IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公務員に転職する銀行員が多い理由3つ|転職を成功させよう

転職事情

銀行員の仕事と、公務員の仕事では仕事内容の性質が異なります。転職をする際には、今までの経験を活かしたいと考える人が多いですが、銀行員が転職を考えた際には、仕事内容の性質が違う公務員への転職を希望する人が意外と多いです。それにはいくつか理由があります。

更新日時:

銀行員と公務員の仕事の性質の違い

銀行員と公務員の仕事の性質の違い

大企業や銀行などのように社会的に信用性が得られる仕事をしていても、同じ職場で長く働くことが良いこととは限りません。そのような場所で働いている人たちも転職を考えることはあります。 転職をする際には、今までの仕事で身に付けてきたノウハウを活かすことを考える人が多いです。しかし、中には今までとは違う職業へ転職する人もいます。これまでと違う職業へ転職する1つの形として、銀行員から公務員への転職があります。

銀行員は数字至上主義

銀行員が常に頭を抱えて悩んでいることはノルマです。銀行員でなくてもノルマが設定されている仕事は多いです。しかし、銀行員に求められるノルマは完全に数字至上主義で、ノルマを達成させるための上からの圧力がかなり強いと言われています。 また、そのノルマは貸出金では住宅ローン、フリーローン、保険では個人年金、がん保険など、細かく分けられています。そのため、銀行員は常に数字と戦うことになります。

公務員は文化系

公務員は銀行員の仕事とは逆の印象が強く、決められた仕事を事務的に流れ作業のようにこなすものが多いです。その仕事にはノルマもありません。目標設定とされる数字もありますが、その目標を達成できなかったからといって、減給や降格などもありません。 ただし、目標などが達成できなかったときには、その理由について考える必要があるため、数字ではなく、言葉や考え方が重要となるため、公務員は文化系の仕事に分類されます。

銀行員から公務員に転職する人が多い理由3つ

銀行員から公務員に転職する人が多い理由3つ

上記で述べた通り、銀行員は数字至上主義、公務員は文化系と、仕事内容が性質が異なります。転職をする際には、今までの経験を活かしたいと考える人が多いですが、銀行員が転職を検討する際には、仕事の性質が違う公務員への転職を希望する人が意外と多いです。 人によって転職の理由は様々ですが、これは銀行員として厳しい業界で仕事をした結果として、行き着く考えでもあります。

1:ノルマが大変

先に述べた通り、銀行員は数字至上主義で、毎日ノルマの圧力と戦いながら仕事をしています。また、単純に売り上げ総額のように、ノルマが1つにまとめられているわけではなく、いくつにも細分化されてノルマが設定されています。 これに対して、公務員の仕事ではノルマが達成に対する重圧がありません。数字至上主義の重圧に耐えきれなくなった銀行員は、数字から逃れるために公務員への転職を希望することがあります。

2:内部闘争

2:内部闘争

銀行員はノルマが大変なだけでなく、内部派閥の争いも大変と言われています。どこの派閥に属するかは、先輩などにそれとなく仲良くされて気がつくと、その先輩の属する派閥に入っているということもあります。 その先輩が後に偉くなったりすると、一緒に仕事を引き入れてもらったりなどすることで、大きな仕事が回ってきたりするようにもなります。もし、自分の派閥が他の派閥に負けてしまうと、大きな仕事の機会が減ったりします。

3:社内行事が多い

銀行員が意外と面倒に感じているのは社内行事です。社内行事は日常業務の時間外に行われるものが多いです。定番である送別会や忘年会くらいであれば他の仕事でもよくありますが、ときにはマラソン大会や、ワークショップの参加などもあったりします。 これらの社内行事は強制参加ではありませんが、参加しなかったことで周囲からの心象が悪くなるという雰囲気が強いため、よほどの理由がない限りは参加することになります。

公務員に向いている人の5つの特徴

公務員に向いている人の5つの特徴

上記などの理由によって、銀行員は転職を検討するようになることもあります。しかし、銀行員が転職を考えたとき、その転職先に公務員を選ぶ人が意外と多いです。 先に述べた通り、銀行員と公務員では仕事の性質が異なります。ですが、銀行員が公務員を転職先に選ぶのは、仕事上の性質が違っても、銀行員として仕事をしてきたことで自然と公務員に向いている能力を身に付けていることがあるためです。

1:記憶力が良い

銀行員はいくつものノルマを達成するために、非常に多くの知識を頭に入れておく必要があります。そのため、記憶力が日常的に鍛えられていきます。 公務員の仕事では事務的なものが多くなります。なので、毎回同じような流れの仕事をすることが多くなります。銀行員で鍛えた記憶力があれば、必要な知識や情報を頭に入れておくことができるため、仕事をするたびに速度と精度を上げていくことができます。

2:説明が上手い

2:説明が上手い

銀行員では単にサービス内容を説明するだけではお客さんに利用してもらうことができません。お客さんにとって、どのようなメリットがあるかをわかりやすく伝えて、興味を持ってもらう必要があります。そのため、商品説明の力が鍛えられます。 公務員の仕事は文化系です。そのため、話しの組み立て方が重要となる場面も多いです。そのようなときに、銀行員として身に付けた商品説明の力が役に立ちます。

3:大きな変化を求めない

公務員の仕事にもノルマはありますが、そのノルマを達成できなかったからといってペナルティがあるわけではありません。そのため、公務員は大きな変化を求めずに、できるだけ毎回同じような仕事の流れを作ることが求められることもあります。 銀行員から公務員に転職を検討する人には数字至上主義から離れたいと思っている人もいます。そのような人は、数字をあげるために大きな変化を求めることがありません。

4:同じような作業を続けられる

4:同じような作業を続けられる

公務員の仕事は事務的なものが多いです。そのため、毎日の仕事が似たようなものとなります。また、銀行員のように出張や転勤が頻繁に行われることもないため、仕事をする環境もあまり変わりません。 銀行員が転職を考えるよくある理由の1つに、その頻度の高い出張や転勤があります。そのため、変化のない日常で仕事を続けることを求めて公務員へ転職する人もいます。

5:公務員から銀行員は難しい

数字至上主義から離れるために、銀行員から公務員への転職を検討する人は意外と多いです。しかし、逆に公務員から銀行員への転職は難しいでしょう。 人の性格にもよりますが、公務員の仕事をしてきた人が、急に数字至上主義を求められても、対応することができずに疲弊してしまうでしょう。また、公務員という環境で仕事をしてきた人が銀行員の環境を求めることも少ないです。

銀行員が転職で成功するには

銀行員が転職で成功するには

銀行員が転職に希望する先は公務員だけではありません。他の職業に転職を希望することも当然あります。転職は仕事の環境を変えるためには有効な手段ですが、リスクを伴うものでもあります。なので、転職を成功させるためにも、いくつか注意しておくべき点があります。

スキルや知識を生かす

銀行員はいくつもの厳しいノルマを達成するために、多くの知識や経験を身に付ける必要があります。 その知識と経験には、お金に関する扱い方や法律、人との接し方、仕事に対する忍耐力など、どのような仕事にも活かすことのできるものが多いです。なので、銀行員として身に付けたこれらの知識や経験を武器に転職活動を行いましょう。

早めに行動する

早めに行動する

銀行員に限ったことではありませんが、同じ仕事を続けることは立派なことですが、長く同じ仕事を続けたことによって、知識や経験が偏ってしまい、転職に不利となってしまうことがあります。 また、単純に長く仕事を続けたことで、年齢も重ねているため、新しいことを始めることが難しくなると判断されてしまうこともあります。ただし、知識や経験を活かした転職であれば、即戦力となるため、有利となることもあります。

20代の方が転職先が多い

上記で述べた通り、長く同じ仕事をしていると、知識や経験が偏ってしまいます。そのため、今までと全く違う仕事に転職したい場合には不利となってしまうこともあります。 ですが、20代のうちに転職を決めた場合は、今までと全く違う仕事であっても、若い世代であればこれから知識と経験を積み直すことが十分にできます。そのため、転職先の幅は若い方が一般的に多くなります。

転職は準備とタイミング

転職は準備とタイミング

同じ職場で長く働き続けることが必ずしも良いとは限りません。新しい仕事の環境を求めて転職をした方が良い場合もあります。ただし、転職にはメリットもあれば、デメリットもあります。 なので、転職前にはメリットとデメリットの両方を把握して、事前準備とタイミングを間違えないようにしましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

転職にはリスクもあります。転職活動を始めてみると、思うように仕事が見つからなかったということもあります。転職活動を成功させるためには、転職のタイミングや事前準備、転職希望先の情報集めなどをしっかり行っておきましょう。

アクセスランキング