IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

うさぎの種類・性格と特徴(温厚/活発)・うさぎの値段相場

初回公開日:2017年10月10日

更新日:2020年11月15日

記載されている内容は2017年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

近年うさぎをペットとして飼う人が増えていきました。本記事では、うさぎの種類・性格と特徴(温厚/活発/懐きやすさ)・うさぎの値段相場についてまとめていきます。うさぎをお迎えしようと検討している方、どの種類か迷っている方は是非参考にしてみてください。

うさぎの種類とは?

うさぎという言うと、どんなうさぎを思い浮かべますか。学校にいるうさぎ小屋にいる、耳が立っているうさぎを思い描く人が多いでしょう。しかし、実際うさぎには沢山の種類がいて、耳が垂れている種類や毛並みが長いもの、大きくなるものから小さい大きさのままの種類等存在しています。

ミニうさぎという種類とは?

ミニうさぎは、ペットショップで見かけるうさぎです。ミニうさぎは、名前だけを聞くと身体が小さいうさぎの種類かと想像する人も多いでしょう。しかし、ミニうさぎは「雑種」のため明確な基準がなく、名前の通り小さい子もいれば大き目になる子もいます。小さいうさぎが欲しいからと言ってミニうさぎを選ぶのはやめましょう。「体長:26~40cm、体重:1.5~3kg」

ネザーランドドワーフという種類とは?

ネザーランドドワーフは、うさぎの火付け役ともなったといえる種類です。ネザーランドドワーフはオランダで品種改良されて生まれたうさぎで「ドワーフ(小人)」の名前の通り、小さい体が魅力です。飼いうさぎの中で世界最小で、大人になっても体が小さく大きさは26cm、体重は1kgほどしかありません。 可愛らしいサイズ感と、うさぎらしい独特の立ち耳フォルムでうさぎの中では最ものある種類として有名です。「体長:26cm、体重:0.9~1.2kg」

ロップイヤーという種類とは?

うさぎの種類の中で、たれ耳の種類がロップイヤーです。ロップイヤーの中でも種類があり、ホーランドロップ・イングリッシュロップ・ライオンロップ・ミニロップ・フレンチロップ等存在します。 イングリッシュロップは、原産国がイギリスのロップ種の原種であり体は大型です。ライオンロップは、ライオンラビットと呼ばれるライオンのたてがみのような飾り毛のある種類を言います。耳が垂れている場合がライオンロップです。一般的にうさぎ専門店等で出回っているうさぎはホーランドロップが多いでしょう。 ホーラーンドロップの原産国はオランダです。フレンチロップと、ネザーランドドワーフを交配させて誕生しました。ミニロップは原産国はドイツで、雑種に近い扱いになり、ホーランドロップをミニロップと表示されている事もあります。 ホーランドロップよりは大きめで大人になると2kg~3kgになります。フレンチロップは名前のとおりフランスが原産国です。フレンチロップは、大型の種類で6kg程になる個体もいます。 丸い顔の形が特徴的で、体型も丸みを帯びています。ロップイヤーは種類によって大きさが異なります。うさぎ専門店やペットショップで販売されているホーランドロップは、小さい子は1.5kgですが大体2kgあたりまで成長します。 ロップイヤーの性格は、かなり穏やかで飼い主に対してもかなり友好的です。攻撃的な面を見せることはほとんどありません。初めてうさぎを飼う場合、ロップイヤーはです。「体長:30~40cm、体重:1.5~6kg」

アメリカンファジーロップという種類とは?

ホーランドロップと、長毛のフレンチアンゴラを掛け合わせた種類がアメリカンファジーロップです。原産国は名前の通りアメリカです。タレ耳と、動くぬいぐるみのようなモフモフの外見が特徴です。 性格もロップイヤー種の為、人懐っこく触れたり抱っこしたりを嫌がらない個体が多く、ペットとコミュニケーションをとりたい飼い主に種類です。「体長:30cm、体重:1.5~3kg」

ライオンラビットという種類とは?

ライオンラビットは、ライオンヘッドやライオンドワーフ、ドワーフライオンと言われる事もあり、体のサイズや耳の形などによって呼ばれ方が変わります。ライオンのような顔周りのたてがみが特徴的で、ふさふさの毛の印象があります。 耳が垂れているタイプはライオンロップとなります。小柄のタイプはライオンドワーフです。原産国はベルギーです。独特のモフモフ感がたまらないとです。「体長:30cm、体重:1~3kg」

アンゴラという種類とは?

関連タグ

アクセスランキング