IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご交誼」の意味/読み方/例文|ご厚誼との違いと使い分け

言葉の読み方

喪中はがきで見る「ご交誼」という言葉。「ご交誼」の読み方を間違えたり、「ご厚誼」との違いがわからないことが多いです。「ご厚誼」との違いを知った上でご交誼を使った例文を読み、いつ使うようになっても困らないように対策しましょう。

更新日時:

ご交誼の読み

「ご交誼」や「ご交誼承りますよう」と言う言葉を喪中はがきなどで初めて見たという方もいますよね。読み方や言葉の意味を知らない方もいると思いますので、今回はそんな「ご交誼」と「ご交誼賜りますよう」の言葉の読みや言葉の意味について解説していきます。

ご厚誼とは喪中手紙や年賀状などでよく見かける言葉ですが、初めて見る方もいるかもしれませんので、ご交誼の読み方から解説していきます

ご交誼と書いて「ごこうぎ」と読む

ご交誼と書いて読みは「ごこうぎ」と読みます。交は読めますが、誼はあまり見ない事が多いと思います。この機会にご交誼は「ごこうぎ」と読む事を覚えておくといいですね。

ご交誼の意味

ご交誼とは交誼と言う言葉に丁寧語の「ご」を付けた言葉です。これだけでは意味がわからないままなので、まずは交誼という単語の意味を見てみます。

交誼とは 親しく心の通い合った交流という意味がある

交誼とは例えば親友や親しい間柄の人との交流の際に使われる言葉なんですね。例えば年賀状で使ったり喪中はがきの文中に使うような事が多いでしょう。親しい個人や団体に向けて使われる事が多いですね。

ご交誼を目上の人に使うのは失礼

ご交誼は親しい個人や団体に向けて使う言葉ですので、友人や会社間の親しい人達に向けて使うので目上の方に使う場合は失礼に当たる言葉です。 それがいくらご交誼と言う風に丁寧語にしたとしても交誼と言う言葉自体が意味しているのは親しい交流なので目上に対して使うと失礼にあたりますので、目上の方に対しては使わない方が良いでしょう。

「ご交誼賜りますよう」の読み

「ご交誼賜りますよう」の読み方ですが、ご交誼については先ほどの交誼の読み方でご理解いただけたようにご交誼で「ごこうぎ」と読みますね。「賜りますよう」の読みは「賜」と書いて「たまわ」と読みます。「賜りますよう」と書いて「たまわりますよう」と読むんですね。

「ご交誼賜りますよう」の意味

ご交誼は交誼に丁寧語の御を付けた言葉だというのはご理解されていると思いますが、賜りますようの賜るという言葉の意味どういう意味なんでしょうか。

賜るの言葉の意味 もらうという意味がある

賜るとはもらうという意味です。目上の人から物や気持ちと言ったものをもらう時に賜るという言葉を使います。

ご交誼賜りますようは 親しい付き合いをお願いします

上記のことから「ご交誼賜りますよう」とは親しいお付き合いをお願いします。と言う様なニュアンスの言葉だという事です。

ご交誼についてはご理解して頂けたと思いますが、次は同じ発音なのに漢字が一文字違う、厚誼「こうぎ」と言う言葉との違いと使い分けについても解説していきます。

「ご交誼」と「ご厚誼」の意味の違い

ご交誼もご厚誼も実は意味は同じなのです。ただし交誼が親しい交わりである事に対して厚誼は厚い交わりの意味を持っているのでだいたいの意味は同じですが表現の違いに差があるんですね。

【例文】ご厚誼とご厚誼を使い分ける3つの方法

ではご交誼とご厚誼はどのように使い分けしたら良いのでしょうか。ご交誼とご厚誼の使い分け方について解説していきます。

方法1:はがきや手紙の文中にご交情とあればご交誼で返す

年賀はがきや喪中はがきや手紙などの文章でご交情とある場合はご交情を文中に入れて返すと良いでしょう。

方法2:はがきや手紙の文中にご厚情とあればご厚情で返す

年賀はがきや喪中はがき、手紙などの文章でご厚情とある場合はご厚情を文中に入れて返すと良いでしょう。

方法3:文章の表現に合わせて返事を書くと良い

相手からの文章の漢字や表現に合わせて返事の内容や漢字も変えて書くと良いでしょう。

【例文】ご交誼という言葉の使い方

ご交誼は喪中はがきなどでよく使われますがそれ以外にはどんな時の文章にどのように使うのかわからない方もいるかもしれませんので、例文を元に交誼の活用の仕方を学んでいきましょう。例文を挙げていきますので参考にして見てください。

例文:定年退職

拝啓 残暑厳しき折 皆様には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます さて 私儀 この度 8月10日をもちまして 株式会社マヨを定年退職致しました 40年間の在職中は公私共に温かいご指導ご厚情を賜り 無事今日を迎えることができました 心より感謝いたし厚くお礼申し上げます 今後は健康に気を付け 一日一日を大事に充実したものにして生きていきたいと思っております 今後とも変わらぬご指導ご交誼を賜りますよう よろしくお願い申し上げます 末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますと共に お礼かたがたご挨拶申し上げます 敬 具 平成29年9月

例文:退職の挨拶

拝啓 早春の息吹身に染む今日此頃 皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、私こと このたび 3月1日をもちまして 株式会社マヨネーズを退職いたしました。 顧みますと20年余りの永きにわたり勤めることができましたのは一重に皆様方の暖かいご指導とご交情によるものと 深く感謝致しております なにとぞ今後とも末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。 末筆でございますが皆様のご健康とご多幸をお祈り致しますとともに厚くお礼を申し上げます。 敬具 平成29年3月

例文:転勤挨拶

拝啓 冷雨の折 皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。さて、私事でございますが、1月20日をもちまして株式会社マヨネーズ埼玉営業部営業部長を命ぜられ、転勤いたしました。新潟支店在勤中は、公私にわたり並々ならぬお世話になり、誠にありがとうございました。 新任地におきましても、心を新たに鋭意努力いたす所存ですのでなにとぞ今後とも末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。まずは略儀ながら書中をもちまして、 御礼かたがたご通知申し上げます。 今後はこちらにご連絡お願い致します。 株式会社マヨネーズ埼玉支店営業部 電話048-9867-6543 敬具

例文:着任の挨拶

謹啓 春草萌えいづる季節を迎え、貴社ますますのご繁栄の段、お慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを頂戴し、深く感謝いたしております。さて、私儀、2月20日付で、東京本社への転勤を命ぜられ、このほど無事に着任いたしました。 新潟支店在勤中は、公私にわたりご交情を賜り、心からありがたく謹んでお礼を申し上げます。 本来ならばお目にかかってごあいさつを申し上げるべきところを、急きょこちらにまいり、心ならずも失礼いたしましたことをお詫び申し上げます。 新地でもこれまでの経験を生かし精一杯努力をしてまいる所存でございますので、なにとぞ今後とも末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。なお、後任に山田が就任いたしますので、お引き回しのほどお願いいたします。まずは書面にてごあいさつとさせていただきます。 謹白

例文:年賀はがき

旧年中は一方ならぬご交誼をいただき誠にありがとうございました。 本年もなにとぞよろしくお願い致します。

例文:就任の挨拶

拝啓 冷雨の折、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます さて私儀、多年にわたり当社取締役社長と致しまして責務を担って参りましたが この度経営の第一線を退き取締役会長に就任致しました 社長在任中皆様には格別のご高配を賜り心より御礼申し上げます 尚 後任社長には田中太郎が就任致しましたので なにとぞ今後とも末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます 敬 具

【例文】明年も変わらぬご交誼のほどの使い方

例文:喪中はがき

新年のご挨拶を申し上げるべきところではございますが、亡き貴(父)の喪中につき失礼させていただきます。本年中にご交誼賜りまして深謝いたしますとともに、明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます 平成29年1月

ご交誼はマナーに気を付けて活用しましょう

ご交誼と言う言葉はごこうぎと読み、親しい間柄や友人知人や団体に対して活用するのが正しい使い方なんですね。目上の方に使う場合は失礼に当たる事もあるので気を付けましょう。 ご交誼には同じ様な意味合いを持つ言葉でご厚誼もあります。読み方も同じでごこうぎです。ただニュアンスが多少変わるだけで含んでいる意味は同じです。 手紙などの文章の中にご交情のある場合はご交誼と返すと良いでしょう。またご厚情と文章にある場合はご厚誼で返しましょう。このように相手からの文章に対して漢字の表現を合わせるように返すのが良いでしょう。 例文ではさまざまな場面で活用できるご交誼やご交誼賜りますようを使った例文を紹介してきました。これらを参考にして活用していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング