IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

何度もすみませんは英語でなんて言う?英語表現3選と応用に使える表現4選

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

この記事では、「何度もすみません」を英語で表現する方法やそのポイント、さらに例文などについて紹介していきます。「何度もすみません」の英語表現を上手く活用することで、プライベートだけでなくビジネスシーンでもスムーズなコミュニケーションを図ることができます。

何度もすみませんの意味

近年、世界的なSNSの普及によって海外の人達との関わりが密になっています。そのため、英語で話しをする機会が増え、ビジネスだけではなくプライベートでも英語が必要になってきています。 今回、ビジネスシーンやプライベートで多用される「何度もすみません」というフレーズの英語表現について紹介していきます。まず、「何度もすみません」の正しい意味を以下で解説していきます。

正しい意味

「何度もすみません」を英語で話す際に、まず日本語でその意味を正しく理解していきましょう。 何度もすみませんは、「何度も」と「すみません」で分けることができます。前者の何度もは、「ある行動を何度も繰り返し行なう様子」や「回数の頻度が高いこと」を表す言葉になります。一方で、後者のすみませんは漢字表記で済みませんとなり、本来の意味としては「仕事・用事が済んでいないことへの謝罪の気持ち」を示すものです。 何度もすみませんの正しい意味は、「同じ仕事・用事を繰り返してしまい、それが終わっていないことへの謝罪の気持ち」になります。

何度もすみませんで伝えられる気持ち

「何度もすみません」という言葉を使う時に、相手にどのような気持ちが伝わるでしょうか。多くの場合、相手への謝罪の気持ちを表しています。けれども、謝罪以外の気持ちとして、日本では感謝の気持ちを示したい時に用いられています。 以下で、この「何度もすみません」で伝えられる気持ちについてみていきましょう。

謝罪

「何度もすみません」のその言葉を分けて、語源をみていくことで正しい意味を知ることができます。 何度もすみませんの正しい意味は、「同じことを繰り返してしまいその用事が済んでいないことへの謝罪」になります。そのため、初対面の人や初めての物事に対して、使用することはないので注意しましょう。

感謝

先にも触れましたように、何度もすみませんは「何度も」と「すみません」に分けることができます。後者にある「すみません」という言葉には、日本ならではの意味があります。それが、「感謝の気持ち」です。 すみまんには本来の謝罪の気持ち以外に、「相手が自分のために何かを行なってくれたことで、掛けてしまった負担を気遣う気持ち」を表します。 さらに、その相手が自分より目上の人の場合、感謝を表すのに「ありがとう」よりも「すみません」を選ぶことが多い傾向があります。

何度もすみませんの英語表現3選

ここでは、「何度もすみません」の英語表現を紹介していきます。丁寧な表現からカジュアルな表現、また自分に不手際や落ち度がある時の表現について解説していきますので、参考にしてください。

何度もすみませんの英語表現1:丁寧な表現

初回公開日:2020年01月20日

記載されている内容は2020年01月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング