IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人生に疲れた時の対処法は?疲れる原因と気をつけるべき行動を解説!

更新日:2022年09月26日

言葉・雑学・歴史

人生に疲れたと感じた時の、原因や対処法について解説していきます。うまくいかないことが続き、人生に疲れた時に逃げたいと思う原因も紹介しています。虚しい感情や仕事が辛いことにも、上手に付き合っていく方法を知ることができます。

自分のために、相手のために、日々何かしら頑張っていることはありませんか。例えば、家庭を持っている方であれば、家族のために忙しく働いていることでしょう。学生の方なら、忙しい親の代わりに家事を手伝うこともあります。 その努力を、まるで当たり前のように捉えられてはよい気はしません。感謝されることが少ないと、頑張っている理由が分からなくなってしまうものです。 その結果、相手のために頑張ってきたことに対して、見返りを求めてしまうようになります。そのような自分にすら嫌気がさして、人生に疲れたと感じるようになるのです。

人生に疲れたと感じやすい人の性格

人生に疲れたと感じてしまう原因には、自分の性格が関係していることもあります。人生に疲れたと感じやすい性格を把握し、自分の性格に当てはまるか、確認していきましょう。

自分を否定してしまう

人生に疲れたと感じやすい性格の1つに、自分を否定するというものがあります。 自分と他人を比較してしまい、ネガティブな感情が常に先行してしまうのです。幼少期に褒めてもらった経験が極端に少ない方が、この性格になる傾向があるようです。 青年期と呼ばれる中学生から高校生のころだと、精神的な成長を抑え込んでしまう恐れもあります。「自分が悪い」と決めつけて、自らを追い込んでしまう状況は避けなければなりません。

完璧主義

人生に疲れたと感じやすい性格には、完璧主義の方も含まれます。名前からも想像できるように、何事にも完璧を求めてしまう性格のことです。 高い目標に向かって取り組むことは、決して悪いことではありません。一方で、完璧を求めすぎるあまり、うまく周りと連携ができないことがあります。 周りと連携をするよりも、一人の方が効率的だと判断してしまい、仕事を負担を抱え込んでしまうのです。いつしか一人で対応できる限界を超えて、うまくいかない現状を責めてしまう結果になりかねません。

思い込みが激しい

人生に疲れたと感じやすい性格には、思い込みが激しい方も当てはまります。自分の中で考え方が決まっているため、柔軟に対応できない方が多いのです。 この性格の方は考え方を否定されると、強くストレスを感じてしまいます。思い込みが強いため、常に自分の行動は正しいものだと考えている傾向があるからです。 そのため注意や指摘を受けると、非常に落ち込んでしまうことがあります。このようなことが積み重なり、人生に疲れたと感じやすくなるのです。

人生に疲れた時の過ごし方・対処法

自分の性格に合わせた対処法を見つけて、人生に疲れたと感じる機会を減らすことが大切です。対処法を身に付けて、日常生活を快適に過ごしていけるようにしていきましょう。

心身を休める

まずは、心と体を休める努力をしましょう。そもそも人生に疲れたと感じる時は、肉体的にも精神的にも疲労していることが多いです。 休みたいと考えることが許せないという方もいるでしょう。しかし、その考え方自体が、ストレスをためこんでしまう原因ということもあるのです。 心と体が健康的であれば、自然と結果もついてくるものです。疲れたと感じている自分を、認めることから始めてみましょう。

仕事や家事を手放す

人生に疲れたと感じている時に、何もしたくないと考えることは悪いことではありません。心と体を休めるためにも、負担になっている仕事や家事から一旦距離を置いてください。 仕事でも家事でも、少し休んだ程度で進行具合が大幅に遅れてしまうことはまずありません。休んでいる間は、仕事や家のことなどを極力考えないようにしてください。 少ない時間でも効率的に休めるように、ストレスの原因を遠ざけておくことが必要です。

次のページ:人生に疲れた時に取り入れたい思考
初回公開日:2022年01月05日

記載されている内容は2022年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング