IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電話番号の英語表記の仕方|書き方/聞き方/読み方/伝え方

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

英語での電話番号の書き方、読み方、伝え方をご紹介します。伝えるときは、誰の電話番号かを示すCel.やOfficeを記載しましょう。会社名に使うCo.,Ltdなどの解説や、国際電話番号として表記する場合に必ず付ける+81の意味や使い方も。

覚えてスマートな大人になろう

覚えてスマートな大人になろう
※画像はイメージです
出典: Thumb - Free pictures on Pixabay

社会人として知っておきたい英語での電話番号の書き方、聞き方。英語が苦手な日本人にとっては難しいように思うでしょう。しかし、書き方にはきちんと規則があり、それさえ覚えておけば何も怖くありません。日本の場合、ほとんどが+81を付け、0を取ればいいだけです。 聞き方や発音も、何度か練習すればすぐに覚えることができるでしょう。確実に、ゆっくり、失礼のないように伝えることがポイントです。精一杯伝える努力をすれば、相手も多少発音が正しくなくてもきっと寛大に受け入れてくれます。 間違えることを怖がらず、まずは英語の名刺を作ってどんどん海外の人と交流を持つことが大切です。一会社の一会社員としてだけではなく、個人として、人間として、バイタリティーあふれる魅力的な人間になりましょう。

関連タグ

アクセスランキング