IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

始業時間前の掃除は労働時間?|会社の始業時間や就業時間の平均

社会人常識

就活をする上で大切なのはどのような環境になっているのか、働く場所はどうなのかという情報ですが、その中には始業時間は何時なのかも加えたほうがいいでしょう。これは学生さんでも同じで、学校によって異なる始業時間をきちんと把握して選ぶようにしてください。

更新日時:

会社の始業時間・就業時間の平均

会社の始業時間はどのようなところで働いているかによって大きく変わってくるでしょう。例えば早朝番のような勤務がある人は始業時間が3時という方もいましたし、深夜番という人は始業時間が24時という人もいました。現代日本ではいろんな働き方があるので、比較するのは難しくなっています。 それらを加味したうえで、マイナビが実施した始業時間のアンケートのデータを見てみると、最も多かったのが9時で、その次に8時30分、9時30分、8時、10時となっております。これらのデータを見てみると納得する人も出るでしょう。

また、就業時間はお昼休み休憩の1時間を入れて9時間が基本となっていることが多く始業時間が9時のところが多かったことから、9時+9時間=18時ということで、18時までという方がこちらも多くなっております。基本的に1日8時間労働のお昼休み1時間が多いので、このような時間体制になっているのでしょう。

就業時間や労働時間などの違いについて

ここら辺から少しややこしくなってしまいますが、就業時間、労働時間、そして実稼働時間は異なるので、これらの言葉の違いを理解しておくといいでしょう。それぞれ始業時間に関係のあるものですので1セットとして覚えておきましょう。 まず、就業時間は先ほど記載したように勤務時間で9~18時などと記載されてあった場合はこれが該当すると思ってください。9時が始業時間で9時間拘束となっていると考えましょう。 そして、労働時間というのは出社から退社をするまでの時間ですので、残業をした場合は大きくずれると思ってください。終業時間が18時までだったとしても、残業をして20時に退社をした場合は、労働時間は始業時間から数えて11時間となります。 また、実稼動時間となった場合は、この労働時間から休憩時間などを抜いた時間となっております。例えば、残業なしで始業時間が9時で18時に終わる会社だった場合、お昼休み休憩が1時間あるので、実稼動時間は8時間となるでしょう。

始業時間前の朝礼・掃除は労働時間に含まれる?

これがなかなかに厄介な問題で、始業開始前に行われる掃除や朝礼は扱いにとっても困ります。ただ、過去の判例を見た限りでは朝礼は確実に労働時間にカウントしないとだめでしょうし、清掃も会社の指示のもとに行われているのであれば労働時間にカウントしないといけません。 ここで大切なことはこのように集まることや行動をすることが「使用者の指揮命令下に置かれている時間」に該当するかどうかになります。例えば、9時が始業時間の会社なのに8時50分から義務付けて朝礼を行っている会社だった場合は労働時間になると考えてください。 例外としては自由参加式の朝礼にしており、特に業務において必須となるような人事連絡などがない場合は労働時間にならない確率のほうが高いでしょう。逆に、「自由参加」としておきながら、酸化しないと業務に支障が出るような連絡事項があるのならもはや自由参加というレベルではないので黙示の指揮命令があると考えることができます。 掃除や清掃の場合も同じで、上司などから「必ず10分前から清掃を開始すること!」などと命令が出ている場合は「使用者の指揮命令下に置かれている時間」に該当するので、労働時間と考えられる確率が高いです。ただし、自発的に掃除をしているというだけなら労働時間とは考えられないでしょう。

始業開始前の着替えや移動時間について

これもなかなか問題となる部分なので調べてみました。まず、始業時間前の着替える時間についてです。これは、どの程度の命令が出ているのか、仕事内容は何なのかで変わってきます。例えば私服がOKの会社だった場合は服装に対する指揮命令はほぼないので、その時間は始業時間前でも労働時間とは見られないでしょう。 これが、制服着用が義務付けられているような仕事だった場合で、さらに制服を着て通勤することを認めていないという状態ならば、労働時間と考えたほうがいいいでしょう。制服ではなく労働安全衛生法などで 義務となっている作業着や安全靴などの保護具の着用に関しても同様に労働時間と考えてください。 また、移動時間についてもなかなかに難しくなっております。これがただ単に会社に出社しているというだけなら関係ないのですが、別の事務所などに立ち寄って必要な工具や機材を車に積んで運ぶという作業が入っていた場合、職務遂行の付随行為という考え方になるので、その事務所から現場などへの移動時間は始業時間前であっても労働時間と考えたほうがいいでしょう。

学校の始業時間

それでは今度は大人のお話ではなく、子供たちのお話をしていきましょう。実は学校によってこの始業時間というのは異なる部分があるので、改めて調べてみると新たな発見が次々と出てきます。

公立

始業時間は何時にするというルールは存在しないので、学校によって異なります。いくつか学校のホームページなどで見てみた限りでは8時30分から9時が多くなっています。 もちろん学校によって差がありますし、キリスト教系の学校だった場合は始業時間前に礼拝の時間などが用意されていることもあるので、この始業時間がもっと早まるケースだってあります。

小学校

小学校の場合は公立高校などと比べるとちょっと早くなっているケースが多くなっています。これも学校によって異なるので統一されていませんが、8時から8時30分が多くなっておりました。学校によっては夏は8時30分が始業時間で、冬は8時40分が始業時間となっているというところもあります。

幼稚園

こちらも決まっていませんが、小学校のような学校よりもかなり差が広くなっています。幼稚園や保育園の場合は始業時間ではなく登園時間となりますが、8時30分から始まることもあれば、7時30分から開始しているところもあり、9時15分にしているところもありました。

県立

県立であっても公立であっても決まりはありません。学校によって始業時間は異なります。これも幅があり、8時というところもあれば8時50分というところもありましたので、学校ごとに調べておいたほうがいいでしょう。

高校など

高校生であっても始業時間の違いはかなり大きいので、目指している学校があった場合はこの部分も必ずチェックしておいてください。だいたいが8時~9時となっていますが、30分の違いは朝の場合は大きいので、つらい人は訓練したほうがいいでしょう。

郵便局の始業時間

郵便局について始業時間について情報を集めましたが、なかなかに多忙となっています。これも務めている場所にもよるでしょうが、実際に働いている人の記載を見ると、8時・9時・10時・12時などに別れており、かなり時間帯を細かく分けているのです。 他に勤めている方の意見では、外務の場合日勤なら始業時間は7時30分から8時30分で、遅番なら11時30分から12時30分というものもありましたので参考にしてください。

役所の始業時間

役所の始業時間

役所で働く公務員の方々の意見をこちらは参考にして情報を整理すると、こちらは一般社会人の方々とほぼ一緒になります。8時から9時の間が多いと思ってください。逆に10時とか9時30分という意見は少なかったです。

始業時間は学校で違う!

始業時間は学校で違う!

社によって始業時間が違うということは知っていた人は多いでしょうが、学校でもこの始業時間かなり大きな差を見せているので、事前に調べておきましょう。学校次第で1時間程度の差ができてしまいますので、選ぶときの参考データにしたほうがいいでしょう。 また、社会人の方々も始業時間によって通勤ラッシュを回避することができるかどうかが大きく異なってきますので、転職するときは見落とさないようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング