IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

郵便局の速達の受付時間・料金と到着までに必要な日数|土日

初回公開日:2018年04月06日

更新日:2020年02月21日

記載されている内容は2018年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

郵便局での速達受付時間、料金、他の郵便物との違いなど、速達に関する詳細について詳しくご紹介します。初めて速達を出すという方は、速達がどういう郵便物で、どのように扱われるかの把握した上で、大切な郵便物を発送するようにしてください。

速達はいつ届けてもらえる?

速達といっても郵送物を何処から出し、届け先にはどのくらいの期間を要しいつ届くのか、どのような郵送物に速達を使えるのかなど、分かりにくいことが多くあります。 こちらの記事では「速達オプションを活用するとどのくらいの期間で届くのか」「郵便局とポストとでの違い」について詳しく解説していきます。大切な郵送物を効率良く届けるために、速達オプションを上手に活用し、便利な生活を送ってください。

郵便局窓口から送る速達便の出し方

郵便局窓口では定型郵便物、ハガキ、郵便書簡、定型外郵便物、ゆうメール、定期刊行物、学術刊行物などを速達便郵送物として送ることができます。郵便局での郵送方法はポスト投函と何ら変わりはありませんが、切手を貼らずに持ち込めることが大きな違いだと言えます。また、ゆうメールは郵便局で郵送物のサンプルを提示することが必要となります。 郵送料金に不安がある場合や大量に発送しなければならない場合などは、郵送費に誤差が生じる可能性があります。郵送料金不足で差し戻しになり、相手方にいつ届くかわからないという事態に陥ることを避けるめにも、郵便局窓口で直接送ることをお勧めします。

速達料金はどのくらい加算されるもの?

郵送物を速達で送る場合は、手紙やハガキなどの郵便物や荷物の郵送料に速達料金を加算する必要があります。 下記の「オプションサービスの加算料金一覧」にて速達料金を調べることができますが、重さや大きさなどの差異が生じる場合がありますので、オプション料金に不安がある方は郵便局窓口にて郵送手配をすることをお勧めします。

郵便局からもポストから送れる速達

相手の手元に届けられる時期に影響を与えるので、郵便局を速達で郵送する場合には、必ずどのタイプの郵便物にも「赤い線」と「速達」の書き込みを入れることを忘れないようにしましょう。この2点の書き込みこそが速達であることを示す印になります。 また、郵便物の重さに対する郵送料に速達料金を加算した金額分の切手を正しく貼れば、ポストからでも郵便局窓口からも送れます。相手の手元に届けられる時期に影響を与えるので、切手料金を間違えないようにすることが大切ですが、郵送料に不安がある場合は、間違いのないように郵便局窓口にて手続きをしてください。

定形郵便物

定形郵便物は最少サイズが9cm×14cmで、最大サイズが2.35cm×12cm×1cm、重さが50g以内の郵便物のことを指します。重さに対する切手を郵送料として貼り付けます。速達を利用することができますので、速達料金も加算した郵送料を切手で貼り、郵便局窓口かポストに投函します。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。

はがき (第二種郵便物)

定型郵便物規格内サイズのハガキは、最少サイズが9cm×14cm、重さは50g以内です。オプションとして速達の利用ができますので、重さに対する郵送費と速達料金分の切手を貼ることで、ポストからでも郵便局窓口からでも送ることができます。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。

定形外郵便物

規格内サイズが最大で34cm×25cm×3cm、重さは1kg以内です。規格外は一辺が60cm以内で三辺の合計が90cm以内で、重さが4kg以下の郵便物のこと(円筒は14cm×3cm)です。重さに対する郵送費分の切手と速達料金とを合わせてた郵送料を切手で貼り、郵便局窓口かポストに投函します。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。 定形郵便物や定形外郵便物、郵便書簡(第一種郵便物)やハガキ(第二種郵便物)以外にも以下の郵便物をポストから送れます。詳細は「速達料金を含めた各種の料金計算・いつ届く?」をご参照ください。

郵便書簡(ミニレター)

定形郵便物に含まれる郵便物のことで、サイズは16.4cm×9.2cm以内、重さが25g以内とされています。郵便局窓口でのみ販売されている専用の封筒料金だけで利用できる全国一律料金の郵便物です。手紙はもちろんですが、旅行券やQUOカード、図書カードなどのサイズが小さい金券の発送だけでなく、信書にも利用できるサービスです。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。

雑誌等の定期刊行物 (第三種郵便物)

一辺が60cm以内、三辺合計が90cm以内で、重さが4kg以下とされている郵便物のことです。重さに対する郵送費分の切手と速達料金とを合わせてた郵送料を切手で貼り、郵便局窓口かポストに投函します。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。

学術刊行物など (第四種郵便物)

9cm×14cm以内(筒状は直径3cm×14cm以内)、重さは50g以内とされています。オプションとして速達の利用が可能なので、重さに対する郵送費と速達料金分の切手で貼ると、ポストや郵便局窓口からも送ることができます。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。 詳細は「第三種・第四種郵便物・料金・いつ届く?」をご参照ください。

ゆうメール

縦××厚さが1.7m以内で重さは3kgまでの郵便物です。外装のわかりやすい所に「ゆうメール」と赤文字で書くこと、送る時には内容物が確認できることが大切です。郵便局窓口であれば問題ありませんが、ポスト投函の際は封筒(または袋)の納入口の一部を開いておくか、包装外部に無色透明部分を設けることが必要です。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。 詳細は「ゆうメール・料金・いつ届く?」をご参照ください。

書留とは何か

書留とは「書留郵便」の略称で、郵便物を確実に送り届けるために、特別取扱いとして送り主が保険をかける郵便物のことです。郵便物を預かってから宛先に届くまでの記録を詳細に把握します。郵便物が届かない、破損したなどのトラブルが起こった場合には、損害要償額範囲内で、実損額を賠償してもらえます。 書留は、仕事の重要書類やコンサートチケット、願書などの重要仏の送付に活用されることが多く、大きさや重さに伴う郵送費と保険料金が加算された文が郵送費となります。配達員が届け先へ直接手渡しするので、ポスト投函で配達が終わることはありません。届け先が不在の際は必ず不在票が投函され、再配達依頼も可能な仕組みとなっています。 書留は速達を併用する場合が多く、郵送料には賠償保険額と速達額が加算されるので、郵送料を間違う可能性もあります。確実に届けるために郵便局窓口にて手続きを行いましょう。

書留はポスト投函と郵便局窓口のどちらが良い?

ポスト投函をすると書留も一般郵便物扱いとなるので、ポスト投函はできません。必ず郵便局に出向き、「書留でお願いします」と窓口で伝えましょう。 郵便物に郵送費と速達分の切手を貼り、赤文字で「書留」「速達」と記し、ポスト投函しても、「書留の速達」として扱ってもらえないので注意が必要です。必ず郵便局窓口にて手続きを行ってください。

郵便局から送る書留と速達の利用方法

郵便局では定形郵便物と定形外郵便物、郵便書簡、ハガキ、雑誌定期刊行物、ゆうメール、学術刊行物、心身障がい者用ゆうメールを書留にて利用することができます。ただし、ゆうメールと心身障がい者用ゆうメールでの現金書留取り扱いはありませんので、ご注意ください。

一般書留

郵便物を出した引受先の郵便局、経由した郵便局、郵便物が到着した配送先郵便局を記録してくれます。簡易書留と比較するとより詳しく記載されているだけでなく、賠償額は10万円以下の実損額とされています。賠償額が10万円では不足してしまう貴金属や宝石類、貴重品などは保証料を追加することで、最大500万円までの賠償額を保証することができます。 また、一般書留にはオプションとして速達を利用することができますので、必要な場合は郵便局窓口にて一言添えてください。

現金書留

現金を直接送る場合に使用する書留です。一般書留と簡易書留では現金の取り扱いは行っていませんが、現金を入れて送る専用封筒やのし袋に入れてお祝いを送る場合の専用封筒が郵便局窓口で販売されています。 また、現金書留にはオプションとして速達を利用することができますので、必要な場合は郵便局窓口にて一言添えてください。

簡易書留

一般書留を簡単に扱った書留です。詳細の記録はなく、郵便物を出した引受先郵便局と郵便物が到着した配送先郵便局のみを記録しています。一般書留と比較すると郵送料金は割安で、賠償額も5万円以下の実損額とされ、扱いやすい種類の書留です。 また、簡易書留はオプションとして速達を利用することができますので、必要な場合は郵便局窓口にて一言添えてください。

郵便局で速達を利用した場合、書留はいつ届く?

書留と速達を利用した場合の最小限の宛先と、最大限に宛先を広げた場合で届く日数に違いがあるのかについてご紹介します。 郵便局窓口にて25gの定形郵便1通を簡易書留で送ると仮定した場合、最小限の宛先と最大限宛先とではどの程度の日数差が生じるのでしょうか。 宛先と差出元を共に「東京駅」と仮定した場合、届けるのに必要な最短日数は1日間で、翌日の午前には届くことになります。 仮に宛先を沖縄県の最南端「沖縄県八重山郡竹富町波照間」に、差出元を北海道の最北端「北海道稚内市宗谷岬」とした場合、届けるのに必要な最短日数は2日間最短で、翌々日午後に到着します。 詳細は下記の「郵便書留の料金・いつ届く?」をご参照ください。

郵便局窓口での速達受付時間は?

「速達がいつ届くのか?」という質問にシンプルにお答えすると「郵便局やポスト出した時間、送り先と受取先との距離により異なります」という答えが正しいと言えます。しかし、これではどの程度の時間を要するのかが分からないので、発送した時間帯にフォーカスしながら解説します。

郵便局へ朝一番で出した場合は翌日午前着!

郵便局やポストに朝一番に出せた時には、翌日の午前には受取先に届くことになります。12時までに出すことができれば、こちらの扱いになります。

正午までと正午過ぎの扱いはどうなる?

「正午頃」は微妙な時間帯といえますが、一般的に「12時前に郵便局やポストに出せれば朝一番に出したのと同じ扱い」となり「12時を過ぎて郵便局に出した場合には17時までに出したのと同じ扱い」ということになります。 つまり、正午頃までに郵便局に出せば翌日の午前中には届くということになり、17時までに郵便局に出せば、翌々日の午前中には届けてもらえることになります。 ただし気を付けるべきは、これは「郵便局窓口」で出した場合ということです。ポストによっては回収が少ないこともあります。これが影響して回収時間を逃すと、翌日まで回収されないという場合もありますので、この事例を確約できないことも多々あります。

夜の場合はどの扱い?

お住まいの地域やポストによっては、夜の回収をしない場合もあります。そういった場合には翌日の回収となりますので、翌日の朝一番の回収(翌々日の朝のお届け)となります。速達郵便の届く日数で失敗しないためにも、郵便局窓口に持ち込むことをお勧めします。

速達が最短で届く朝の時間

郵便局の配達員が配達を始めるのは9時30分頃とされていまるので、午前中であれば早い時間が9時30分頃、次いで14時頃、次に17時30分以降が最速だと言えます。 地域や郵便量より変わりますので、この時間帯についてはあくまでも目安としてお考えてください。

郵便局の速達に必要な日数を把握する

郵便局の速達に必要な日数を把握する

送り元と宛先の距離によって、いつ届くかという違いがあるのでしょうか。

同じ郵便局管轄内の場合

同じ管轄の郵便局の場合は、早く送り先に届けられることが予想できます。夕方17時までに出すことができれば、基本的に翌日午前には届きます。

同じ市内で管轄が違う郵便局の場合

同じ市内でも管轄郵便局が異なる場合があります。その場合でも夕方17時までに郵便局へ出すことができれば、基本的に翌日午前中には届きます。

同じ県内の場合

同じ県内の場合、夕方17時までに郵便局へ出すことができれば、基本的に翌日午前中には届きます。管轄内から県内程度の距離である場合には、午後の早い時間帯に出すことができれば、基本的に翌日午前中には送り先に届くと言えます。

県外の場合

県外といっても、隣接する場所から遠方までさまざまです。東京から京都へ送る場合は、翌日午後の便で届きます。また、その反対も基本的に同日数で届きますので、ご参考にしてください。

曜日で届く日数は違うもの?

曜日で届く日数は違うもの?

速達の場合、曜日によって到着日が異なるのでしょうか?

平日の場合

平日に発送した速達は、普通郵便と同じように届けてくれます。

土曜日の場合

速達は普通郵便と異なり、土曜日も平日と同じく配達してくれます。

日曜日の場合

速達は普通郵便と異なり、日曜日も平日と同じく配達してくれます。

速達は土日祝でも関係なく届けてくれる

速達が普通郵便と大きく異なるのは、土日祝でも平日と同じく配達してくれるということです。土日を挟む場合、普通郵便では到着に遅れが生じますが、速達ではその心配がありません。近くの地域へ速達で発送するのはメリットがないように感じますが、土日を挟む場合には効率的な郵送方法です。

速達の出し方で注意したいこと

速達の出し方で注意したいこと

速達郵便を発送する際に注意したいのは下記の3つです。 ①ポスト投函の場合は、切手の郵送料金不足に注意 ②郵便局へは17時までに持ち込みを ③「速達」と自分で記入する場合には、赤字で大きく見やすく封筒上部に赤線を入れることも忘れずに この3つの注意点を抑えれば、速達は問題なく配達してもらえるので、届け先にいつ届くかわからないという不安は解消されます。

ヤマト運輸で送れる速達と方法・いつ届く?

ヤマト運輸はクロネコメンバー割(クロネコメンバー割BIG)や持ち込み割引が充実しいて、工夫次第では郵便局よりも安く荷物を送ることができるだけでなく、到着予定日時を指定できるので、いつ届くのかが明確で安心です。

宅急便タイムサービスは?

宅急便の速達にあたるのは「宅急便タイムサービス」です。関東地域を差出元・宛先として最少サイズの60サイズを発送したと仮定します。宅急便料金に速達料金をプラスした配送料を支払うと、翌朝10時までに配達してくれます。(ただし、エリアにより預かり締切時間や指定可能な届け日時は異なります) また、クロネコメンバー割(クロネコメンバー割BIG)の利用で配達料が10%~15%安くなり、営業所への持ち込み割でさらに100円お得に送ることができます。(2018.02.08時点)しかし、これらのサービスは着払いや往復宅急便、コンビニ受け取りには利用できないので注意してください。 詳細は「宅急便タイムサービス・料金・いつ届く?」をご参照ください。

超速宅急便はいつ届く?

宅急便の速達を関東発着と北海道発着(九州・沖縄は着のみ)に絞ったものが「超速宅急便」です。関東地域を差出元とし、北海道稚内市宗谷岬を宛先として最少サイズの60サイズで送ったと仮定すると、翌日の夕方には到着します。 こちらも宅急便タイムサービス同じで、宅急便料金に速達料金をプラスした配送料で配達してくれます。(ただし、エリアにより預かり締切時間と指定可能な届け日時が異なります)クロネコメンバー割(クロネコメンバー割BIG)の利用で配達料が10%~15%安くなり、営業所への持ち込み割でさらに100円お得に送ることができます。(2018.02.08時点) しかし、これらのサービスは着払いや往復宅急便、コンビニ受け取りには利用できないので注意してください。 詳細は「超速宅急便・料金・いつ届く?」をご参照ください。

上手に速達オプションを使おう!

上手に速達オプションを使おう!

速達はおおむね(離島などの例外あり)翌日の夕方にまでは届くということをご理解いただけたでしょうか。急いでいる時や土日祝日でも届けて欲しい場合には、とても便利な郵送方法だと言えます。 17時までに郵便局窓口に持ち込むのが安心な発送方法ですが、ポストに投函する場合には、郵送料金不足や見やすく大きな赤字で「速達」と書かれているか、上部に赤線を引いたか点に十分気を付け、確実に郵送ができるようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング