IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

カウントダウンカレンダーを手作りしてみよう|おすすめの商品も紹介

更新日:2022年11月18日

暮らしの知恵

イベントまでの日も楽しみたい、大事な日までの日数を常に把握していたいと感じたことはないでしょうか。この記事ではカウントダウンカレンダーの手作り方法や材料について詳しく紹介しています。自分好みのカウントダウンカレンダーを作ってみたい方は、是非読んでみて下さい。

好きなキャラクターを入れる

もしあなたが誰かのためにカウントダウンカレンダーを手作りするのなら、その人の好きなキャラクターをデザインの中に取り入れるのも良いアイデアです。 好きなキャラクターがデザインに取り入れられていることで、喜んでもらいたいという気持ちをしっかり相手に伝えることができます。カウントダウンカレンダーにこれまで馴染みがない方にも、嬉しいサプライズ要素となるでしょう。 お子さんのお誕生日など、相手に好きなキャラクターがいる場合は是非試してみて下さい。

デザインやイラストを工夫する

せっかく手作りするのならば、数字のフォントやデザインなどにも自分の好みをとことん反映させてみましょう。こだわって作り込むことによって、インテリアとしてのクオリティも高くなる上、愛着のある作品に仕上げることができます。 好きな色や好みのイラストなど、カスタマイズしてデザインする時間を楽しみましょう。満足のいくデザインが決まったら、いよいよ制作の工程に入っていきます。

簡単なカウントダウンカレンダーの作り方

カウントダウンカレンダーには、カウントダウンを始める日からイベント当日までの日付を記したアイテムが必要です。 卓上タイプなら小箱を用意して並べることや、小さな袋を活用して無造作にカゴなどに入れておけば、宝探しのような遊びも楽しむことができるでしょう。 壁掛けタイプならポスター風にしたり、ウォールポケットを活用したり、紐に通してハンギングしたりするなどデザインに合わせて様々なアレンジが可能です。 ここからはカウントダウンカレンダーの手作りに適した材料を紹介していきます。

画用紙で作る

工作などでよく使われる画用紙は、カウントダウンカレンダーの手作りにとても適したアイテムです。身近な場所で調達できる上、色のラインナップがとても豊富で、加工に最適な素材といえるでしょう。 めくるタイプのカレンダーにして写真の台座にする、ポスター式のカレンダーを作る、小さな箱を作る、キャラクターの飾りを作るなど、様々なアレンジがきくのも助かります。 画用紙1つでもカウントダウンカレンダーは作れますが、他の素材を主体で作る時でも、飾り付けに利用できるなど活用の幅は広いです。

折り紙で作る

折り紙も手軽に使えるアイテムとしておすすめです。 最近ではデザインシートと呼ばれる、カラフルな模様がプリントされた折り紙もたくさんあります。中でも、ステンドグラスタイプの透かしの入ったデザインシートは、クリスマスシーズンにぴったりといえるでしょう。 小さな袋を折ってみるのもかわいいですが、折り紙は包むことができるため、他のアイテムとの組み合わせにもとても相性がいいアイテムです。 トイレットペーパーの芯を小さく切って、中にお菓子や小物を入れたものを包んで日付を書けば立派なカウントダウンカレンダーを手作りできます。方法の1つとして是非参考にしてみて下さい。

牛乳パックで作る

牛乳パックの魅力は強度とその形です。正方形の形を生かせば同じ形の箱がいくつも量産できるため、引き出しなど凝った工夫をしたい時にはベストな素材といえます。 強度があり長く使用できるという利点もあるため、日付だけ取り外して付け替えられるように加工しておけば、活躍の場が増えるでしょう。 デメリットがあるとすれば、素材が揃うまで牛乳を何本も消費する必要があるということです。カウントダウンカレンダーを手作りする際に牛乳パックを使用するのであれば、イベントの月まである程度の余裕を持って、コツコツ集めておくようにしましょう。

100均の材料で作る

次のページ:フェルトで作る
初回公開日:2022年07月20日

記載されている内容は2022年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング