IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

概要の書き方と例文|会社概要・レポート/論文・職務経歴書

初回公開日:2018年01月09日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2018年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

概要の書き方のポイントについて、例文を交えながら具体的にご紹介していきます。報告書やレポートなど、何かと概要を書く機会は多いですが、その書き方を把握しておくことで、短時間でスムーズに概要をまとめることができます。ぜひ、本記事を参考にしてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

概要の書き方のポイント

概要の書き方のポイントについてご紹介していきます。会社概要やシステム概要など、書類の最初の方に概要を書く機会も多くなります。その概要の書き方をマスターしておくことで、書類を多くの人の目に触れてもらうことができます。 概要がしっかりしていないと、読むのも面倒になってしまいますので、そういった意味でも端的に伝わりやすい概要の書き方を抑えておくと良いでしょう。

企業の概要の書き方の例文

まずは、企業の概要の書き方の例文についてご紹介していきます。企業においても、会社概要や企画書、報告書などといった形で概要を利用する場面が多くあります。そういった書類の概要の書き方を覚えておくことで、スムーズな仕事へとつなげていくことが大切です。

会社概要

まずは、会社概要の書き方について見ていきましょう。会社概要には、会社名や従業員数、設立年度などを記載していきます。 例えば、「○○株式会社、従業員数100名、資本金2,000万円、設立1999年、事業内容:IT通信を用いたインフラ整備事業」などといった形で、会社概要を記載していきます。

システム概要

続いては、システム概要の書き方についてご紹介します。システム概要とは、主にIT企業で用いられるシステムに関する説明書の役割を果たすもので、システム全体を説明した書類となります。 その書き方としては、「会計管理システムを導入することで、会計処理の簡略化、正確性の強化に伴って生産性の高い仕事につなげていくことができます。それに伴い人員削減、コストカットの実現も可能となり、他部署への人員配置にも大きな役割を果たします。」といった形でシステム概要を記載していきます。

会議概要

会議概要とは、会議で話し合った内容について記載しておく書類です。その書き方としては、「工数管理システム導入の件について会議を行った結果、賛成多数により導入をすることを決定いたしました。導入時期や導入システムについては今後の協議で決めていくこととします。」といった形で会議概要を記載しておくことで、会議内容を一目瞭然で理解することができます。

企画書

続いては、企画書概要の書き方についてご紹介していきます。企画書に関しては、それ自体が採否の決定を左右する重要な書類となるので、丁寧に記載していくことが大切です。 例えば、「名刺管理サービスシステム開発を通して、名刺管理の一括化、一本化を図ります。そうすることで、交換した名刺を失くしてしまうリスクを軽減します。また、社内の名刺を一つのシステムで管理しておくことで、いつどこで誰と交換したのか把握することができるようになり、顧客との対話もスムーズにできるようになります。」といった形で、企画書概要を記載していくと良いでしょう。

報告書

続いては、報告書の概要の書き方についてご紹介していきます。報告書に関しては、具体的な内容については中身で述べることがポイントであり、概要では何の報告書なのか紹介する程度で構いません。 例えば、「○○システムトラブルの案件に関する報告書となります。先日の12月22日に発生しました。○○システムの障害トラブルに伴う損害と顧客に与えた被害についてご報告いたします。」といった形で概要を記載しておけば問題ありません。

レポート・論文の概要の書き方と例文

関連タグ

アクセスランキング