IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

本田宗一郎の名言と格言集・本田宗一郎の生い立ちと性格

初回公開日:2017年09月30日

更新日:2020年06月15日

記載されている内容は2017年09月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

本田宗一郎を知っていますか。ロボットのアシモやジェット機までも造る自動車メーカーホンダの創業者です。出世城のある浜松から世界へと大きく羽ばたいていったホンダを創り上げた宗一郎の生い立ちと性格、そして様々な場面で残した数々の名言・格言を詳しく紹介しています。

本田宗一郎の名言と格言集・本田宗一郎の生い立ちと性格

本田宗一郎は、自動車メーカーホンダ(本田技研工業)の創業者です。類まれな技術者であり、戦後まもなく補助エンジン付き二輪車の製造を始め、その後自動車製造へと参入していきました。今や、ロボットのアシモからジェット機までも造る巨大企業、世界のホンダを築き上げた人です。 本田宗一郎は、非常に個性豊かで、そして魅力的な人であり、多くの人の心を引き付けてきました。宗一郎は様々な場所と場面で、数々の名言・格言を残してもいます。宗一郎の死後から随分経った現在でも、宗一郎が残した数々のエピソードは多くの人たちによって語られ、人々を魅了し続けています。 そうした本田宗一郎の生い立ちと性格、そして宗一郎の残した名言と格言についてみていくことにしましょう。

本田宗一郎の生い立ち

鍛冶屋の長男として生まれる

本田宗一郎は1906年(明治39年)11月17日、静岡県磐田郡光明村(現在の浜松市天竜区)に鍛冶屋の長男として生まれました。父は本田儀平、母はみかです。儀平は腕のいい鍛冶職人で、みかは機織りの名手でした。宗一郎は、2人の優れた職人の血を受け継いで誕生しました。 家庭は裕福ではありませんでしたが、のびのびと育てられました。一方、しつけは厳しかったといいます。宗一郎が、他人に迷惑を掛けることを嫌ったことや、約束の時間を厳守したことなど、彼の真面目さや几帳面さは、父親の厳しい教えにより形作られたといいます。 父親の儀平は、鍛冶屋の傍ら、自転車販売店を開業しました。自転車の修理を依頼されたことがきっかけでしたが、儀平は持ち前の職人能力と研究熱心さを生かして、中古自転車の修理、販売に乗り出しました。そして、近所でも評判の自転車販売店になっていきました。

東京の自動車修理工場へ丁稚奉公へ

本田宗一郎と自動車の初めての出会いは、通っていた尋常小学校でした。村に初めて現れた自動車に宗一郎は感激し、「その時かいだオイルのにおいを今も忘れない」とその後何度も語っていたといいます。この頃、宗一郎は曲技飛行士アート・スミスの曲芸飛行を見学して、その時初めて飛行機も目にしています。 1919年(大正8年)から、宗一郎は高等小学校に通いましたが、卒業が間近いころ、自転車業界誌『輪業の世界』で、東京の「アート商会」(現アート金属工業)の広告を目にしました。そこには自転車ではなく、自動車やオートバイの製作修理の広告がありました。 1922年(大正11年)4月、宗一郎は高等小学校を卒業すると同時に、東京市本郷区湯島(現在の東京都文京区湯島)の自動車修理工場アート商会に丁稚奉公に入りました。しかし、実際の仕事は、主人(社長)の子供の子守りというものでした。

主人・榊原氏から多くを学ぶ

本田宗一郎は、アート商会には丁稚小僧として入り、はじめのうちは自動車修理の仕事に関われませんでした。しかし、宗一郎の非凡な才能は主人の榊原郁三氏によってすぐに見抜かれました。宗一郎の熱心な仕事ぶり、臨機応変さ、創意工夫と勘の良さなど、榊原氏はそれらを認め、宗一郎を目に掛けるようになりました。一方、宗一郎も榊原氏から多くを学んでいきました。 自動車の修理はもちろん、顧客への接し方やエンジニアとしての在り方など、宗一郎は榊原氏からいろいろと学んだといいます。宗一郎をモータースポーツの世界に引き込んだのも榊原氏でした。 1923年(大正12年)、榊原氏は弟の真一氏と宗一郎たちとともに、レーシングカーの製作を始め、その翌年の第5回日本自動車競争大会に、真一氏が操縦士、宗一郎が同乗機関士として初出場しました。そして、見事優勝を果たしました。本田宗一郎のモータースポーツへの情熱のルーツがそこにありました。

のれん分けで浜松に支店を設立

1928年4月、21歳で丁稚奉公を終えた本田宗一郎は、故郷の浜松に戻り、アート商会浜松支店を設立しました。それはのれん分けの形で行われたものですが、それを主人から許されたのは宗一郎ただ1人でした。 宗一郎は、浜松でその才能をいかんなく発揮します。修理の腕の良さはもちろんですが、その発明家ぶりもすごいものでした。強力な放水ポンプをつけた消防特装車、ダンプトラック、乗客を増やすためのバスの改造など、次々と独創的な自動車を製作していきました。 1935年、宗一郎は小学校教員であったさちと結婚しますが、そのころには支店の従業員が、当初の1人から30人にまで増え、事業は順調に拡大していきました。

ピストンリング製造への進出と終戦

1936年(昭和11年)、本田宗一郎は修理業に飽き足らず、製造業への進出を目指します。エンジンのピストンリング製造を始めようと、知人の加藤七郎氏を社長として東海精機重工業(現東海精機)を設立しました。宗一郎は、昼間はこれまで通り働きながら、夜間にピストンリングの開発に全力を注ぎました。 翌1939年(昭和14年)、宗一郎はピストンリングの試作品を完成し、アート商会を弟子に譲って、東海精機重工業の社長に就任しました。当初、製造技術に苦労をして、ピストンリングの量産に成功するまでには2年近くを要しましたが、トヨタや中島飛行機に納入できるようにまでなりました。従業員は、最盛期には2000人に達しました。 しかし、1941年、太平洋戦争に突入し、東海精機重工業の工場が空爆と三河地震により破壊されてしまいました。結局、宗一郎は会社の株を豊田自動織機に売却し、終戦後に1年間の「人間休業」に入りました。

本田技研工業の設立

本田宗一郎は1946年(昭和21年)10月、浜松に本田技術研究所を設立し、再び動き始めました。1948年(昭和23年)には、同地に本田技研工業を設立し、代表取締役に就任しました。資本金100万円、従業員20人で、二輪車研究を始め、すぐに自転車用補助エンジンの製造に乗り出しました。 1949年8月、本田技研は本格的二輪車ドリームD型を世に送り出しました。同月、宗一郎は経営の才に長けた藤沢武夫氏と出会い、意気投合して、10月には彼を常務取締役として迎え入れました。その後、藤沢氏は副社長となり、この2人で本田技研工業(ホンダ)を世界的な企業へと成長させていきました。

本田宗一郎の性格

熱意と独創性

本田宗一郎は、創意工夫の才に長け、熱意と執念のあるエンジニアでした。ピストンリングに目をつけ、その製造に乗り出した時には、技術的問題を解決するために、浜松高等工業で学びながら、金属工学の研究に2年間も費やしました。顔つきが変わってしまうほどに打ち込んでいたといいます。 また、戦時中に女子挺身隊が工場で働くようになると、オートメーションのピストンリング製造機を考案したり、そして、飛行機の木製プロペラ自動切削機を考案するなど、多くの独自の機械を作り出しました。戦後に販売した自動二輪車ドリームDでは、クラッチレバーをなくして、足で操作する半自動クラッチシステムを採り入れるなど、独創性に富んだ発明をしました。 本田宗一郎は、人の真似をするのが大嫌いで、初期の頃は、やむを得ず他社の技術をまねざるを得ないことがあったのですが、その時でさえも独創的な技術を必ず付け加えたといいます。

自分のやりたいことをやる

本田宗一郎は、自分の嫌いなことは無理してやることはないと考える人でした。不得手で嫌なことをしても仕方がない、得意なことをやるからいいんだと考えていました。お金儲けを第一に考えず、まずは好きなことをするような人でした。 終戦後、宗一郎は東海精機重工業の株主だったトヨタ自動車から、トヨタ向けの部品製造の事業話を持ち掛けられると、あっさりと断りました。戦時中はトヨタが株主だったのでいろいろと仕方なく言うことを聞いたが、これからは自分の好き勝手にやると、やりたいことが見つかるまで遊び暮らすことを選びました。それが、「人間休業」でした。

権力や統制が嫌い

権力や統制が嫌い
※画像はイメージです
出典: Free stock photo of 250, Honda, moto

本田宗一郎は、権力や統制など、上から威張って命令されるのが嫌いな人でした。戦争が終わったときには、「軍が威張りくさる時代が終わってよかったな」と周囲に漏らしていたといいます。そして、戦後には、自社の経営や活動に口を挟もうとする通商産業省の官僚たちと対立していきました。 また、宗一郎は社長は偉くもなんともないと言って、威張ることはありませんでした。宗一郎は、社長や部長は命令系統をはっきりさせる記号にすぎないと皆に語っていました。 ある時、ある工場に視察に行ったとき、作業着を着て工場内を歩いていると、「おい、おっさん、何ポケットに手を突っ込んで歩いてんだ! こけたら危ないだろう!」と若い作業員に注意されたといいます。すると、宗一郎はそれを怒るどころか、その後すぐに会社のつなぎ(作業服)からポケットをなくしたといいます。社長として威張り散らしていないことが窺える話です。

周りへの配慮

本田宗一郎は、他人や周囲への配慮を欠かさない性格の人でした。それは、子供の頃に父儀平から、「人に迷惑を掛けてはいけない」と厳しく教えられてきたからです。 宗一郎は、南青山の本社ビル「ホンダ青山ビル」を新築する際、「万が一地震が起こったときに、割れたガラスが歩道を歩く人に降りかからないようにしなさい」と指示しました。その結果、ビルの全フロアの窓の外にはバルコニーがつけられました。 また、他人に迷惑を掛けないという強い想いから、「クルマ屋のおれが葬式を出して大渋滞を起こしちゃあ申し訳ない」と、生前から周囲の人たちに葬式に配慮するよう伝えていたといいます。その結果、宗一郎の社葬は執り行われず、『お礼の会』が催されることになりました。

本田宗一郎の名言と格言のまとめ

本田宗一郎の残した名言と格言は、非常に多くあります。宗一郎の人間性と考え方がよく現れていて、心に響くものばかりです。その素晴らしい名言と格言のすべてを、ここでご紹介することはできませんが、できるだけ多くのものを、大まかに分けてまとめてみました。

人間と社会についての名言と格言・その1

本田宗一郎の名言・格言(1):「人生は冒険、仕事も冒険、そして生きるのも冒険だ。」 本田宗一郎の名言・格言(2):「人間というものは、面白いものであり、不思議なものであり、必要のない人間というのはいないのである。」 本田宗一郎の名言・格言(3):「チャレンジしての失敗を恐れるな。何もしないことを恐れろ。失敗が人間を成長させると私は考えている。失敗のない人なんて本当に気の毒に思う。」 本田宗一郎の名言・格言(4):「人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。長い目で見れば人生にはムダがない。」 本田宗一郎の名言・格言(5):「何かを深く信じれば、誰でも自分の中に大きな力を見つけだし 自分を乗り越えることができる。」 本田宗一郎の名言・格言(6):「『得手に帆を揚げて』とはよく言ったもので、得意な道を一生懸命に打ち込んでおりさえすれば、チャンスは必ずある。」

人間と社会についての名言と格言・その2

本田宗一郎の名言・格言をします。「人に迷惑をかけるような行為は若さの特権でも何でもない。これはおろか者だ。」「僕らの若い頃も『今どきの若い奴らは……』とよく言われたよ。でも、こんなものそれほど気にすることはないよ。結局、若い時に何をしたかが大事なんじゃないか。」 「若いうちに苦労することを避けちゃいかん。肉体的にも精神的にも耐えられるのは若いうちだ。若い時にキレイな仕事に就いているより、苦労の多い、人の嫌がる仕事をしてきた方が、幅のある人間になる。」などです。

人間と社会についての名言と格言・その3

本田宗一郎の名言・格言の続きです。「人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。拝む心がなければ人は動かない。つねに素直に。」 「悲しみも、喜びも、感動、落胆も、つねに素直に味わうことが大事だ。」

人間と社会についての名言と格言・その4

本田宗一郎の名言・格言(15):「耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための1年や2年の遅れは、モノの数ではない。」 本田宗一郎の名言・格言(16):「成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである。」 本田宗一郎の名言・格言(17):「人間に必要なのは困ることだ。絶体絶命に追い込まれたときに出る力が本当の力です。伸びる時には必ず抵抗がある。必死のときに発揮される力というものは人間の可能性を予想外に拡大するものである。」 本田宗一郎の名言・格言(18):「行動にはつねに動機があり、目的がある。動機が正義であり、目的が善であって、その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。」

技術と技術者についての名言と格言・その1

本田宗一郎の名言・格言(19):「人の真似をするな。何を食ってもいいが、自分のクソをしろ!」 これは、人の技術やアイデアをコピーする時でも、自分なりに消化して、何かのオリジナルを付け加えて出せという意味で言った言葉です。 本田宗一郎の名言・格言(20):「失敗したからといって、くよくよしている暇はない。」 本田宗一郎の名言・格言(21):「発明は恋愛と同じです。苦しいと思えば苦しい。楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。」 本田宗一郎の名言・格言(22):「我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる。研究者として大事なところはそこだろうと、私は今でも考えている。一度、真似をすると、永久に真似をしてゆくのである。」

技術と技術者についての名言と格言・その2

本田宗一郎の名言・格言(24) :「いや、それでいいんだよ。働いている手じゃないか、立派な手だ。俺はこういう手が一番好きなんだ」「その油まみれの手がいいんだ。俺は油の匂いが大好きなんだよ。」 これは、宗一郎が社長退任を控え、全国行脚をしていた時に立ち寄ったある工場で、宗一郎との握手を前に、油で汚れていた手を洗いに行こうとしたある社員に、宗一郎が言った言葉です。この時、宗一郎もその社員も涙したといいます。

経営と経営者についての名言と格言・その1

本田宗一郎の名言・格言(25):「我々の相手は1億の日本人ではなく、世界30億の人間。世界で売れる車なら、必ず日本でも売れるはずだ。」 本田宗一郎の名言・格言(26):「通産省に言われたことと全部反対のことをやってきた。だから、ホンダの今日がある。」

経営と経営者についての名言と格言・その2

本田宗一郎の名言・格言(31):「不況、不況と言う前に、もう一度自分自身を、あるいは経営者なら会社を『総点検』してみるといい。きっと、何か忘れているものがあるよ。」 本田宗一郎の名言・格言(32):「企業で一番怖いのは社長の無知です。問題は持っている知恵が古くなることです。そうすると、過去がどんなに偉かった経営者でも、会社をつぶすことになります。」

経営と経営者についての名言と格言・その3

本田宗一郎の名言・格言(35):「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない…。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。私の仕事は失敗の連続であった。」

家族や社会についての名言と格言

本田宗一郎の名言・格言(38):「俺は外じゃ誰にも迷惑をかけないが、家じゃ女房に厄介をかけてばかりいる。だから頭が上がらないわけだ。俺にとって女房は昔からセーフティ・バルブの役目だった。」 本田宗一郎の名言・格言(39):「自分はこれが好きだと思い、自分はこれを職業としたいというものを発見させるのが、教育の主眼のひとつであろう。」 本田宗一郎の名言・格言(40):「人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろうか。そして、そういう人間を育てようとする精神なのではないだろうか。」 本田宗一郎の名言・格言(41):「日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低なのである。」

本田宗一郎に学べば成功者になれる

20世紀の日本を代表する偉大な技術者・経営者、本田宗一郎の人生とその言葉から、現代の私たちも多くのことが学べます。本田宗一郎は、類まれな技術者であり、傑出した能力の持ち主でしたが、彼を成功者へと導いたのは、彼の絶対に諦めない熱意と努力でした。 本田宗一郎ほどの人物であっても、自分は1%しか成功していない、後の99%は失敗であったと言います。成功するということが、どれほど大変なことかよくわかります。しかし、冒険やチャレンジをしない限り、成功はないと宗一郎は強調します。だから、とりわけ若い人には、失敗を恐れずにチャレンジをしろと発破をかけます。 どんなことでも、諦めずに打ち込んでいけば、成功する可能性はあります。諦めない限りは決して終わらないのです。宗一郎に限らず、偉大な経営者たちのすべてがそう言います。本田宗一郎の名言と格言に学びつつ、皆さんも失敗を恐れずチャレンジをして成功者になりましょう。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング