IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職や転職の面接日程の連絡方法・英語で連絡する場合の例文

更新日:2020年06月30日

転職の面接

外資系企業への就職活動では書類審査を通過したら次は面接が待っています。この記事では面接日程の調整を行う際に英語でどのように返信したらよいか、どのような点に気を付けて返信したらよいかをまとめてあります。あなたが最高の状態で臨める面接日程を組んでみてください。

返信メールは、基本的に件名を自分で書き換えないようにしましょう。なぜなら、件名によって相手企業側でフィルタリングされている場合が多いので、件名が違うと面接日程の調整とは別の要件なのかと勘違いされてしまう恐れがあるからです。 もし、どうしても件名を変えて返信する場合には、メールの内容が分かりやすい端的な件名にしするか、全ての単語の一文字目を大文字にするなど、工夫をしましょう。ただし、接続詞(and, butなど)、冠詞(a, theなど)、前置詞(at, onなど)の先頭は小文字のままでも大丈夫です。 状況によっては、件名の最初に書くべきフレーズは決まっていますので、参考にしてみてください。 ・Urgent:緊急 ・FYI:参考までに ・Reminder:リマインダー ・Resend:再送

件名に「Re:」はつけてよいか

返信ボタンをクリックすると件名に「Re:」が付きます。これはRegarding(~に関して)という意味です。ただし、返信ボタンで自動的に付くため最近ではReply(返信)という意味で捉えられるケースが多いです。「Re:」を付けて送ると、返信メールだと一目で分かるため問題ありません。 ただし「Re: Re: Re: Re: Re:」のようにあまり長く続くと、件名が見えなくなるため相手は嫌うケースもあります。注意しましょう。

返信に本文は引用した方がよいか

英文に限らず本文は、全文引用して返信したほうが良いでしょう。これまでのやりとりの経過が分かるためです。また、引用文の一部を削除したり、修正したりすることは絶対にしてはいけません。残すなら全文残す、もし消すなら全文消すようにしましょう。 ただし、面接日程などのような日時が記載された文章は消さないでおきましょう。お互いアポイントメント日時が後になっても確認できるためです。

返信に署名はつけたほうがよいか

返信メールに署名を付けるのは良いことです。ただし、メールの返信が繰り返されると署名が何度も繰り返し記載されたメールになってしまいます。一つのメールの中に同じ署名が何度も表示されるのは見苦しいですし、本文の内容が短い特には特に見栄えが悪くなります。メールの返信が続く場合には、署名は1回分になるように削除した方が良いでしょう。

英文メールの返信には細心の注意を!

外資系企業への就職を目指す場合は、英文でメールを返信する必要があります。先方へ面接日程を了承することを伝える場合、面接日程の希望日時を伝えたい場合、指定された面接日程の都合が悪い場合、面接を辞退したい場合などと、さまざまな場面があるでしょう。 英語は、敬語表現がなく端的でストレートに伝える方が良いと思っている方もいるでしょうが、そんなことはありません。日本語同様に、敬語表現や心遣いを伝えることは、特にビジネスメールでは大切なことです。 英文メールを返信する際には細心の注意を払い、相手に好印象を持ってもらえるような文章を書くように心がけましょう。 ビジネスメールでは、英語でも日本語でも社会人としてのマナーが問われます。後悔しないためにも、あらゆる準備と対策を行いましょう。一人での転職活動に限界を感じたら転職エージェントに相談してみましょう。

初回公開日:2017年10月12日

記載されている内容は2017年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング