IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【地域別】お中元の期間・時期はいつまで|関東/関西/九州/東北

家事

日頃からお世話になっている方々に、お中元という形で表し感謝の気持ちを伝える日本の風習ですが、そのお中元の時期にもTPOがあります。そのいつまでにというのも地域差があるので、それをふまえてお中元を贈りましょう。ではいつまでに贈ればいいのかについてご説明します。

更新日時:

お中元とはどんな意味?

お中元とはどんな意味?

日本には様々な風習があり「お中元」もその一つです。お中元とは、暦(旧暦)の上の1年間を2回に分け、節目にあたる7月15日を「中元」と言いここからお中元という言葉が生まれました。 今も昔も変わらないのが、お世話になった人への感謝を込めて贈り物をするという慣習です。これらが合わさり「お中元」として今に至っているのです。

お中元のはじまりとは?

この節目については、中国のの3元がもとになっています。「上元(1月15日)」、「中元(7月15日)」、「下元(12月15日)」に由来し、7月の「中元」は、盂蘭盆会(うらぼんえ-7月15日)の時期に、先祖の霊に対してのお供え物としての贈り物などからの、お供え物が伝来し「お中元」という形での風習に関係しているようです。

お中元の期間・時期はいつまで

お中元の期間・時期はいつまで

夏が近づくと、「お中元をどうしようか?」とお考えになりますね。時代が変わったとはいえ、お中元は、お世話になった方へ感謝を伝えるとても大切なコミュニケーションツールです。 特に新社会人にとっては、初めてのお中元には、「お中元には何を送ったらいいのか?」「お中元はいつまでに贈ることが正しいか?」と迷ってしまうこともあると思います。せっかく送るのでしたら「正しいお中元の贈る時期」を知り、感謝を伝えたいものです。

お中元の時期には地域差がある?

お中元の送る時期については、地域により贈る時期が違うため、いつまでに送ればよいかということも違いが生じてきます。一般的には、7月初め頃から15日頃までに贈りますが、最近は、デパートなどでは6月になると、「お中元ギフト」のコーナーを設けます。次第に早まってきているようです。 贈る時期は地方によって違いがあります。 お中元の時期を過ぎると、表書きを立秋(8月8日か9日)までは「暑中御見舞」に、立秋以降は「残暑御見舞」に変えれば失礼はありません。贈り先が目上の方の場合は、それぞれ「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。 この違いについては、その地域により違いがあります。そのため今回は「関東はいつまで」「関西はいつまで」「北海道はいつまで」「九州はいつまで」「東北はいつまで」そして「東京はいつまで」と地域ごとに検証してみました。

関東はいつまで?

何かと関東と関西では違いがあるのですが、関東地域の場合いつまでにお中元を贈ればいいのでしょう? 関東では、7月初旬~7月15日までに届くようにお中元を贈ります。7月16日を過ぎた場合は、残暑見舞いとします。近年では東京近郊ではお中元の贈る時期が早くなり、6月20日頃から贈られるようになっています。その訳は、関東ではお中元を贈る期間が2週間程度と短いためということで、配送が遅れてはということのようです。

東北地域はいつまで?

関東より北の東北地域の場合、いつまでにお中元を贈ればいいのでしょう? 東北地方は、ほぼ関東と同じ時期にお中元を贈ります。ですから「7月初旬~7月15日まで」7月16日を過ぎたら残暑見舞いと同じです。首都圏が早まっているので、東北地方でもだんだんと早まり6月20日ごろから贈られる場合もあります。

関西・東海・中国・四国地域はいつまで?

関西地域の場合、いつまでにお中元を贈ればいいのでしょう?関東とはどのように違うのでしょう。 関西では一般的に、7月下旬~8月15日までにお中元を贈ります。関西では、お盆を8月の旧盆に行うことが多いということから、関東より約1月遅くなるようです。しかし、関東が年々早くなる傾向にあることの影響から、関西でも早まる傾向にあります。 もし、お中元としての時期「8月15日」を過ぎてしまった場合の、8月16日から9月上旬までに贈る場合は「残暑見舞い」とします。

東海・中国・四国地域も、関西と同じ時期にお中元を贈ります。8月15日を過ぎた場合も同じです。

北海道はいつまで?

北海道では、いつまでに贈るのでしょうか? 関西と同じく旧盆の時期が一般的で「7月15日~8月15日」にお中元を贈ります。しかし他の地域から早く贈られることがあることから、近年では北海道のお中元時期もだんだんと早まりつつあります。

九州地域はいつまで?

九州地域の場合は、いつまでにお中元を贈ればいいのでしょう? ここまで色々な地域のご紹介をしてきましたが、九州の場合は関東や東北とでは1ヶ月ほどお中元の贈る時期に違いがあります。 九州へのお中元は、「8月1から8月15日」には先方様へ届くよう贈る必要があります。 しかしながら九州でもお中元は早まる傾向で、7月中にお中元をお届けされる方も増加しています。 時期として遅れた場合は「残暑見舞い」として贈りますが、関西地域と同様で8月25日頃までには届くよう手配してください。

沖縄はいつまで?

沖縄は他の地域とは異なります。ではいつまででしょうか? 沖縄では「旧暦の7月15日まで」がお中元を贈ることとなっています。旧暦でお中元の時期が決まりますから、その年によりお中元の時期にも違いが出ます。沖縄へのお中元は、旧暦7月15日の確認が必要になります。

このように「お中元」を贈るにも、選ぶ品物のルールと同じように、いつからいつまでという期間限定のルールがあります。特にビジネス関係のお中元の場合は、送り先の場所に心配りを忘れないようにしてください。

お中元はいつまでに送るのか

お中元はいつまでに送るのか

お中元と暦とは深いかかわりがあり、お盆を旧暦で行うか新暦で行うかによりいつまでに贈るのかということに違いが生じてきたようです。現代ではほとんど旧暦には関係ない生活ですが、昔からの風習には今も重要な役割があるのです。 日本は東西に長く、気候にも違いがありますが北とか南とかではなく、地域の風習によるようです。そのためにいつまでにという時期については、送り先の地域により届く時期をいつまでとお考え下さい。

お中元のお礼・お礼状はいつまでにするのか

お中元のお礼・お礼状はいつまでにするのか

本来なら、お中元は持参するべきところですが、現代では送るという習慣が多くなっています。送り主にとっては品物が無事に届いたかはとても気にかかることです。お礼は勿論ですがお知らせという意味でも、とても重要なことです。 お中元を頂いたら、できる限り早くお礼状は出しましょう。「いつまでに?」という質問がおありかと思いますが、本来は届いたその日のうちに出したいものです。「とても当日は無理!」という場合でも、2日から3日のうちには出すようにしてください。これは贈っていただいた方への感謝のマナーです。

お礼状の書き方

お礼状は、正式には封書で文章は縦書きで書きます。現代はメールやラインがとても日常的になっていますが、友達とかの場合なら「電話」や「メール」でもよさそうに思われますが、目上の方やビジネス関係の場合は、手書きでのお礼状が最善です。取引先への礼状は、多数になることがあります。その場合は印刷で出すのもありでしょう。でも、一言の言葉を添えるのも忘れないでください。

礼状の文例

内容的には、まず届いたことの報告とお礼を述べ、最後に贈り主への気遣いを添えます。 最初に ・届いた「お知らせ」と「お礼」を述べます。その際、その頂いたお品への感想なども書き添えると喜ばれます。例えば「家内の大好物で、さっそくいただきました」とか「我が家がビール党だということを覚えていてくれてりがとうございます」とか、心温まる一言を添えるのもいいでしょう。 最後に ・送り主への気づかいとして、心ある健康を気遣う言葉で締めくくりましょう。 ・ビジネス礼状の場合は「最後に、御社のご発展とご健勝をお祈り申し上げます」と締めると良いですね。

頂いたお中元についてのお礼の言葉 ・このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。 ・このたびは結構な品をご恵贈賜り有難うございました。 ・このたびは結構なお品をお送り頂きましてありがとうございます。 ・このたびは、まことに結構なお中元の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。 ・このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。 ↓↓ 先方の健康を気づかう言葉 ・これから暑さが本格化しますので、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。 ・暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛くださいませ。 ・暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 ・まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛下さい。 ・暑さはこれからが本番です。皆様どうぞご自愛下さい。

お中元のハガキはいつまでに送るのか

昨今では、封書ではなくハガキで出される場合も良しとされています。正式とは言えず略式となりますが、心のこもったハガキを出すということでかなり寛容になってきています。この場合も、いつまでに出せばいいということではなく、なるべく早く出してください。そして届いた品物への感謝と、先方への心配りも忘れずに書き添えましょう。

お中元のお返しはいつまでに送るのか

お中元のお返しはいつまでに送るのか

お中元とは、目上の方にたいして、目下の人がお世話になったお礼と共に「今後ともよろしくお願いします」という意味で贈ります。ですから、目上から目下へのお返しの品は必要ないとされています。 しかし親しい友人や同僚、兄弟への場合は、やはり貰いっぱなしということではなく、何らかの品物を贈り、お返しとする場合が多くあります。その場合、お礼状を投函したすぐ後に送ると、「頂いてしまったから」というように、相手の方にとりあまりに形式的です。いつまでに贈るという時期は特にありませんが、1週間程度過ぎてからの方が良いようです。 お中元のお返しの場合の熨斗は「お中元」としますが、時期が過ぎた場合は「暑中見舞い」か「残暑見舞い」としましょう。また、お返しとして「お中元」を贈らない場合には、お礼状を送ることは社会人としてのマナーだと覚えておいてください。

お中元とお歳暮はいつまで

上記のようにお中元は「関東は7月初旬~7月15日まで」「関西は7月下旬~8月15日まで」が一般的な時期です。 そして、お中元と同じ意味合いの「お世話になりました。今後ともよろしくお願いします」という意味で年末にはお歳暮を贈る風習があります。このお歳暮についてもも、いつからいつまでという贈るという適切な時期があります。 お歳暮はお正月前ですので、お正月のお祝い準備として「関東は12月初旬から12月31日」「関西は12月13日から12月31日まで」が一般的です。いつまでというのを地域別に考えるのが面倒だという方は、20日までに贈られることをおすすめします。 お中元と同様、時期が遅れた場合は「御年賀」「寒中御見舞い」と熨斗の表書きは変えてください。いつからいつまではとても重要です。出来ることなら、いつまでにとカレンダーに書き込んでおいたほうが良いです。

お中元を贈る時期を知ることはマナーです!

お中元を贈る時期を知ることはマナーです!

お中元を贈るには「いつからいつまで」という時期があることはご理解いただけましたか?地域差はありますが7月初旬から8月15日までの約1ヶ月間です。この期間も地域により1週間~1か月と違いがあります。 地域の習慣の違いを知り、贈る地域に合わせることが大切です。しかし、全国的時期が早まり「いつまで」にも変化が見られます。時期を外さないよう、早めの手配を心がけてください。

アクセスランキング