IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

股下の平均値とは?測り方や自分に合うパンツの選び方を紹介します

更新日:2022年12月06日

暮らしの知恵

洋服を購入する時に自分の股下サイズを把握して購入していますか。自分では普通と思っていても、普通の長さや平均はどのくらいなのでしょうか。本記事では股下の測り方や日本人の平均、洋服の選び方について紹介しています。股下サイズに迷った時はぜひ参考にしてください。

ジャストサイズは自分の股下±1センチ

パンツの裾丈でおしゃれに見えたり、野暮ったく見えたりもするでしょう。男性の場合はくるぶしが見えるくらいのノークッション、裾が靴の甲に触れる程度のハーフクッション、靴の項に裾が乗りしわが一段できる程度のワンクッション等の種類があります。 合わせる靴やシーズンによっても裾丈は変わりますが、いちばんシルエットが見えやすいのはハーフクッションです。パンツの種類や好みにもよりますが、ジャストサイズが希望であれば股下±1cmくらいを目安にするとよいでしょう。

股下の長さが気にならないパンツ

サルエルパンツは足が長く見えるというよりも、誰が着用しても足が短く見えるデザインのため、股下の長さを気にしなくてもよいパンツです。 オフィス向けでは股上が深く、ウエストが高く見えるテーパードパンツがおすすめです。腰まわりにタックがあり、裾に向かって細いデザインは足の長さだけでなく、細く見える効果も期待できます。 コーヂュロイ素材のパンツやサイドライン入りのもの、センタープレス入りのパンツはストライプと同様に縦線を強調することで、足が長く細く見えます。

股下に合わせたスカートの選び方

スカートはかわいさも上品さもあるファッションアイテムです。シンプルなつくりに見えてたくさんの種類があり、自分に合う形がはっきりしないまま悩むこともあるでしょう。 ここからは、股下の長さ別におすすめのスカートを紹介していきます。 丈の長さでやスカートの作り、生地によって見え方が変わってきますのでぜひ参考にしてみてください。

股下が長い人

股下が長い人には、ロングスカートとミニスカートがぴったりです。ロングスカートは足の長さがより強調され、スタイルがさらに良く見えるでしょう。ミニスカートは足の露出度が高く、足の長さを存分にアピールできます。 国内向けに製造されているスカートは平均体形に合わせて作られており、股下が長い人には合わないことがあります。気に入ったデザインでも試着してみたら短く見えて印象が違う、ということもあるでしょう。

股下が短い人

スカートで足を長く見せるには、形よりも丈が重要と言われています。ひざ下丈やひざ丈スカートよりも、ひざ上スカートの方が足の長さをカバーできるでしょう。 そして脚の付け根の位置がはっきりすると、必然的に足の長さが目立ってしまうのですが、その点スカートは体形カバーに向いています。とくにハイウエストのスカートはウエスト位置が高く、足が長く見えます。 フレアスカートやAラインスカートならお尻の形を拾いにくく、位置もごまかせるでしょう。

股下の長さが気にならないスカート

股下をカバーするには、ウエスト位置をあげることやボディラインを拾わないシルエットを選ぶこと、下半身を同色で纏めてスッキリと見せ、トップスや小物で下半身から視線を外すことがポイントです。 例えばハイウエストスカートなら、前側だけでもトップスをインしてウエスト位置を強調しましょう。タイトスカートなら黒のマキシ丈をおすすめします。すとんとしたシルエットと黒の引き締め効果で、足が細長く見えるでしょう。 また、ウエストを強調するようなワンピースも、ウエスト位置が高く見えるのでおすすめです。ベルトを使用してウエスト位置をアピールするのもいいですね。

足を長く見せたいなら

次のページ:足の長さが決まる要因とは?
初回公開日:2022年07月05日

記載されている内容は2022年07月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング