IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

見捨てられ不安が強い人の特徴/行動

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

見捨てられ不安とは、仲の良い恋人や友達から嫌われることを極度に恐れることを言います。少しでも否定的なことを言われると、その時点で急激な不安に襲われてしまい、毎日を安心して過ごせなくなります。そんな見捨てられ不安の特性を知りましょう。

見捨てられ不安の人は相手に嫌われることを恐れます。しかし、生きている内に自分と合わない人間はどうしても出会うことがあります。また、月日が経つことで変わっていく人もいるので、自分との関係性も変わる可能性があります。相手に嫌われても、割り切ることも大切です。

全ての人に好かれようとしない

自分が自信がないと、見捨てられる恐怖から多くの人の顔色を窺おうとします。ですがそれを続けていても自分の神経をすり減らしますし、また金銭面でも問題が起こります。人はそれぞれ感性が違うので、自分と合わない人間と仲良くすることは難しいです。 誰かと意見が違うことは悪いことではなく、むしろ一つの個性です。そして違う考えに触れることで、自分の価値観に影響を与えることができます。自分にとって参考になる所は取り入れればいいですし、ならなければ自分と違う価値観があると考えましょう。

新しい出会いを期待しよう

見捨てられ不安の人が人間関係の悩みを解消するには、新しい出会いもあると考えることです。友人はいくらでも作れますし、また恋愛だって新しい恋人と巡り会える可能性があります。自分が誠意を持って対応すれば、いくらでも新しい人間関係は構築できます。 新しい出会いに期待することは決して悪いことではありません。むしろ、環境が変われば人間関係だって自然に変化が訪れるので、昔の繋がりだけにこだわることは難しいです。大切にしたい関係は持っているべきですが、いつまでも一緒にいられるのはただの幻想です。 人間関係の依存に悩まされることが見捨てられ不安には多いです。それを改善する手段の一つが、新しい出会いに期待することです。世の中には素敵な人が多くいるので、その人達と出会えることを信じながら、新しい環境にも飛び込んでいきましょう。

過去を引きずりすぎない

必要以上に過去のことを思い返すのもしません。過去を忘れては成長はありませんが、見捨てられたことを延々と思い返しても何かが生まれることはありません。 相手ではなく、自分を幸せにするには過去を引き摺らないことも大切です。見捨てられ不安を抱えていると、自分を裏切った相手を許せなくなります。ですが復讐に身を委ねても、自分の人生は幸せになりません。

相手の権利も考えて

自分が相手を好きになる権利があるように、相手はそれを断る権利があります。相手が自分を嫌いになるには理由があります。何か明確な根拠が合ったり、もしくは感じ方の問題で合わなくなるケースもあります。その場合は、相手の気持ちを尊重してあげましょう。

改善するところと向き合う

自分に何か問題があったら、きちんとそこを改善するべきです。もしも気持ちが押しつけがましいようであれば、相手の話を聞くことを心がけましょう。例え見捨てられることが不安であっても、自己投資に励んだ方がまだ健全です。そうすれば、自分の世界だって広がります。

自分だけの人生を生きて

自分の人生を生きていくことが大事です。どんな人だろうと、本当なら自分の幸せを掴むことを目的にするべきです。誰かと助け合うことは大事ですが、ただ相手に一方的に尽くし続けることは違います。もしも相手から一方的な願望を押し付けられたら、すぐに縁を切りましょう。 見捨てられ不安になると、依存のあまりに自分が損をしていても関係を維持しようとします。しかしそんなことを続けたら自分の人生を浪費しますし、見捨てられ不安が余計に深まります。広い世界に飛び出して、自由に生きていけば問題は解決します。

見捨てられ不安の人を支えたいなら

周りに見捨てられ不安の可能性がある人がいて、その人と支えたくなったらサポートをしてあげましょう。多くの場合、見捨てられ不安の人はどうしていいのかわからなくなっていて、一人だけでは解決することができません。ですが、助け舟を出してあげればきっかけにはなります。

精神論を押し付けない

注意するべきことが一つだけあります。それは努力をすれば解決するという精神論を押し付けることは危険であることです。自発的に行動することは大事ですが、周りからそれを押し付けられたら本人にとってプレッシャーになり、逆に期待に応えようと無理をする恐れもあります。

当人だって必死に努力している

初回公開日:2018年01月29日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング