IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「今後ともよろしく」を使った例文・使い方|ビジネス/年賀状

言葉の使い方

「今後ともよろしく」という言葉はあらゆるシーンで使われますが、日常生活で使う場合とビジネスで使う場合では、適切な表現が変わることもあります。「今後ともよろしく」を状況に合わせて使えるように、使い方と例文を確認しておきましょう。

更新日時:

日常生活やビジネスで役に立つ言葉「今後ともよろしく」

日常生活やビジネスで役に立つ言葉「今後ともよろしく」

「今後ともよろしく」は状況別に適切な表現を覚えておくと、日常生活の気軽な挨拶から、ビジネスシーンでのかしこまった文章まで、幅広く活用できる便利な表現ですので、使われ方をしっかりと確認しておきましょう。 「今後ともよろしく」は口頭での挨拶だけでなく、手紙やメールの結びの言葉としても定型的に使われる言葉です。本記事では、「今後ともよろしく」のシーン別使い方と文例をご紹介します。

「今後ともよろしく」は何を伝える言葉?

「今後ともよろしく」は何を伝える言葉?

「今後ともよろしく」とは何を伝えるのに有効な表現なのでしょうか。「今後とも」はこれから先も好意的な付き合いを続けていきたい、ということを表しています。そして、「よろしく」は好意的な付き合いを相手に対して依頼する際に使われる言葉です。 このことから、「今後ともよろしく」は相手に対する今までの感謝とともに、これから先も親しい付き合いをお願いするという際に使われる挨拶であると言えるでしょう。「今後ともよろしく」は親しい友人に口頭で挨拶するなどの場合でない限り、「今後ともよろしくお願いします」と丁寧な表現で使われるのが一般的です。

今後ともよろしくお願いします

相手との関係でどの表現を使うのが適切か判断が難しいときは、「今後ともよろしくお願いします」を用いればまず間違いないでしょう。その上で、目上の人などに対して丁寧な言い回しを選びたい時や、ビジネスで商品のことを「今後ともよろしく」と伝えたい時には、それにあった言い換えの表現を使えるとよりよく気持ちが伝わります。

ビジネスでの「今後ともよろしく」を使った例文

ビジネスでの「今後ともよろしく」を使った例文

ビジネスでも、文書やメールで「今後ともよろしく」を使う機会は数多くあります。自分や会社などとこれからも今までと同様に付き合いを続けてほしいという意味をこめて文末で使われることが多いです。 商品やサービスをこれからも使い続けてほしいという意味では「今後も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます」といった表現も使われます。下記に、社内向け・社外向けそれぞれで例文を用意しましたので、「今後ともよろしく」の使われ方を確認してみてください。

社内に向けた文書の例文

社内の人に向けた連絡でも、最後に一言「今後ともよろしく」にあたる言葉を添えるとよいでしょう。下記の例文は、会社の製品が受賞したことを社内に伝達する場合を想定した例文になっています。 例)この度、我が社の製品の実績が認められ、○○賞を受賞の運びとなりました。授賞式には代表として○○が出席する予定です。今回の受賞は、皆様による日頃の尽力の賜です。今度ともよろしくお願いいたします。

社外の人に向けたビジネスメール例文

社外の人にメールを送る際は、必ず結びの言葉として「今後ともよろしく」に相当する文言を取り入れましょう。下記は、商品のリニューアルをお知らせするビジネスメールを想定した例文です。商品を利用してくれていることへの日頃の感謝と、今後も商品に目をかけてほしいという思いを込めるため、「ご愛顧のほどよろしく申し上げます」という一文を採用しています。 例)この度、○○様にお使いいただいている弊社サービスがリニューアルされる運びとなりました。○○様をはじめとするユーザーの皆様からの声を反映し、便利な新機能が多数追加されております。今後もさらなる使いやすさを目指し、改良を重ねて参りますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

年賀状での「今後ともよろしく」

年賀状での「今後ともよろしく」

「今後ともよろしく」は年の節目である年賀状でも頻繁に用いられます。「今後とも」は「これから」だけでなく「今まで」の付き合いにもスポットを当てる言葉なので、年賀状では「来年もよろしくお願いします」の言い換えパターンとして使われます。

年賀状で使われる「今後ともよろしく」の例文

年賀状にはある程度の形式的な表現がありますが、文面を自分で考えるのであれば、送る相手とのエピソードを含めたりすると、より気持ちのこもった新年の挨拶として受け取ってもらえることでしょう。 例)あけましておめでとうございます。昨年は家族ともども大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。 例)あけましておめでとうございます。昨年は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。寒い日が続いておりますので、どうぞご自愛ください。本年もご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

「今後ともよろしく」の言い換え

「今後ともよろしく」の言い換え

ここでは、「今後ともよろしく」の言い換えをチェックしてみます。「これからもよろしく」は「今後ともよろしく」と意味は同じですので、友人同士の時は使える表現です。ですが、やはりビジネスなどある程度かしこまった場においては最低限「今後ともよろしくお願いします」程度の丁寧さは必要です。 さらに丁寧な表現にしたい時は、「よろしくお願い申し上げます」のほか、相手や使う状況によって「今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いします」などの言い換えを用いるとよいでしょう。 ビジネスにおいて会社や商品にこれからも目をかけてほしい、というお願いの挨拶にする場合は、「今後ともお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます」や「今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」を使うと、より具体的です。

「今後ともよろしく」への返信の仕方

「今後ともよろしく」への返信の仕方

相手から「今後ともよろしく」と言われたときは、どのような返事をすればよいでしょうか。こちらも相手と同じ言葉で「今後ともよろしく」と返してもよいですが、「こちらこそ、今後ともよろしくお願いします」のように、相手の発言を受けて返していることがわかる表現にすると好印象です。

敬語での「今後ともよろしく」の使い方

敬語での「今後ともよろしく」の使い方

メールでのやりとりが多い現代ですが、特にお世話になった目上の人や稽古事の師匠に対してなど、手紙を書くことになる機会も失われていません。「今後ともよろしく」を手紙の結びの言葉として使う際は、より丁寧な表現を選択することが求められます。 「今度ともよろしく」を敬意を示す言い方にするには、どのような表現にするのが適切でしょうか。「今後ともよろしくお願いいたします」でも間違いではありませんが、上司や師匠など、自分にとって教えを請うような立場の相手に対し、より敬意を表したい時は、「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」を使うとさらに敬意が伝わります。

目上の人への手紙の例文

下記の手紙の文面は、同じ趣味の人々が集まる会で、月例会に先生をお招きした時のお礼の例文となっています。忙しい中わざわざ指導してもらったことに対するお礼と、今後ともぜひ目をかけてほしいという気持ちを表せるような文例としています。 例)先日はご多忙であられる中、当会の月例会へ足を運んでくださり誠にありがとうございました。まだ設立から年月の浅い当会ではありますが、着々と会員数も増え、一層賑やかな所帯となってきております。先生が教えてくださったことを糧に、さらに上達を目指せるよう当会会員一同さらに励んで参りますので、今後とも何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

「今後ともよろしく」と「今後もよろしく」の違い

「今後ともよろしく」と「今後もよろしく」の違い

「今後ともよろしく」と「今後もよろしく」には違いがあるのでしょうか。基本的にはほぼ同じ意味と考えてよいようですが、「今後ともよろしく」は、より今までの付き合いに対する感謝の思いを強調していると考えられています。そのため、特にこだわりがなければ「今後とも」を使うと相手に対する今までの感謝を自然に伝えることができます。

「今後ともよろしく」をコミュニケーションで使いこなそう

「今後ともよろしく」はたいへん頻繁に目にする言葉ですが、定型的に使われている表現だけ挙げたとしても多数の言い換えがあるため、自分の伝えたい気持ちに添った言葉を選び、さらに具体的な感謝の内容などを添えると、文章のパターンはかなり豊富にあります。 日常の業務連絡であっても、毎回同じ文章ではなくケース別に少しでも文言を変えると、気持ちの伝わり方も変わります。ぜひさまざまな言い回しを習得して日常生活やビジネスで活用してみてください。

関連タグ

アクセスランキング