IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【特徴別】ゲーミングモニターの3|サイズと選び方

更新日:2020年08月28日

ガジェット

ゲーミングモニターは、ビデオゲームを快適にプレーできるように開発された専用のモニターです。ゲームは海外ではプロ化されており、日本でもプロ化が注目されています。ゲーミングモニターやサイズなど、気になる情報をピックアップしました。

ゲーミングモニターの3

ゲーミングモニターは、ビデオやオンラインゲームを快適にプレーできるように開発されたいわばゲーム用のモニターのことで、その性能は年々進化しています。 日本では、ゲームは子どもの遊びだといわれていますが、海外ではビデオゲームやオンラインゲームは、『エレクトロニクス・スポーツ』通称eスポーツと呼ばれ、立派なスポーツとして確立しています。そのため、賞金のある大会やパフォーマンスなど幅広い国と地域で大会が行われています。最近では、日本でも企業がプロゲーマーチームを結成するなど、世界中がeスポーツに注目しているのです。 そんなゲームを楽しみたいすべての人やプロゲーマーをサポートするのがゲーミングモニターです。ゲーミングモニターは、ゲームの為に作られた物なので、ゲームの最大限の動きをすることができます。 格闘ゲームモード、FPSモードなど各ゲームジャンルに合わせた環境設定ができるモードも搭載されているゲーミングモニターもあります。今回はその中でもゲーミングモニターを各3とその他でご紹介していきます。

安いゲーミングモニター3

1位:BenQ モニター ディスプレイGL2460HM

Amazonのゲーミングモニターの中でベストセラーを誇るBenQのゲーミングモニターです。フルHD、ブルーライトカット、ノングレア加工が付いてたったの1万円台という破格のコストパフォーマンスを誇っています。オンラインゲーム、FPSゲーム、格闘ゲームなどすべてのゲームプレーに万能でゲーミングモニターです。

2位:iiyama ゲーミングディスプレイ GE2488HS-B1

iiyamaは国産のメーカーなので、海外産は不安…という方にメーカーです。ワイド型の24インチでゲームプレーにはちょうどいいゲーミングモニターです。しかも、価格も1万円台で買えるので、コストパフォーマンスもバツグンのゲーミングモニターといえるでしょう。

3位:ASUS ゲーミングモニターVX238H-P

応答速度の評価が高いゲーミングモニターとしてゲーミングモニターです。応答速度とは、入力をした際に画面に表示されるまでの動作が早いかどうかのスペックで、速度が小さければ、小さいほど早いので、より快適なゲームプレーをすることができます。 その応答速度が1msと速く、価格も1万円台とコストパフォーマンス面でも破格の安さです。さらにスピーカーも内蔵しているので、外部スピーカーは必要がありません。 さらに3年間の保証もついているので、安心です。快適にゲームをプレーするにはじゅうぶんできるレベルのゲーミングモニターです。

PS4用にゲーミングモニター3

1位:EIZO FORIS FS2434-R

Amazonでも高評価上位にあるEIZOから発売されているゲーミングモニターです。ゲームだけではなく、動画、アニメなどあらゆる映像に対して自動補正してくれる機能が付いているので、常にどんなシーンでも美しく、キレイな映像を出力してくれます。 また、ゲームFINAL FANTASY XIV(オンライン・Windows版)のゲーミングモニターとして公式からも認定を受けているため、どんな動作もシーンも快適にプレーができるということが証明されているのです。 PS4となると、データ量が重く、画質の解像度が高いものが多いので、どうしても低スペックなモニターでプレーするとそのゲーム本来のなめらかな動きにはなれません。EIZOのモニターは、そんなゲームのストレスをなくした快適プレーができるゲーミングモニターです。

2位:I-O DATA LCD-RDT241XPB

I-O DATAというメーカーから発売されているAmazonでも高評価のゲーミングモニターです。I-O DATA独自の超解像度技術『ギガクリア・エンジンⅡ』という技術を搭載しているので、どんなゲームシーンでも快適に、そして動画など美しい映像を楽しむことができるのが特徴です。 さらに極細フレームレスパネルを搭載しているので、つなぎ目がほとんど目立たちません。そのため、マルチディスプレイを使用している人にはです。口コミでも「ゲームの発色や奥行き感がしっかり出て良い」「快適にプレーができる」など高評価を得ています。

初回公開日:2017年07月07日

記載されている内容は2017年07月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング