IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「今後ともよろしく」を使った例文・使い方|ビジネス/年賀状

更新日:2020年03月06日

言葉の使い方

「今後ともよろしく」という言葉はあらゆるシーンで使われますが、日常生活で使う場合とビジネスで使う場合では、適切な表現が変わることもあります。「今後ともよろしく」を状況に合わせて使えるように、使い方と例文を確認しておきましょう。

日常生活やビジネスで役に立つ言葉「今後ともよろしく」

「今後ともよろしく」は状況別に適切な表現を覚えておくと、日常生活の気軽な挨拶から、ビジネスシーンでのかしこまった文章まで、幅広く活用できる便利な表現ですので、使われ方をしっかりと確認しておきましょう。 「今後ともよろしく」は口頭での挨拶だけでなく、手紙やメールの結びの言葉としても定型的に使われる言葉です。本記事では、「今後ともよろしく」のシーン別使い方と文例をご紹介します。

「今後ともよろしく」は何を伝える言葉?

「今後ともよろしく」とは何を伝えるのに有効な表現なのでしょうか。「今後とも」はこれから先も好意的な付き合いを続けていきたい、ということを表しています。そして、「よろしく」は好意的な付き合いを相手に対して依頼する際に使われる言葉です。 このことから、「今後ともよろしく」は相手に対する今までの感謝とともに、これから先も親しい付き合いをお願いするという際に使われる挨拶であると言えるでしょう。「今後ともよろしく」は親しい友人に口頭で挨拶するなどの場合でない限り、「今後ともよろしくお願いします」と丁寧な表現で使われるのが一般的です。

今後ともよろしくお願いします

相手との関係でどの表現を使うのが適切か判断が難しいときは、「今後ともよろしくお願いします」を用いればまず間違いないでしょう。その上で、目上の人などに対して丁寧な言い回しを選びたい時や、ビジネスで商品のことを「今後ともよろしく」と伝えたい時には、それにあった言い換えの表現を使えるとよりよく気持ちが伝わります。

ビジネスでの「今後ともよろしく」を使った例文

ビジネスでも、文書やメールで「今後ともよろしく」を使う機会は数多くあります。自分や会社などとこれからも今までと同様に付き合いを続けてほしいという意味をこめて文末で使われることが多いです。 商品やサービスをこれからも使い続けてほしいという意味では「今後も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます」といった表現も使われます。下記に、社内向け・社外向けそれぞれで例文を用意しましたので、「今後ともよろしく」の使われ方を確認してみてください。

社内に向けた文書の例文

社内の人に向けた連絡でも、最後に一言「今後ともよろしく」にあたる言葉を添えるとよいでしょう。下記の例文は、会社の製品が受賞したことを社内に伝達する場合を想定した例文になっています。 例)この度、我が社の製品の実績が認められ、○○賞を受賞の運びとなりました。授賞式には代表として○○が出席する予定です。今回の受賞は、皆様による日頃の尽力の賜です。今度ともよろしくお願いいたします。

社外の人に向けたビジネスメール例文

社外の人にメールを送る際は、必ず結びの言葉として「今後ともよろしく」に相当する文言を取り入れましょう。下記は、商品のリニューアルをお知らせするビジネスメールを想定した例文です。商品を利用してくれていることへの日頃の感謝と、今後も商品に目をかけてほしいという思いを込めるため、「ご愛顧のほどよろしく申し上げます」という一文を採用しています。 例)この度、○○様にお使いいただいている弊社サービスがリニューアルされる運びとなりました。○○様をはじめとするユーザーの皆様からの声を反映し、便利な新機能が多数追加されております。今後もさらなる使いやすさを目指し、改良を重ねて参りますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

年賀状での「今後ともよろしく」

「今後ともよろしく」は年の節目である年賀状でも頻繁に用いられます。「今後とも」は「これから」だけでなく「今まで」の付き合いにもスポットを当てる言葉なので、年賀状では「来年もよろしくお願いします」の言い換えパターンとして使われます。

年賀状で使われる「今後ともよろしく」の例文

初回公開日:2018年02月22日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング