IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【シーン別】怒らない方法・心理・性格・生き方・おすすめの本

自己啓発

仕事でも家庭でも、学校生活でも怒っている人必ずいます。そもそも何故怒りを抑えられない人がいるのでしょうか。怒らない人は羨ましいです。怒らない方法とはいったいどうしたらよいのでしょうか。まず怒りたくなる原因を分析してみましょう。

更新日時:

シーン別で怒らない方法を紹介!

シーン別で怒らない方法を紹介!

人間生きていれば、必ず怒るシーンがあります。また「怒り、愚痴」「欲望(煩悩)」など、人間の心の中には、このような扉がいくつか存在しています。 その心の扉は、自分自身の周辺の環境に触れることで、簡単に開いてしまいます。 起こる原因はもちろん環境に触れるからこそですが、自分の感情さえコントロールができれば、怒る必要なんてありません。しかし現代人はコントロールができないのが悩みとなっているのも現状です。どのようにしたら感情を抑えることができるでしょうか。シーン別で紹介します。

子育てで怒らないようにしたい

子供は思春期になるまで、まだしっかりと心が成長できていません。というのも、産声を上げた時から、ミルクが欲しいと泣き、おもちゃが欲しいとパパやママにおねだりをしてみたり、とにかく煩悩で動いていると言っても過言ではありません。 親の事情でとにかく子供に怒りをぶつけたり、とにかく「怒る事がしつけだ」は間違いです。正論を子供にぶつけても理解力はまだありません。親としてやるべきことは「やったらこうなる」という事を見せてあげること、また、親として怒りに任せて怒り散らしても意味がなく、とにかく怒らないで冷静に対応する事です。

経営者として怒らないようにしたい

起業して従業員を雇う人間であっても一人の人間です。会社を成長させるためにも従業員のほか、取引先などの顧客との信頼性があってこそです。会社を経営する一人の人間が、部下などに怒らないで対応することが会社の評価にも比例してしまいます。 もし仕事上で部下が、何か失敗したりした時は、まず怒らないで冷静に話を聞いてあげましょう。誰も怒られたくて失敗したわけではありません。ですが、経営に関わる重大な事で失敗したら、やはり叱るところは叱るべきです。「怒る」「叱る」は全く意味が違います。

歯医者は患者さんに怒らない

歯医者に行かない人というのは、だいたい虫歯を放置したら怒られるという恐怖心を持っている人が多く、昔と違って歯医者は怒らないです。その理由は、昔と違って初診で「カウンセリング」を行い、アンケートの記入などで「怒らないでほしい」という意見が多いからです。 また歯医者側としては、「早く虫歯を治療すれば」という熱い心が相手側の心に突き刺さってしまう誤解から、今となっては怒らない歯医者として行っている所がほとんどです。医師や衛生士でさえ人間です。患者さんがどのような想いで通院しているかを考え、怒らないという心得が大切になります。

怒らない技術や練習ってある?

怒らない技術や練習ってある?

仕事でも家庭でも、すぐカッとなる原因というのは、実は自分にあります。人に対して怒らないように、常に冷静になろうと心得ることが大切です。しかし、怒らないようにしようと努力をすればするほど、つい怒ってしまうと自己嫌悪になって、またカッとなる「負のスパイラル」になってしまいます。 このように怒らないつもりでいたはずなのに、何かの縁に触れて怒ってしまう自分がイヤになってしまう事があります。 大切なことは、「こんな自分自身を受け入れる事」です。少しでもそんな自分を好きになることから始めましょう。心が楽になれる技術が身に付けば、怒らない自分に気づくはずです。

男女別怒らない人の心理を分析

男女別怒らない人の心理を分析

・男性の心理 男性は女性と比較すれば、クヨクヨする人があまりいません。逆にサバサバする性格の人が多いのも特徴で、あまり深く悩む傾向もありません。中にはネガティブ思考の性格の人もいますが、常に前向きで深く悩むこともありません。ですが男性も喜怒哀楽はあるので、怒りの感情が出るような環境に遭遇すれば、怒りの扉は開きます。 ・女性の心理 女性は特に嫉妬心があり、他人より勝ろうとする傾向や、他人の行動を分析しようとする性格が多いです。ですが怒らない性格の持ち主と言うのは、他人は意識せず、自分は自分と割り切れる性格の人が多いです。とにかく平和主義で、何も見返りを求めない「欲求不満」がない人が多い傾向にあります。

怒りたくない人が読めばわかる本

怒りたくない人が読めばわかる本

些細な事でもすぐカッとなって怒ってしまう自覚のある人は、けっこう悩みとなっています。自分の感情をコントロールできずに悶々としているため、解決方法を模索している人は、これからおススメする本を読むと心が落ち着いていきます。 この本を読むことによって、いかに自分の欲望や願望が強かったかと気づくことができます。今まで悩んでいた感情を解決しましょう。

怒りを抑えるためのお薬になる本

怒らないために読みたくなる本を手にするという事は、自分が起こりやすくて悩んでいる人が多いという事です。これから紹介する本は、怒るという現象は「煩悩」に関係してるという事にハッとする内容があります。この本を読むことで、本来の自分を見つめ直すきっかけになったり、心を正されることに気づきます。

「もう、怒らない」

怒りと言うのは「煩悩」から来ている、煩悩と言うは、わが心の「貪欲」「愚痴」「怒り」そのすべてが揃っている心の環境であることです。他人を怒るという行動は、相手のためにではなく、自分の煩悩からきている、つまり自分の感情に任せて怒りをぶつけているだけです。 煩悩と言うのは、欲が充満しているため、生活の環境に執着をしています。執着しているから悩みが出てきます。 この本は人の心ではなく、自分の心の煩悩を消すことで怒らない感情を生み出すことができると知ります。この本を読めば、新しい自分に出会えることができます。

小池さんの講和を聞く機会があり、興味が湧き購入しました。私が短気なので戒めのため、読み進むにつれ、色々な事にきずかされました。 よかった本の1冊になりました。

怒らないでいる生き方の方法

人間は「喜怒哀楽」という心の環境があります。現代人は主に「怒り」が強く出る傾向があります。 「怒り」は仏教用語で「修羅界」と言われ、特に「怒り」「愚痴」「欲望」の3つが三毒と呼びます。もし三毒が強い傾向があれば、相手を傷つけるだけでなく、自分をも傷をつけています。 この原理は因果関係が全てであり、もし相手に怒りを感じてしまった場合、自分に返ってくるという事を肝に銘じることが肝心です。もしこの原理がわかれば、怒らないようにしようという思いが湧いたり、むしろ怒れない自分に気が付くようになります。

怒らない人の性格の特徴

怒らない人の性格の特徴

怒らない性格を持つ人は、とにかく「平和主義」です。とにかく争いごとが嫌いです。争いがあれば、頭の環境が複雑になる事や、無駄なことを考えてしまうということで、めんどくさいと感じます。また、常に頭の中は、余計な感情を持ちこまないようにしようと警告を発しています。 本当は、つねに怒らないようにしようと構えているわけではありません。生活の中に「三毒」を持ち込まないようにしているため、生きるためには能率がいいです。もし心の中が「修羅」「愚痴」「怒り」が充満していれば、脳裏では「損」と判断し、シャットダウンします。このような性格は、いつも笑顔が多く、愚痴をこぼさない人に多くいます。

怒らないで言いたいことを伝える方法

怒らないで言いたいことを伝える方法

仕事でも友達や家族でも、つい感情的になってしまう場合があります。怒りたくて怒っているわけでもなく、誰もが怒らないで話をしたいはずです。ですが感情を抑えられずに、強い言葉を発してしまうと、かえって自虐に陥ってしまいます。この場合、「自分はダメなんだ」と自分の気持ちを押し殺そうと、どんどん気持ちがブルーになっていきます。 ここ心の環境では、上記で言うならば「愚痴」にあたり、自分が毒を吐いていることに気づく必要があります。相手に怒らないで言いたいことを伝える方法として、今自分の心は三毒なのか、毒を吐いたら自分だけのみならず、相手も不幸にしてしまうと気づくはずです。相手を傷つけずに考えるならば、冷静になって怒らないで話を伝えることができます。

怒らない方法は「煩悩」を捨てる事!

怒らない方法は「煩悩」を捨てる事!

怒りたくても怒れない人もいれば、怒りたくても感情を抑えらえなくて苦しい人もたくさんいます。怒られると相手も自分もいい気持ちはしません。お互いプラスになるためには、怒らない感情をどうやって抑えるか、その怒らない感情になる原因は一体何なのか、これは「煩悩」と言うことが分かりました。 煩悩さえなくなれば、怒りたい感情が自然と心から消え去る事ができるし、心も楽になります。心が穏やかになれば、環境も穏やかな風が吹いてきます。 怒らない人間がこの世に増えれば、人間関係も穏やかになります。すべては因果関係です。穏やかな環境を作ればいいことが自分へ戻ってきます。

関連タグ

アクセスランキング