IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電話番号の英語表記の仕方|書き方/聞き方/読み方/伝え方

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

英語での電話番号の書き方、読み方、伝え方をご紹介します。伝えるときは、誰の電話番号かを示すCel.やOfficeを記載しましょう。会社名に使うCo.,Ltdなどの解説や、国際電話番号として表記する場合に必ず付ける+81の意味や使い方も。

聞きたい相手が取引先や仕事関係ではなく、プライベートでこれから仲良くしていきたい相手なら、この次にご紹介する英語での聞き方は少しかしこまった印象を与えるでしょう。失礼にならずに親しみを持った聞き方は、以下を参考にしてください。 「Can I ask your phone number?(キャナイアスクユアフォンナンバー?)」は、あなたに電話番号を聞いてもいいですか?という表現です。発音のポイントは、Can Iをキャンアイと一つずつ言うのではなく、キャナイと繋げて言うことでより英語らしい発音になります。 「Can you give me your phone number?(キャニューギヴミーユアフォンナンバー?)」も、電話番号をもらえますか?という意味です。この場合も、より英語らしくCan youをキャンユーではなくキャニューと発音してみましょう。

フォーマルな場で教えてもらいなら

電話番号を教えてもらいたいときは、「May I have your phone number?」や「Could you tell me your phone number?」が丁寧で良いでしょう。Can IよりはMayやCouldを使う方が良いでしょう。Mayがフォーマルで、Could がより丁寧になります。 発音はメイアイハヴユアフォンナンバー?とクジュウテルミーユアフォンナンバー?です。もし個人の携帯電話番号の場合はcell phone numberに変えましょう。

英語で電話番号を聞くときに気を付けたいフレーズ

英語を使った正しい聞き方を覚えていても、咄嗟に出ないこともあるでしょう。しかし、英語が慣れていないとはいえ、相手を不快にさせることだけは避けましょう。その後の関係にも影響が出かねません。 一番避けてほしい英語での失礼な聞き方は「What's your phone number?」や「Give me your phone number.」です。特にGive meは命令口調であり、言われた方は気分の良いものではありません。日本人でも、「電話番号は?」や「電話番号ちょうだい」と急に聞かれたら困惑してしまうことでしょう。初めて会い、これから仲良くなりたい人に対しては使用しないのが無難です。

電話番号のかけ間違いを英語で伝えたいなら

電話番号のかけ間違いを英語で伝えたいなら
※画像はイメージです
出典: Sorry - Free pictures on Pixabay

電話番号を間違えて掛けてしまった時のポイントは、英語で“間違った番号”という意味のwrong numberを使うことです。また、焦ってしまいがちですが常識やマナーとして最初にI'm sorryと伝えましょう。具体的には、「I'm sorry, I have the wrong number.」や「I'm sorry, I dialed the wrong number.」と言います。

海外の電話番号の書き方

海外で日本の電話番号を書くときは、国際電話でもかけられるように自分の電話番号にちょっとした工夫をする必要があります。それは、電話番号の前に「81」を付けることです。

よく見る「81」とは?

国際電話をする際には国や地域ごとに決められている国際電話番号(国番号)が必要になります。電話番号の先頭に国際電話番号を付けることにより、電話が繋がるようになります。 無料通話機能のあるスマートフォンのアプリでは、登録の際に自分の電話番号を入力しますが、登録画面に事前に「81」が記載されており、電話番号を入力すると自動的に自分の電話番号が海外でも繋がるように設定されます。 この時のポイントとして、自分の電話番号の最初の0が抜かれます。これは日本国内で電話をする際に必要な番号として0が定められているからで、080の場合、先頭の0が抜かれ代わりに81が頭に付くので、81-80になります。読み方は「eight one, eight zero」もしくは「eighty-one, eight zero」となります。

「+81」のプラスの意味は?

81については上記のとおりですが、「+81」の場合、プラスは何の意味になるのでしょうか。電話番号は「0+市外局番+市内局番+個人の番号」から成り立っており、0は国内で電話をかける際に必要な定められた番号です。 国際電話をかける場合に国際電話番号が必要と記載しましたが、+の部分には国際電話識別番号を入力します。アメリカの国際電話識別番号は001なので、080から始まる電話番号を使用している場合、まず001をダイアルします。次に日本の国番号の81をダイアルし、0を抜いた市外局番の80、続いてそのあとの全部の番号をダイアルすれば完了です。 国際識別番号は決まっている国もありますが、事業者別に区別されている国もあります。国際電話をかける際、0を長押しすると識別番号を自動で押してくれる場合もありますのでぜひ試してみてください。

他の国の国番号

日本は81ですが、国際電話番号は国によって異なります。日本人に馴染みの深いいくつかの国の国際電話番号を見てみましょう。 旅行や留学で訪れる人が多いアメリカは「1」、イギリスは「44」、フランスは「33」、イタリアは「39」、女性に人気の旅行先である韓国は「82」となります。

関連タグ

アクセスランキング