IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

本田宗一郎の名言と格言集・本田宗一郎の生い立ちと性格

更新日:2020年06月15日

マネジメント

本田宗一郎を知っていますか。ロボットのアシモやジェット機までも造る自動車メーカーホンダの創業者です。出世城のある浜松から世界へと大きく羽ばたいていったホンダを創り上げた宗一郎の生い立ちと性格、そして様々な場面で残した数々の名言・格言を詳しく紹介しています。

本田宗一郎の名言・格言の続きです。「人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。拝む心がなければ人は動かない。つねに素直に。」 「悲しみも、喜びも、感動、落胆も、つねに素直に味わうことが大事だ。」

人間と社会についての名言と格言・その4

本田宗一郎の名言・格言(15):「耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための1年や2年の遅れは、モノの数ではない。」 本田宗一郎の名言・格言(16):「成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである。」 本田宗一郎の名言・格言(17):「人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です。伸びる時には必ず抵抗がある。必死のときに発揮される力というものは人間の可能性を予想外に拡大するものである。」 本田宗一郎の名言・格言(18):「行動にはつねに動機があり、目的がある。動機が正義であり、目的が善であって、その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。」

技術と技術者についての名言と格言・その1

本田宗一郎の名言・格言(19):「人の真似をするな。何を食ってもいいが、自分のクソをしろ!」 これは、人の技術やアイデアをコピーする時でも、自分なりに消化して、何かのオリジナルを付け加えて出せという意味で言った言葉です。 本田宗一郎の名言・格言(20):「失敗したからといって、くよくよしている暇はない。」 本田宗一郎の名言・格言(21):「発明は恋愛と同じです。苦しいと思えば苦しい。楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。」 本田宗一郎の名言・格言(22):「我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる。研究者として大事なところはそこだろうと、私は今でも考えている。一度、真似をすると、永久に真似をしてゆくのである。」

技術と技術者についての名言と格言・その2

本田宗一郎の名言・格言(24) :「いや、それでいいんだよ。働いている手じゃないか、立派な手だ。俺はこういう手が一番好きなんだ」「その油まみれの手がいいんだ。俺は油の匂いが大好きなんだよ。」 これは、宗一郎が社長退任を控え、全国行脚をしていた時に立ち寄ったある工場で、宗一郎との握手を前に、油で汚れていた手を洗いに行こうとしたある社員に、宗一郎が言った言葉です。この時、宗一郎もその社員も涙したといいます。

経営と経営者についての名言と格言・その1

本田宗一郎の名言・格言(25):「我々の相手は1億の日本人ではなく、世界30億の人間。世界で売れる車なら、必ず日本でも売れるはずだ。」 本田宗一郎の名言・格言(26):「通産省に言われたことと全部反対のことをやってきた。だから、ホンダの今日がある。」

経営と経営者についての名言と格言・その2

本田宗一郎の名言・格言(31):「不況、不況と言う前に、もう一度自分自身を、あるいは経営者なら会社を『総点検』してみるといい。きっと、何か忘れているものがあるよ。」 本田宗一郎の名言・格言(32):「企業で一番怖いのは社長の無知です。問題は持っている知恵が古くなることです。そうすると、過去がどんなに偉かった経営者でも、会社をつぶすことになります。」

経営と経営者についての名言と格言・その3

本田宗一郎の名言・格言(35):「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない…。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。私の仕事は失敗の連続であった。」

家族や社会についての名言と格言

本田宗一郎の名言・格言(38):「俺は外じゃ誰にも迷惑をかけないが、家じゃ女房に厄介をかけてばかりいる。だから頭が上がらないわけだ。俺にとって女房は昔からセーフティ・バルブの役目だった。」 本田宗一郎の名言・格言(39):「自分はこれが好きだと思い、自分はこれを職業としたいというものを発見させるのが、教育の主眼のひとつであろう。」 本田宗一郎の名言・格言(40):「人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろうか。そして、そういう人間を育てようとする精神なのではないだろうか。」 本田宗一郎の名言・格言(41):「日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。」

本田宗一郎に学べば成功者になれる

次のページ
初回公開日:2017年09月30日

記載されている内容は2017年09月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング