IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リナリアの花言葉・リナリアの花言葉の由来・英語での花言葉

コミュニケーション

リナリアという花をご存知でしょうか。花と言ってもたくさん種類があり、色や形もさまざまです。リナリアは別名「姫金魚草」と呼ばれています。「なぜ姫金魚草と呼ばれるのか」また、リナリアの花言葉についてご紹介させていただきます。

更新日時:

リナリア(姫金魚草)の花言葉

「リナリア」は、ウンラン属に属する植物で、学名が「Linaria」。ゴマノハグサ科(オオバコ科)に分類されます。「リナリア」とは、ギリシャ語で亜麻(アマ)を意味する「Linon」が語源で、葉っぱが亜麻のものに似ている事に由来します。 別名の「ヒメキンギョソウ」は、草花や花が金魚草にしている事に因みます。リナリアは、細い葉をつけた茎の先に、たくさんの花を咲かせます。同じ科の金魚草よりも花が小さい事から「姫金魚草」と呼ばれることもあります。

リナリア(姫金魚草)の花言葉

リナリアの花言葉は、いくつかありますが、1番広まっている花言葉は、「この恋に気がついて」です。小さな花が、恋する少女の様な繊細さと可愛らしさがある事に因んで、「この恋に気がついて」と言う花言葉が付けられました。 もうひとつ「幻想」という花言葉がありますが、こちらは、まだ恋愛に対して幻想を抱いている幼い少女の、揺れ動く乙女心を表しているとされています。どちならにも共通するのが「恋」「恋愛」に関する事です。 リナリアは、赤やピンク、白など淡い色の花を咲かせるので、その淡い色のように、まだ少女の淡い恋心(初恋)を表すぴったりな花なのでしょう。

その他にも、「乱れる乙女心」や、「断ち切れぬ想い」という花言葉もあります。

リナリア(姫金魚草)の別名

花には別名の方が世の中に知れ渡っている花もあります。花の別名だけ知っていて正式名称は知らないという事も多々あるでしょう。リナリアにも別名が存在しますのでご紹介します。 「姫金魚草(ヒメキンギョソウ)」、こちらがリナリアの別名としては知れ渡っているのではないでしょうか。姫金魚草は、金魚の様な花を咲かせるキンギョソウに似て、それよりも小型にある事に因んで付けられました。 その他にも、「紫海蘭(ムラサキウンラン)」や、「柳海蘭(ヤナギウンラン)」という別名があります。

リナリア(姫金魚草)の花言葉の由来

リナリア(姫金魚草)の花言葉の由来

リナリアの花言葉の「この恋に気づいて」は、乙女のような可愛らしく繊細な花姿から少女の恋心をあらわしているとも言われます。

パンジーの花言葉の由来

リナリア以外にもどのような花言葉があるのか知りたいと思ったことはありませんか?そこで私達の周りで身近な「パンジー」の花言葉をご紹介します。 パンジーは、花の模様が人間の顔に似て、8月には深く思索にふけるかのように前に傾くところから、フランス語の「パンセ(思想)」にちなんで名付けられました。花言葉もここからきているそうです。パンジーの花言葉は、「もの思い」「私を思って」です。またパンジーは、色によって花言葉が変わるそうなのでご紹介します。

紫のパンジー(Purple Pansy)は、「思慮深い」という花言葉です。西洋での花言葉は、「あなたの事で頭がいっぱい」です。 黄色のパンジー(Yellow Pansy)は、「つつましい幸せ」「田園の喜び」という花言葉です。西洋での花言葉は、「記憶」です。 白色のパンジー(White Pansy)は、「温順」という花言葉です。西洋での花言葉は、「愛の思い」です。 こうやってみてみると日本の花言葉と西洋での花言葉は、似ているところがあります。

リナリア(姫金魚草)一年草と宿根草

リナリアには、一年草と宿根草の2種類があります。それぞれ開花時期や特徴が異なるので比較してみましょう。

一年草

春に種をまくことで、春から夏(3月~7月頃)に開花した花を楽しむ事ができます。また、秋頃に苗を購入して植えつければ、冬の11月~12月頃に開花し、開花した姿を楽しむ事ができます。 矮性種と高性種の2パターンがあり、宿根草よりも花付きが良く鮮やかな花姿をするのが特徴です。また矮性種は、ロックガーデンや鉢植えに向いていて、高性種は、ボーダー花壇に向いています。が、最近では、花壇用だけではなく、切り花としても流通し始めています。

一年草とは

一年草は、種をまいたその年のうちに発芽し、花が咲き種をつけ、枯れる植物で、「一年性植物」とも呼ばれます。一年草は枯れた後種を残すので、次の年はその残された種から新しい株が育ちます。

矮性種とは

矮性(わいせい)とは、普通の大きさの植物よりも小形なまま成長する種類の事を指します。

高性種とは

植物の中で背が高くなるものを高性種と言います。矮性種と逆の意味を持ちます。

宿根草

宿根草は、種まきから育てた場合3年程の時間がかかります。一年草よりも開花時期が短く、5月~7月頃が開花時期です。ただ、こぼれ種でも花を咲かせる程丈夫で、生命力が強いのが特徴です。

宿根草とは

基本的には多年草と似ていますが、多年草とは違い、冬になったら地上部(葉や茎)を枯らします。そして、冬などの苦手な時期をじっと土の中で耐え、また暖かくなりだしたら大きく育ちはじめ、花を咲かせ、の繰り返しをするという植物です。一見枯れてしまった様に見えますが、実は生きている、という植物です。

こぼれ種とは

こぼれ種(self-sown seed/seedling)とは、人間が意図的に蒔いた種子ではなく、植物から自然にこぼれ落ちた種子や、その種子から生えてきた植物のことである[1]。単に輸送中などに意図せずこぼれた種子をこう呼ぶ場合もある[2][3]。

リナリアは色ごとで花言葉は違うの?

リナリア(姫金魚草)は、色ごとに花言葉は無いようですが、上記でパンジーをご紹介しましたように、色によって花言葉が違う花もあります。そこで「アザレア」という花の色ごとの花言葉をご紹介いたします。

アザレアの花言葉

アザレアの全体的な花言葉は、「愛の喜び」「自制心」「禁酒」「あなたに愛される幸せ」「愛の楽しみ」です。 白色のアザレアは、「充足」「満ち足りた心」。ピンク色のアザレアは、「青春の喜び」。赤色のアザレアは、「節制」「節度の愛」です。 1つの花でこんなにも花言葉があります。色によって花言葉が違ってくるのでその都度意味を考えて選んだりするのも楽しみの1つになります。

英語でのリナリアの花言葉

リナリアの英名は、「Spurred Snapdragon(スーパーレッドスナップドラゴン)」です。 「この恋に気づいて」この花言葉は、元々欧米の花言葉だそうです。リナリアの小さくて可愛らしい花びらが揺れる様子から、可憐な恋焦がれる少女を想像させ、この様な花言葉が付けられたのでしょう。少女の恋=初恋と想像させ、そこから初恋の相手に贈る花、と話題になったのでしょう。

番外編:リナリアの上手な育て方

上記までは、リナリアの花言葉や、その由来についてご紹介してきました。こちらではリナリアを育ててみたいと思った人のために、リナリアの上手な育て方をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

日当たりの良い場所

1.屋外・室内どちらに置く場合でもできるだけ日当たりの良い場所で育てる(日に良く当たらないと茎が徒長しひょろひょろになり弱い株に育ってしまい、花も色あせてしまう) 2.酸性の土壌が苦手なので、植え付け前に石灰をまいて中和する 3.水はけと風通しの良い場所を好みます

耐寒性があり冬越しできる

1.寒さには強いですが、霜に当たると枯れてしまいます 2.花壇植えは、不織布や、霜よけネットなどをかけて霜よけして下さい

表面の土が乾いたら水をやる

1.過湿が苦手なので、水のやり過ぎに注意 2.表面の土が湿っていたら水やりはしない 3.冬は乾燥気味に育てる。表面の土が乾いてから2~3日後に水やりをする 4.受け皿の水は必ず捨てる

あまり肥料はいらない

1.植え付ける時に緩効性肥料を混ぜ込んでおくだけで大丈夫 2.葉の色が悪かったり、生育が鈍っているようであれば追肥して良い

いかがでしたか。育てるのは比較的簡単でしょう。ぜひ参考にして、素敵なリナリアを育ててみて下さい。

好きな人に贈ってみよう

リナリアには素敵な花言葉がある事がわかりました。普段言えない様な言葉でもお花でしたら、恥ずかしくないので良い手段になります。リナリアだけではなく、他の花でもどんな花言葉なのか調べてみたらきっと新しい発見があるでしょう。愛ある表現の花もあれば、悲しい表現の花もあるでしょう。興味があれば身近な花から探してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング