IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

海外コンセントの形状|C/BF・海外コンセントを変換方法

更新日:2020年08月28日

ガジェット

旅行や留学、出張などで海外に行くときに、必須の持ち物であるデジカメやスマホ、パソコンなど。海外でも日本と同じようにそのまま充電できるのでしょうか。ここでは、海外のコンセントにはどんなタイプがあるのか、日本の電化製品はどうやって海外で使うのかをご紹介します。

アメリカ

アメリカのコンセントは、日本と同じAタイプの形状です。日本の電化製品は、変換プラグなしで使用することができます。また、アメリカの電圧は120Vとなっていて、日本より少し高くなっています。日本の電化製品を使用する場合には、変圧器の使用をします。 もちろん、100V-220Vに対応している電化製品を使用の際には、変圧器は必要ありませんので、変換プラグも変圧器もなしにそのまま使用することができます。

海外コンセントを日本で使う方法

ここまで紹介してきた「日本の電化製品を海外で使用する方法」とは逆に、海外で購入した電化製品を日本で使いたい場合には、どうしたらいいのでしょうか。 一見、日本の製品の海外で使ってる時と同じように、変換プラグや変圧器を使えばいいと思いがちですが、日本で販売されている変換プラグは、日本のプラグを海外のプラグに対応させるタイプのものがほとんどで、海外の製品を日本のプラグに変換するタイプのものは、実は日本国内ではほとんど販売されていない、というのが事実です。 秋葉原などにある多種類の電化製品を扱うような店であれば、見つけられる可能性も高くなるでしょう。また、電圧の面で見ると、110V-240Vの海外の電化製品を日本で使用するには、日本の100Vの電圧では電力不足ですので、アップトランス(昇圧器)の変圧器が必要になります。

海外コンセント変換プラグ販売店

海外へ出掛ける際に必要となることが多いコンセントの変換プラグですが、どこで購入できるのでしょうか。家電量販店や空港以外にも、東急ハンズの海外旅行グッズがあるコーナーなどでも見つけられます。その他には、どんなところで買えるのかをいくつか紹介します。

100均

ダイソーなどの100均でも、変換プラグを種類豊富に取り揃えられています。金額的にもお手軽に購入できるので、必要になりそうなものを何種類か買っておけるので便利です。

アマゾン

もちろん、変換プラグは通販のアマゾンでもたくさん取り扱いがあります。何種類かの形状のプラグがセットになったマルチプラグなどもあるので、口コミなどを参考に通販で買うのも便利です。

海外コンセント変換プラグメーカー

コンセントの変換プラグには、それぞれの1つの形状に対応すシンプルなものから、何種類かの形状のプラグに対応するマルチプラグ、便利な付加機能がついたものなど、種類もたくさんあります。ここでは、変換プラグメーカーを紹介します。

ヤザワ(YAZAWA)

ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5
ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5

ヤザワ(YAZAWA)からは「海外旅行用変換プラグ A・B・BF・C・Oタイプセット HPS5」という世界で需要の高い5タイプのプラグにセットになっているものや「海外用マルチ変換タップ HPM6AC3WH」という1mのケーブルがついた、5タイプの形状に対応するものなどが売られています。デザインもコンパクトでローコストなのでです。

シンガポールでBFタイプを使用しましたが全然使えました。 強いて言うなら色が他にもあった方がいいかも?

モクリオ(MOCREO)

初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング