IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

証券会社の就職難易度・3|偏差値

初回公開日:2018年04月19日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

プログラミング学習

皆さんは証券会社に興味がありますか。証券会社は激務・高給・出世ありとやりがいのある仕事を探している就活生にとってはピッタリな条件が揃っています。そこで今回は証券会社のアレコレについてと一緒にご紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

証券会社の就職難易度3は?

投資家が有価証券を取引する際に仲介役としての役目を果たしている証券会社は、不動産会社や保険会社と並んで高給取りの代名詞になっているので、就職を望んでいる人も多いでしょう。実際には日本証券業協会が承認している日本の証券会社は180社以上にも登るので、就職するにしてもどの証券会社を希望先にしたらいいのか分からない場合も考えられます。 そこで今回は証券会社への就職に関するアレコレについてご紹介していきます。

3.SMBC日興証券

日本の3大証券会社といえば野村證券と大和証券、そしてSMBC日興証券です。SMBC日興証券の就職難易度は他2社よりも低めに考えられており、実際に最高倍率は20~30倍程度に収まります。とはいえ野村證券などと同じく書類選考は数十人に1人しか通過しませんし、面接まで行っても数倍の倍率はあるので、就職するのが難しい事には変わりありません。 またSMBC日興証券の部門はクラスⅠとⅡで大別されており、それぞれで採用が異なっている事も知っておきましょう。

2.大和証券

就職難易度の2は大和証券になります。こちらも野村證券と並んで大手の証券会社であり、最高倍率は50~100倍と言われています。なので野村證券ほどの就職難易度ではないものの、書類選考やES選考の段階で厳しい競争が始まりますし、特に出世コースに入りやすいとされている総合職はが高く、偏差値の高い名門大学の学生も応募するのでエリア総合職や専任職よりも難易度は上がるでしょう。

1.野村證券

日本の証券会社の中でも有数クラスに知名度が高い野村證券ですが、それに伴い就職の難易度も高いです。平均して150校以上から学生を採用しているので、他と比べて門戸は広く開かれている方ですが、その分全体での倍率はおおよそ100~150倍になっています。 金融業界への就職を希望している学生のほとんどが応募をするので、必然的に倍率は高くなりやすく、書類選考の時点でかなりの数がふるいにかけられます。 証券会社の求人を探すなら、転職エージェントがです。証券会社の求人が多くあるエージェントもありますので、そちらで相談してみましょう。あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

証券会社の就職に必要な偏差値

証券会社は他の業界と比べてあまり偏差値は考慮しません。というのも基本的には激務であり、所属部署によっては転勤も頻繁にあるので、偏差値よりも人格やタフネスさを重視する傾向が強いです。当然偏差値は高いに越した事はありませんが、いくら能力があっても仕事に適応できなかったり、肉体的・精神的に弱い人はあまり証券会社には向いていないでしょう。 それでも証券会社に就職したいという場合には、おおよそ偏差値50以上が目安になってきます。

証券会社の就職に有利な資格は?

証券会社で働く上で必要な資格としては「外務員資格」というものがあります。「外務員資格」は一種と二種で別れているので入社して直ぐに一種を取得し、経験を積んだ後に二種を取得するという流れが一般的です。他にも証券投資の分野における専門的な知識を証明する「証券アナリスト」などもありますが、基本的にこれらの資格は入社後に取得する事を求められるので、学生時代に取得する必要はありません。 結果として特定の資格を持っていたら就職に有利になるという事はあまりありませんが、「ファイナンシャルプランナー」や「宅地建物取引士」といった資格を持っていれば就職の際にアピールの材料にはなるでしょう。

証券会社の就職に学歴は必要か?

関連タグ

アクセスランキング