなりやすいということです。特にふくらはぎに筋肉がつきやすく、「ししゃも足」になってしまう人も少なくありません。 上半身は細く、下半身は太く見えアンバランスであるため、特に女性の場合は部分瘦せを希望する人が多い傾向があります。

肌荒れしやすい

次のページ:固太りの原因
初回公開日:2022年07月28日

記載されている内容は2022年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング