IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エントリーシートの「会社に貢献できること」の書き方・例文

更新日:2020年05月19日

書類選考・ES

志望している企業の内定をゲットするためには、エントリーシートを充実させることは必至です。その中でも、「会社に貢献できること」の項目はとても重要度が高いことが多いです。人材として、より魅力的なセールスポイントを書きこむことで、あなたの内定率をぐっと上げることが出来るからです。

フォーマットにのっとって作成する

エントリーシートは、基本的に企業から開示されているフォーマットにのっとって作成です。データ送付の場合は、パソコンで作成するのが一般的です。相手が出して来ている形式から、敢えて外れたことをする必要はありません。他の応募者と差がつくと考えてしまうこともありますが、悪い意味で差がついてしまっては、意味がありません。

特記事項がなければ手書きがおすすめ

「パソコン、手書き、どちらでも構いません」という記載になっている場合、エントリーシートは手書きにしておくのがおすすめです。

確かに、手書きの方が手間がかかってしまいますが、文字を丁寧に書くことで、本気度が伝わりやすいという一面があります。流れ作業で作るイメージが払拭されやすいです。

また、丁寧に文字を書けるということは、社会人として重宝されやすいスキルのひとつでもあるのです。マメな性格や、真面目な資質をアピールすることにも繋がるでしょう。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

アクセスランキング