IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電話番号の英語表記の仕方|書き方/聞き方/読み方/伝え方

言葉の読み方

英語での電話番号の書き方、読み方、伝え方をご紹介します。伝えるときは、誰の電話番号かを示すCel.やOfficeを記載しましょう。会社名に使うCo.,Ltdなどの解説や、国際電話番号として表記する場合に必ず付ける+81の意味や使い方も。

更新日時:

電話番号の英語表記の仕方は?

電話番号の英語表記の仕方は?

あなたは英語を使って電話番号を伝えられますか?日本で生活をしていると電話番号を英語で伝える機会はほとんど無いと言ってもいいでしょう。 しかし旅行先や取引先で急に英語を使って自分の電話番号を伝えなければならなくなった時、何も知らなければ’頭が真っ白になり大人として恥をかいてしまいます。慌てずスマートに伝えられるように、英語での電話番号の伝え方をご紹介していきます。

英語での“電話番号”の書き方

電話番号を英語で書きたい時、まずは番号を書く前にどの電話番号なのかを表す必要があります。例えば携帯電話番号を書きたい場合、数字の前に携帯電話を意味するCell phoneと記載します。Cell.のように略しても問題ありません。 会社の電話番号の場合は英語で会社を意味するOfficeを番号の前に記載し、自宅の場合はResidenceか、それを略したRes.を記載します。最後についているピリオドは略の意味で、Mr.やDr.も同様です。

名刺に記載するときは

名刺に記載するときは

社会人であれば自分の名刺がありますが、日本の番号の書き方ではなく英語で記載された海外でも配れる名刺なら、より名刺の価値が上がります。英語での表記があれば日本国内でその名刺を受け取った人にも“仕事ができそうな人”という印象を与えられることでしょう。 名刺に英語で080から始まる携帯電話番号を記載したい時は、【Cel. +81-80-××××-××××】と記載します。Cel.の部分はPhoneやTelephoneを略したTel.でも大丈夫です。また、この+81の意味は最後の方でご紹介します。

さまざまな「会社」の略し方

さまざまな「会社」の略し方

英語で名刺を作成する場合は自分の氏名や会社名ももちろん英語で表記する必要があります。名前は日本語の姓と名前の位置を入れ替え、名前の後に姓を続けるということはほとんどの人がご存知でしょう。では、会社名の記載方法はご存知でしょうか。 日本では会社名の最後に「Co., Ltd」と表記されている場合が多いですが、これは英語で会社を意味するcompanyと有限を意味するlimitedの略で、日本では株式会社や有限責任会社の意味で使用されています。単に「Ltd.」でも同じ意味で使用でき、アサヒビールはLTD.を英語の社名にしています。 「Corp.」もcorporationの略で株式会社を指します。イギリスではほとんどの場合「PLC.」が使われており、public limited companyの略です。「Inc.」はincorporatedの略で登録が済んでいる会社法人を表します。

英語表記の電話番号の読み方

日本語の場合、080であればゼロハチゼロと読みます。英語で「0」は「zero」でそのままゼロと読むか、人によってはアルファベットの「オー」と読み上げる人もいます。日本だと0をマルと読み上げる人もいますので、その感覚と同じと言えるでしょう。 「7789」のように同じ数字が2つ並んでいる場合、「double seven, eight, nine(ダブルセブン エイト ナイン)」のように、ふたつを意味するダブルを数字の前に言います。日本ではナナナナハチキューという人が大多数ですので、英語ならではの表現です。 0が続いている時は、「double zero(ダブルゼロ)」や「double oh(ダブルオー)」、「zero zero(ゼロ ゼロ)」でも大丈夫です。言いやすい言い方で、確実に伝えられるようにしましょう。

英語での電話番号の伝え方

「My cell phone number is ...(マイ セルフォンナンバー イズ)」から言い始めるのが良いでしょう。cell phoneは携帯電話の意味ですが、ほかにも携帯電話はcellular phoneとも言います。 携帯電話ではなく固定電話の場合は単純に「phone number」と言いましょう。ファックス番号の場合は「fax number」です。内線番号は「Extension number」で、エクステンションナンバーと言います。

電話番号を英語で聞きたいときは

電話番号を英語で聞きたいときは

英語で相手の電話番号を聞きたいときは、相手に不快感を与えないように聞くことが大切です。日本人が外国の人に「What’s your name?」と聞いてしまうことがよくありますが、実は日本語にすれば「名前何?」と聞いているのと変わらず、ビジネスシーンやフォーマルな場にふさわしくありません。 社会人として恥をかかないように、また、一目置かれるように場にふさわしい言葉遣いをしましょう。英語での正しい電話番号の聞き方は次でいくつかご紹介します。

フランクに聞きたいなら

フランクに聞きたいなら

聞きたい相手が取引先や仕事関係ではなく、プライベートでこれから仲良くしていきたい相手なら、この次にご紹介する英語での聞き方は少しかしこまった印象を与えるでしょう。失礼にならずに親しみを持った聞き方は、以下を参考にしてください。 「Can I ask your phone number?(キャナイアスクユアフォンナンバー?)」は、あなたに電話番号を聞いてもいいですか?という表現です。発音のポイントは、Can Iをキャンアイと一つずつ言うのではなく、キャナイと繋げて言うことでより英語らしい発音になります。 「Can you give me your phone number?(キャニューギヴミーユアフォンナンバー?)」も、電話番号をもらえますか?という意味です。この場合も、より英語らしくCan youをキャンユーではなくキャニューと発音してみましょう。

フォーマルな場で教えてもらいなら

フォーマルな場で教えてもらいなら

電話番号を教えてもらいたいときは、「May I have your phone number?」や「Could you tell me your phone number?」が丁寧で良いでしょう。Can IよりはMayやCouldを使う方が良いでしょう。Mayがフォーマルで、Could がより丁寧になります。 発音はメイアイハヴユアフォンナンバー?とクジュウテルミーユアフォンナンバー?です。もし個人の携帯電話番号の場合はcell phone numberに変えましょう。

英語で電話番号を聞くときに気を付けたいフレーズ

英語で電話番号を聞くときに気を付けたいフレーズ

英語を使った正しい聞き方を覚えていても、咄嗟に出ないこともあるでしょう。しかし、英語が慣れていないとはいえ、相手を不快にさせることだけは避けましょう。その後の関係にも影響が出かねません。 一番避けてほしい英語での失礼な聞き方は「What's your phone number?」や「Give me your phone number.」です。特にGive meは命令口調であり、言われた方は気分の良いものではありません。日本人でも、「電話番号は?」や「電話番号ちょうだい」と急に聞かれたら困惑してしまうことでしょう。初めて会い、これから仲良くなりたい人に対しては使用しないのが無難です。

電話番号のかけ間違いを英語で伝えたいなら

電話番号のかけ間違いを英語で伝えたいなら

電話番号を間違えて掛けてしまった時のポイントは、英語で“間違った番号”という意味のwrong numberを使うことです。また、焦ってしまいがちですが常識やマナーとして最初にI'm sorryと伝えましょう。具体的には、「I'm sorry, I have the wrong number.」や「I'm sorry, I dialed the wrong number.」と言います。

海外の電話番号の書き方

海外の電話番号の書き方

海外で日本の電話番号を書くときは、国際電話でもかけられるように自分の電話番号にちょっとした工夫をする必要があります。それは、電話番号の前に「81」を付けることです。

よく見る「81」とは?

国際電話をする際には国や地域ごとに決められている国際電話番号(国番号)が必要になります。電話番号の先頭に国際電話番号を付けることにより、電話が繋がるようになります。 無料通話機能のあるスマートフォンのアプリでは、登録の際に自分の電話番号を入力しますが、登録画面に事前に「81」が記載されており、電話番号を入力すると自動的に自分の電話番号が海外でも繋がるように設定されます。 この時のポイントとして、自分の電話番号の最初の0が抜かれます。これは日本国内で電話をする際に必要な番号として0が定められているからで、080の場合、先頭の0が抜かれ代わりに81が頭に付くので、81-80になります。読み方は「eight one, eight zero」もしくは「eighty-one, eight zero」となります。

「+81」のプラスの意味は?

81については上記のとおりですが、「+81」の場合、プラスは何の意味になるのでしょうか。電話番号は「0+市外局番+市内局番+個人の番号」から成り立っており、0は国内で電話をかける際に必要な定められた番号です。 国際電話をかける場合に国際電話番号が必要と記載しましたが、+の部分には国際電話識別番号を入力します。アメリカの国際電話識別番号は001なので、080から始まる電話番号を使用している場合、まず001をダイアルします。次に日本の国番号の81をダイアルし、0を抜いた市外局番の80、続いてそのあとの全部の番号をダイアルすれば完了です。 国際識別番号は決まっている国もありますが、事業者別に区別されている国もあります。国際電話をかける際、0を長押しすると識別番号を自動で押してくれる場合もありますのでぜひ試してみてください。

他の国の国番号

日本は81ですが、国際電話番号は国によって異なります。日本人に馴染みの深いいくつかの国の国際電話番号を見てみましょう。 旅行や留学で訪れる人が多いアメリカは「1」、イギリスは「44」、フランスは「33」、イタリアは「39」、女性に人気の旅行先である韓国は「82」となります。

覚えてスマートな大人になろう

覚えてスマートな大人になろう

社会人として知っておきたい英語での電話番号の書き方、聞き方。英語が苦手な日本人にとっては難しいように思うでしょう。しかし、書き方にはきちんと規則があり、それさえ覚えておけば何も怖くありません。日本の場合、ほとんどが+81を付け、0を取ればいいだけです。 聞き方や発音も、何度か練習すればすぐに覚えることができるでしょう。確実に、ゆっくり、失礼のないように伝えることが最大のポイントです。精一杯伝える努力をすれば、相手も多少発音が正しくなくてもきっと寛大に受け入れてくれます。 間違えることを怖がらず、まずは英語の名刺を作ってどんどん海外の人と交流を持つことが大切です。一会社の一会社員としてだけではなく、個人として、人間として、バイタリティーあふれる魅力的な人間になりましょう。

関連タグ

アクセスランキング